ジュニア開発者インタビューの質問

公開されました。 最終更新日
ジュニアデベロッパー

候補者に質問するのに最適なジュニアデベロッパーの面接質問を知っていれば、面接の際に大きな助けとなるでしょう。

若手ソフトウェア開発者の経験、技術トレーニング、問題解決能力の評価を始めるには、適切なトピックを用意する必要があります。この記事では、若手の技術評価と技術面接のプロセスを正しく行うために役立つヒントを提供します。

しかし、いくら技術的な質問をしたとしても、技術面接だけでは、自社にふさわしい人材を見極めることは難しいでしょう。

技術系採用を成功させるための完全なガイドラインは、無料のEbookをダウンロードしてご覧ください。

 '技術系採用を成功させるための必須ガイド」。

ジュニアデベロッパーは何をするのですか?

ジュニアソフトウェアデベロッパーは、エントリーレベルの役割です。彼らの仕事は、コードの記述やコード管理など、コーディングやソフトウェア開発に関するあらゆる方法で技術チームを支援することです。ジュニアソフトウェア開発者の仕事は、バックエンドとフロントエンドの開発に分けることができます。

この役割は、技術者の世界で最も人気のある採用の1つであり続けています。なぜなら、ジュニアは経験豊富な技術系社員よりも多くのトレーニングを必要としますが、ジュニアは必要な新しいスキルを容易に習得でき、貴社に最適な役割となるからです。としています。 DevSkiller ITスキルレポート 2022年版 を入れてみました。

"比較的経験の浅い開発者が持つポテンシャルは、特定の会社の体制や文化の中で育てることができるため、企業にとって非常に望ましい。"2021年もジュニア開発者が最も高く評価された。

ジュニアソフトウェア開発者-主な職務

  • 基本的なコードの書き方

  • アプリの機能強化

  • バグフィックス

  • コードレビュー

  • 品質保証

  • 先輩のアシスト

  • コードメンテナンス

  • デザイン

  • システムインテグレーション

ジュニアソフトウェア開発者の要件

  • HTML、JavaScript、C++、Pythonなど、基本的なプログラミング言語の知識。

  • コードを書く基本的な能力

  • データベース、データ構造、オペレーティングシステムに関する知識

  • 電子メールシステムおよびWebページに関する十分な実務知識

  • 新しいソフトウェアや技術を素早く習得する能力

  • 単体テスト

若手ソフトウェア開発者の評価方法

出典:Youtube

採用担当者は、候補者を絞り込むために、何らかのスクリーニング・プロセスが必要です。優秀な候補者がパイプラインから脱落するのを防ぐため、面接のプロセスはできる限り迅速に行いたいものです。さらに、その職務に適していない候補者や、適切な考え方を持たない候補者と面接することは避けたいものです。

面接だけでスクリーニングするのは、採用担当者にとって厄介なことです。前職での経験が当てにならない場合は、他の方法でジュニア候補者のスキルを評価する必要があります。情熱や問題解決能力もさることながら。

コーディングの質問と自動化された技術評価は、若手開発者の評価に特化して調整することができます。これにより、現実的なプログラミングの質問を用いて、公正かつ客観的な方法でスキルを証明することができ、また、採用担当者の時間を大幅に節約することができます。

採用プロセスを考えるとき、採用担当者が手作業で候補者を選別し、不適格な候補者と面接するために支払う費用を考慮することが重要です。このような時間の大半は、採用活動のたびに節約することができます。 自動化された技術評価ソリューション のように DevSkiller TalentScore は、すべての年功序列の候補者を自動的にスクリーニングすることができます。

技術的な評価が難しくなるため、面接に進む候補者は少なくなりますが、面接対採用率は大幅に向上し、企業全体の採用コストを削減することができます。このように、面接の前に候補者を選別することで、より効率的なプロセスを実現することができるのです。

そして、優秀な候補者には、次のラウンドでやはり面接をして、その知識や人柄を評価することができるのです。

無料体験版 技術審査準備評価 開発者の自動スクリーニング・ツールで、貴社にメリットがあるかどうかをご確認ください。

ソフトウェア開発におけるジュニアデベロッパーの技術評価

ジュニアがコーディングテストを受ける経験は、通常、ミッドレベルの開発者、そしてもちろんシニアの開発者と異なります。指揮系統が上に行けば行くほど、通常、開発者に技術評価を受けさせるのは難しくなります。これは、シニア層が自分には何も証明するものがないと思っていることが多いからです。しかし、コーディングテストに対する考え方は、ジュニアレベルではまったく異なります。ジュニアは、しばしば自分のスキルを誇示することに熱心であり、現実的な技術評価はそのための素晴らしい方法なのです。

によると DevSkiller ITスキルレポート 2022年版前年度にTalentScoreプラットフォームで実施されたコーディングテストのうち、40%がジュニアデベロッパーによるものでした。さらに、ジュニアは、より長いテストを受けることに満足する傾向があります。

また、ジュニアは自分の仕事に対するフィードバックを求める傾向が強いです。多くのジュニアは、自分自身を向上させる方法についての提案に非常にオープンです。自動コーディングテストの優れた点は、候補者が改善すべき点を正確に示すことができる点です。つまり、採用担当者として、後輩候補者に的確なフィードバックを与えることができるのです。たとえ今回採用しなかったとしても、彼らがスキルを磨き、将来的に再び応募してくれる可能性を高めることができるのです。

ハッカソン、採用イベント

ジュニアはコーディング評価によく反応するだけでなく、多くの企業や組織がジュニアが他の人と自分を競わせる方法としてコーディング評価を利用しています。ハッカソンや採用イベントでは、ジュニアがコーディングの課題に参加し、自分のスキルを試すために直接対決することが奨励されています。賞品は金銭的なものであったり、多くの場合、仕事のオファーであったりします。

若手ソフトウェア開発者との面接の様子

履歴書にプロフェッショナルなプロジェクトをいくつか書いておくと便利ですが、面接での質問では、多くのジュニアにとって、この仕事はエントリーレベルの仕事であり、経験が必須とは見なされないことを念頭に置いておいてください。

シニアやミッドレベルのソフトウェア開発者であれば、過去のウェブ開発プロジェクトを見てスキルを証明することができますが、プロの経験を積む機会のないジュニアにとっては公平ではありません。

ジュニア、そして一般的な開発者は、すべての答えを持っているわけではありません。ソフトウェア開発のジュニアの場合、採用担当者は、候補者がソフトウェア開発について持っているかもしれない知識を見るために、大学の学位や、どんな種類の教育を受けていたかに頼る必要があります。

質問は大きく2つに分けることができます。

1 - プログラミングに情熱を持っているか?

2 - 自分たちが選んだ技術の長所と短所を理解しているか?

1 - プログラミングへの情熱

大学の学位だけでなく、若手開発者の GitHub プロファイルや、最近のソフトウェア開発プロジェクトに携わったことがあるかどうかも調べることができます。アプリやウェブページを開発したことがあるかもしれません。彼らが携わった個人的なプロジェクトについて後輩と詳しく話し合うことで、その職務に適した、問題解決能力を備えていることがわかるかもしれません。

ジュニアデベロッパーは、何よりも自分が最も慣れ親しんでいる技術に情熱を持つべきです。

2 - いくつかの技術の長所と短所を理解すること。

候補者の答えの中に、好きなプログラミング言語があれば、それをベースにもう少し掘り下げてみるのもいいでしょう。その技術について、どれだけ知っているかを確認するのです。何ができるかだけでなく、何ができないかを教えてくれるはずです。

しかし、理想的な候補者は、その技術を使って仕事をすることに興奮し、なぜ他の技術よりもその技術を使うことを好むのかについて話す人です。その言語やフレームワークを実際の問題解決にどう使うか、話してもらうとよいでしょう。その答えが情熱的であればあるほど、その人がどれだけその技術に精通しているかが分かります。

同じく注目すべきは、そのような人です。

  • 細部にまでこだわることができ、学習能力があること。 

  • フィードバックを受け、注文を受けることができる

  • 技術チームの一員として働くことができる。 

  • また、自分で問題を解決しようとする主体性も必要です。

また、フレームワークや言語の特定の部分について知識がなくてもかまいません。しかし、もっと詳しい知識がある分野を見つけるまで、調査を続けてください。もし、表面的な知識ではなく、より深く勉強したことが一つでも見つからなければ、それは赤信号です。

また、社内で昇進・発展しようとする後輩を雇いたいと思うことでしょう。社員の離職率が高いと、どんな企業にとってもマイナスですからね。彼らのキャリアゴールと、会社で何を達成したいかを尋ねてください。

ジュニアデベロッパーの面接の質問を準備する

ソース マップボックス に於いて アンスプラッシュ

理想的な候補者を見つけるために、採用担当者は面接の質問リストを準備する必要があります。面接の経験は、候補者にとってできるだけ快適なものであるべきですが、挑戦することを恐れてはいけません。技術的な評価では、彼らの能力やそのスキルがわかるかもしれませんが、面接のプロセスは、他の開発者と比較したときに、ソフトウェア開発者の性格や気質を知るチャンスです。面接のプロセスは、技術面接と行動面接の2つに分けることができます。

技術面接は、採用担当者が候補者の具体的な技術知識に磨きをかけるチャンスとなります。

一般論として、ジュニア開発者は通常、高度なコンセプトの経験が少ないため、ジュニア開発者の面接では、シニアソフトウェアエンジニアに面接する場合よりも、もう少し一般的で基本的な質問をすることが可能です。

それでも、採用担当者は、わずか数個の面接質問を使って、面接時の回答から候補者についてできる限りのことを知る必要があります。ですから、賢く質問を選ぶのが一番です。候補者の履歴書をきちんと見て準備し、彼らが最も得意とする特定のテクノロジーやフレームワークに向けて質問をするようにしましょう。

ジュニアデベロッパーの面接の質問(例)。

DevSkiller ジュニア開発者インタビューの質問例

これらは、若手ソフトウェア開発者に尋ねることができる一般的な面接の質問の一部に過ぎません。彼らが最も得意とする分野をもう少し深く掘り下げることを目指すべきでしょう。

ジュニアは自分の好きなプログラミング言語についてどのくらい知っておくべきでしょうか?

若手ソフトウェア開発者が精通しているプログラミング言語は、あなたのビジネスで使用する言語によって、もちろん役に立ちます。しかし、新しいスキルを身につけようとする姿勢によって、その人の将来的な能力がより明らかになります。

また、若手開発者が参加したプロジェクトの結果は、彼らがそのプロジェクトに取り組んだ方法ほど重要ではありません。そして、そのプロジェクトで得たスキルや、そのプロジェクトについて語るときの情熱。

質問内容は、問題解決能力のある人を見つけるためのものであるべきです。必ずしも毎回うまくいく人ではなく、問題を解決し、積極的に行動できる人。将来もその仕事を続け、幻滅されないためには、自分の仕事に対する情熱を示す必要があります。

DevSkillerのビデオで「面接で有望な後輩を見抜く方法」をご覧ください。

ジュニアデベロッパーへの期待給与

シニアよりもジュニアの開発者を採用する利点は、給与の期待値についてあまり心配する必要がないことです。初級職の場合、自信のある候補者でなければ、給与の要求を始めることはできません。しかし、優秀な候補者を逃さないために、同じ職務で他社が提示している給与水準と同等であることを確認してください。

概要

これらのジュニアソフトウェア開発者の面接の質問は、あなたが面接室に入るときに準備ができていることを確認するために長い道のりを行くでしょう。覚えておいてほしいのは、答えそのものよりも、質問にどう答えたかを見ることです。候補者が最も知識があると主張する分野に関しては、もう少し突っ込んで聞いてみましょう。技術的な能力だけでなく、新しいスキルを身につけようとする姿勢や、仕事を通じて成長しようとする意欲も見てください。

コーディングスキルを評価する際には、DevSkiller TalentScoreのような開発者スクリーニング・プラットフォームが役立ちます。

について詳しくはこちら DevSkiller TalentScore

画像出典 クリスティーナ@wocintechchat.com に於いて アンスプラッシュ

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ