スキル評価の面接について知っておきたいことばかり

公開されました。 最終更新日
スキル評価の面接について知っておきたいことばかり ブログ

知っていましたか? 就職希望者の78% 60%がほとんど使ったことのないスキルの習得を宣言して、募集中に嘘をつく?ショックですよね。幸いなことに、スキル診断面接を利用して、候補者のスキルを確認することができます。

この記事では、どの社員のスキル評価方法を選べばいいのか、なぜそこに時間を投資する価値があるのか、そしてスキル評価面接をより効果的にするためのヒントをお伝えします。さっそく始めてみましょう

スキル評価面接とは何か、他のスキル評価との違いはあるのでしょうか?

スキル評価面接とは、求職者に仕事に特化した作業をしてもらうことで、求職者の実践的なスキルを検証する方法です。例えば、AIソリューションを担当するプログラマーを探している場合、AIプロジェクトでPythonを使用する能力を検証したいと思うかもしれません。のような開発以外の職種でも同じことが言えます。 品質保証テスター.

社員のスキル評価は、自動でも対面でも行うことができます。最も最適な設定は、まずプラットフォームを使って候補者のスキルをテストし、最も適切な候補者を選び、対面またはリモートでのスキル評価面接に招待することです。このようにして、採用担当者は、紙面上だけではスキルが印象的に見える応募者を排除することで、時間を節約することができます。

ここでは、ジョブスキルの評価方法の一例をご紹介します。

  • ペアプログラミングインタビュー - 候補者は組織内のプログラマーと一緒に一つのワークステーションで仕事をします。求職者はコードを書き、もう一人のプログラマーはオブザーバーの役割を果たします。これらの作業は、個人で実施することもできますが、以下のような方法もあります。 遥かに.
  • 技術面接 - 会社の規模や構造にもよりますが、シニアプログラマー、チームリーダー、CTOなどの技術者によって行われます。候補者が職務を遂行するのに必要な技術的スキルを持っているかどうかをチェックするために、課題や割り当てを行うことが多く、試験のようなものです。
  • interview coding tests (チャレンジ) - 技術的なスキルやコーディング能力を審査するために、受験者は自分の時間を使ってテストを受ける。
  • サイコメトリックテスト - 候補者の認知能力、性格、知識を評価するテスト。面接の前に求職者に送付される。

スキル評価の面接は他のスキル評価方法とどう違うのか/良いのか?

スキル評価面接以外にも、電話インタビュー、CVスクリーニング、リファレンスチェックなど、様々なスキル評価方法があります。 インタビューコーディングの課題やトライアルなどがあります。最初の3つは、候補者が実際にできることではなく、できると言ったことに焦点を当てているため、スキル評価面接よりもはるかに信頼性が低い。

残りの2つは時間がかかりすぎる。候補者の時間が補償されないと、採用活動への参加を拒否されてしまう可能性があります。2021年までには、この2つのうちの アメリカだけで140万人の赤字ソフトウェア開発者の需要は、2028年までに21%の成長が見込まれています。

それ以上の何か。 ほぼ60% 潜在的な候補者のうち、すでに仕事を持っていて、最高の人材が市場に出回っています。 10-15日.これにより、プログラマーには慎重になる権利が与えられ、長すぎる採用プロセスを受け入れる必要はありません。その代わりに、採用担当者は候補者に優しい求人票を作成することに集中しなければなりません。

スキル診断インタビューは、他のスキル診断方法とどのように違うのですか?ソースは タレントライフト

スキル評価の面接を採用活動の一環にした方が良い理由とは?

就職前のスキルテストは、他のどの採用方法よりも客観的で信頼性が高いため、すべての採用プロセスの一部として実施する必要があります。その上で、ジョブスキルテストを利用することで、以下のことが可能になります。

  • 候補者を確実に採用する - by right 私たちは、資格のない者と資格のない者の雇用を避けることを意味しています。あなたが使用している特定の技術スタックコンポーネントで働いたことがない資格のない候補者は、おそらく彼らが提供する価値以上のコストがかかるでしょう。資格のない者を雇うことは生産性の低下、仕事の質の低下、従業員の燃え尽きを招きますが、より多くの上級開発者が彼らのタスクのいくつかを引き継がなければならないためです。
  • 採用スピードを上げる - 平均して 40.8日 ソフトウェア開発者を採用するために優秀な技術者が10~15日で市場から消えてしまうことを考えると、採用プロセスをできるだけ効率的かつ効果的にし、結果的に採用プロセスを短縮することが極めて重要ですスキル評価の面接を採用活動の一環にした方が良い理由とは?
  • 早めに排除する - 採用プロセスの早い段階で採用前のスキルテストを実施することで、仕事に適したスキルを持っていない応募者に時間を浪費することなく、適切な候補者に焦点を当てることができます。
  • 偏りをなくす - スキル評価面接は、人の意見ではなく証拠に基づいて行われるため、主観を排除し、より信頼性の高い採用方法となります。
  • 離職率を下げる - 適切な人材を採用することで、候補者が離職する確率を減らすことができます。採用した候補者には満足してもらい、新しい採用者にはスキルセットやキャリアの期待に合った仕事をしてもらうことで満足してもらうことができます。
  • コスト削減 - 採用の失敗は非常に高くつきます。平均して以下のようなコストがかかります。 ソフトウェア開発者を採用するための$31,970円.スキル評価面談を活用することで、仕事への適合性が高まり、従業員の定着率にも良い影響を与え、結果的にコスト削減にもつながります。
    開発者の採用にはどのくらいの費用がかかるのか
  • イエス/ノーの質問ではなく、問題解決に焦点を当てる。 スキル評価面接では、理論的な知識を確認することができ、課題への取り組み方や考え方を見ることができます。

効果的なスキル評価面接を行うための主なコツをご紹介します。

採用プロセスに職務能力評価が必要な理由がわかったところで、効果的に実施するためのヒントをご紹介しましょう。

  • 自動ツールで候補者を事前にスクリーニングし、対面での技術面接、遠隔地での技術面接、ソフトスキル面接に招待すべき候補者を把握することができます。  採用プロセスの早い段階で不適当な候補者を排除することは、採用サイクルを短縮するための最良の方法です。DevSkillerのような自動ツールで候補者をスクリーニングすることは、短時間でスキルを確認し、それに基づいてスキル評価面接に招待する価値があるかどうかを判断するのに最適な方法です。DevSkillerを使うことで 冥土星人 その結果、対面式の技術評価面接の回数を50%削減し、候補者一人当たりの開発時間を8時間短縮し、より質の高い候補者を獲得することができました。 冥土星人
  • テクニカルスキルの重視 - 採用プロセスが長引く原因の一つに、採用担当者があまりにも多くのスキルを確認したがることが挙げられます。仕事に必要なすべてのスキルをチェックしたいと思うかもしれませんが、それでは時間がかかりすぎ、複雑になりすぎてしまいます。その結果、候補者の脱落率が高くなってしまいます。コミュニケーション能力やチームワークなどのソフトスキルではなく、最も重要なテクニカルスキルに焦点を当てるようにしましょう。
  • 適切なテスト方法の選択 - 評価の対象となるコアスキルを特定した後は、適切なスキル検証方法を選択する必要があります。 テスト方法には様々なものがあり、選択することができます。例えばコーディングスキルのように、テストやペアコーディングで評価できるスキルもあれば、オンラインシナリオの使用のように、よりクリエイティブなアプローチが必要なスキルもあります。
  • スキル評価のパーソナライズ画一的なアプローチの回避そして、候補者のニーズや好み、応募しているポジションに合ったアプローチをするようにしましょう。それぞれの役割に応じたスキル評価を行うようにしましょう。これはあなたができる最低限のことです。
  • A候補者が技術リソースを利用できるようにする - 候補者は、課題を解決する際に、通常と同じように、好きなリソースを自由に使うことができるはずです。これは、受験者が利用可能なすべてのリソースを利用して解決策を見出す能力を示すものです。
  • フィードバック - 候補者がスキル評価を終えたら、必ずフィードバックを与えてください。候補者は採用プロセスに多くの時間と労力を費やしています。たとえ採用しないと決めたとしても、その理由を伝えることが最低限のマナーです。多くの候補者は、採用プロセスに参加した後、リクルーターから連絡がないことに不満を持っています。これは悪い印象を与え、二度と応募したくないという気持ちにさせてしまいます。

最終的な感想

効果的な採用プロセスを設計することは芸術です。短時間であるだけでなく、候補者がその仕事に適しているかどうかを正確に確認しなければなりません。そのためには、採用プロセスの一環としてスキル評価面接を行う必要があります。そのため、採用プロセスの一環としてスキル評価面接を行う必要があります。これにより、採用したいポジションに適したスキルを持っていると判断できる人材に焦点を当てることができます。

DevSkillerのような自動スクリーニングツールを使用すれば、採用にかかる時間を大幅に短縮し、スキル評価面接の回数を減らして質の高い採用者数を増やすことができます。選択できる採用方法は数多くありますが、ジョブスキルテストは他の採用方法よりも客観的で信頼性が高いと言えます。これは、技術系の採用担当者がスキル評価面接だけに限定すべきだということではありません。最も効果的な採用プロセスは、複数の方法を組み合わせて使用します。しかし、プロセスをより効率的にするために、自動スキルスクリーニングから始める価値があります。

画像クレジット マランダ・バンダーグリフ に於いて アンスプラッシュ

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ