コンピテンシーマネジメントとは何か、どうすればうまくいくのか

公開されました。
コンピテンシーマネジメントとは

技術系人材の争奪戦は熾烈を極めています。競争に勝つためには、採用を最適化して優秀な人材を迅速に採用するだけでなく、効果的なコンピテンシー管理システムを導入して従業員の成長を管理し、自社の技術スタックを適切に維持する必要があります。

次の記事では、コンピテンシー・マ ネジメントとは何か、そのメリット、そしてコンピテンシー・マ ネジメント戦略を最適化するためのいくつかのヒントをご紹介します。

コンピテンシー・マ ネジメントとは?

コンピテンシー管理の定義をお伝えする前に、「コンピテンシーとは何か」という質問にお答えしましょう。

コンピテンシーとは、個人や組織が持っている知識、能力、専門性のことです。

コンピテンシー・マ ネジメントとは、従業員が効果的に職務を遂行するために必要なスキルを理解・定義し、そのスキルを改善・最適化することで、企業の成長を完全にサポートすることです。コンピテンシーマネジメントの知見は、人員計画、人材獲得、後継者管理などに活用することができます。

なぜ技術系でコンピテンシー管理が重要なのか?

技術系の人材は驚くほどの速さで市場から消えていきます。特に開発者に関しては、需要が高いために転職が容易です。雇用主が優秀な技術者を惹きつけたいのであれば、継続的な学習の機会を提供すべきだと思います。プログラマーが組織の技術スタックに関心を持っていることは間違いありません。によると スタックオーバーフローで、転職の2番目に重要な要因となっています。

なぜ技術系でコンピテンシー管理が重要なのか?

ソーススタックオーバーフロー

コンピテンシー管理によって、組織は従業員の知識やスキルをより効果的に管理できるようになり、学習や成長の機会がより多く得られるようになります。これは、採用活動や人材確保にも良い影響を与えます。そこで、コンピテンシーに基づく管理の利点についての議論に入ります。

コンピテンシー管理のメリット

従業員の定着率の向上

従業員の定着は、IT採用における最大の課題の一つです。人材の調達と採用には長い時間とコストがかかるため、従業員ができるだけ長く組織にとどまってくれるようにしたいと思うでしょう。これは、コンピテンシープログラムを導入することで確実に達成できます。

従業員の定着率の向上

ソースは以下の通りです。DevSkiller

経営陣が自分たちのキャリアを大切にしていることが社員に伝われば、社員はより長く組織にとどまることができます。とりわけ、トレーニングに投資した途端に従業員が退職してしまうリスクを最小限に抑えることができます。さらに、Development Dimensions International社のレポートによると、コンピテンシー・マネジメント・システムに投資することで、組織内で将来のリーダーを育成する可能性が非常に高くなります。 156%.

チームの生産性向上

ワークフォースコンピテンシープログラムを作成するもう一つのメリットは、社員のモチベーションの上昇です。ここでは、キャリア開発と会社の透明性という2つの要素が注目されます。

まず、Stack Overflowによると、専門的な開発の機会は、ITスタッフにとって4番目に重要なキャリア価値であり、次のようになっています。 41.4%.つまり、組織がキャリアパスを作り、トレーニングに投資すれば、従業員は最高のパフォーマンスを発揮しやすくなるのです。第二に、企業が財務目標や市場目標をオープンにしていれば、従業員は自分の仕事が会社にどのように貢献しているかを理解することができ、それはまた、会社に貢献することにもつながります。 生産性への好影響.

採用・教育コストの最適化

TalentBoostのようなコンピテンシー・マッピング・ツールを使用すれば、もう一つのメリットとして、採用や人材育成の労力を大幅に削減することができます。

人事チームが、チームがすでに持っているスキルや獲得したいスキルを俯瞰的に把握することで、結局、外部からの採用は必要ないことがわかるかもしれません。むしろ、トレーニングやハッカソンなどの社内イベントに注力し、チームのスキルセットを強化する必要があるかもしれません。その結果、人材の調達や採用にかかるコストを大幅に削減することができるのですが、これについては次のセクションで詳しく説明します。

コンピテンシー管理 - テーブルで話す女性たち

ソースは アンスプラッシュ

より良い採用判断

採用を間違えると、非常に大きなコストがかかります。Career Builderによると、採用に失敗した企業の平均損失額は74%。 $14,900円/回.さらに心配なのは 従業員の離職率の80% は、採用する人材を間違えたことが原因です。

コンピタンス・マネジメントでは、チームのスキルやキャリアパスを把握することができます。その結果、新たに採用したメンバーが真にビジネスに貢献しているかどうかを確認することができます。コンピテンシーベースの管理は、採用した候補者が適切に適合しているかどうかを確認する上で重要な役割を果たします。また、現在の従業員にも目を配り、彼らのスキルアップを見守ることで、採用を最適化することができます。

チームのスキルセットと会社の目標を一致させる 

ソースは タレントブースト

組織として成長したいのであれば、従業員のスキルセットがビジネス目標に沿っているかどうかを確認する必要があります。例えば、2〜3年後に特定の技術分野でリーダーになることを目指しているとします。この目標を達成するためには、自分が持っているスキル、不足しているスキルを把握し、それらのスキルギャップを社内外でどのように埋めるかを決定しなければなりません。コンピテンシープログラムを導入することで、トレーニングや採用の戦略を会社の目標と一致させることができます。さらに、組織内のスキルがどのように進化しているかを追跡することで、自分たちが正しい道を歩んでいるかどうかを理解し、必要に応じて適宜調整することができます。

より良い後継者育成のために

効果的なコンピテンス・マネジメントのもう一つの利点は、より良い後継者育成計画です。従業員、特に上級の従業員を雇用するには、費用と時間がかかります。幸いなことに、必ずしも外部に人材を求める必要はありません。社員のスキルやキャリア目標を把握しておけば、誰が昇進にふさわしいかを判断するのに役立ちます。また、退職する社員の後を継ぐために、さらにトレーニングが必要な社員も指摘することができます。これはサクセッションプランニングにも良い影響を与えます。

コンピテンシー・マネジメント戦略を最適化する方法

リーダーシップを発揮して、社内の理解を得る

コンピテンシー・マネジメントは、人事部だけの責任ではないはずです。例えば、あなたの会社のリーダーが、社員のキャリアを大切にし、ビジネスにおける役割を重視していることを示さなかったとします。その場合、あなたのコンピテンシー開発プログラムは、おそらくチームの目には成功しないし、信用されないでしょう。

スキル評価の実施

ソフトスキルとハードスキルのアセスメントを実施する;以下のようなツールを使用する タレントスコア を実行する。 ワークサンプルコーディングテストを使用すると、開発者のスキルを自動的にスコアリングすることができます。この結果をもとに、キャリアアップの相談をしたり、特定の言語や技術に習熟するために必要なトレーニングやサポートを評価したりすることができます。

コンピテンシー管理ツールの使用

TalentBoostのようなコンピテンシー管理ソリューションを使えば、従業員やチーム単位でコンピテンシーを管理することができ、チームが何ができて何ができないかを俯瞰的に見ることができます。スキルギャップを発見し、どのコンピテンシーを最初に習得すべきかを決定するための最適な方法です。また、スキルギャップを解消するために、トレーニングや外部からの採用をどうするかを決めるのにも役立ちます。従業員のスキルを継続的に把握することで、必要に応じてコンピテンシー・マネジメント戦略を調整することができます。

コンピテンシー管理ツール「TalentBoost

ソースは タレントスコア

定期的に評価を行い、フィードバックを集める

社員との定期的なミーティングを行うようにしましょう。チームの能力開発が順調に進んでいるかどうかを確認するには、毎年の評価だけでは不十分です。実際に、以下のような企業もあります。 ZapierとAutomatticまた、少なくとも週に一度は、チームメンバーの様子を確認するようにしています。

コンピテンシー・マネジメント・プランを最適化するために、人事部や直属のマネージャーは、キャリアアップに関する社員からのフィードバックを収集するようにしましょう。また、フィードバックを活用しやすくするために、研修に参加した社員に対して、最近習得したスキルの再テストを行うことを検討します。これにより、研修やその他のスキル開発の取り組みの効果を評価することができます。

概要

組織の成長の鍵は、チームに効果的なコンピテンシー・マネジメント・プログラムを確立することにあります。コンピテンシー・マネジメントは、従業員のスキルを会社の目標に合わせて調整し、チームの離職率を下げ、従業員のパフォーマンスを向上させ、効果的な後継者育成にも役立ちます。

コンピテンシー・マネジメント戦略が会社の目標を確実にサポートするためには、まず、C-suiteのリーダーたちに協力してもらう必要があります。従業員がリーダーシップを求めている以上、タレントマネジメントは、人事部やチームリーダーだけの取り組みではありません。

次に、定期的にパフォーマンスレビューを実施し、1対1のミーティングを開催して、継続的に従業員からのフィードバックを収集する必要があります。毎年の評価はビジネスの重要な要素ですが、従業員の満足度を高く維持し、チームのパフォーマンスを高めるためには、それだけでは不十分です。

第三に、適切なコンピテンシー・マッピング・ツールを使用することが重要です。TalentBoostのようなソリューションは、従業員やチームごとのスキルセットの概要を示し、採用ニーズを純粋に確立し、スキルギャップを見つけ、より効果的なキャリアパスを設計する能力を与えてくれます。

画像クレジット アンスプラッシュ

シェアポスト

カクパー・ゴドルフスキ より多くの記事をチェックする Kacper

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ