DevSkillerのロゴタレントブーストのロゴタレントスコアのロゴ

ITのための効果的なタレントマネジメント戦略の作り方

2月 4, 2021
タレントマネジメント戦略

によると リンクトインの「グローバルタレントトレンドレポート202038%のタレントスペシャリストは、改善が必要な分野のトップ5のうちの1つとして、継続的な社員教育を挙げています。学習・開発への継続的な投資は、効果的なタレントマネジメント戦略が含むべき数多くの要素の一つに過ぎません。

次の記事では、タレントマネジメントとは何か、タレントマネジメントの手法について説明するとともに、さまざまな組織がこのプロセスにどのように取り組んでいるか、いくつかの例を紹介します。

タレントマネジメントとは?

タレントマネジメントとは、従業員を惹きつけ、採用し、解雇するまでの従業員のライフサイクルの各段階を中心とした、継続的かつ戦略的なプロセスです。注目すべきは、"タレントマネジメント "が 全社員のことこれは、ある人が間違って考えているように、成績優秀者や潜在能力の高い人だけではありません。

タレントを効果的に管理するためには、組織はタレント戦略を持たなければなりません。

タレントマネジメント戦略

ソースは アンスプラッシュ

タレントマネジメント戦略とは?

タレントマネジメント戦略とは、組織が社内の人材を管理する方法を改善するために実施するアクションとプランの集合体です。

なぜタレントマネジメント戦略が重要なのかとお考えの方のために、主なメリットをご紹介します。

  • 候補者の中から最適な人材を選んで採用することができます。
  • は、従業員の満足度とエンゲージメントレベルを向上させます。
  • は、既存の従業員に適切なキャリアパスを設定し、より長く従業員を維持することができるようになります。
  • を持っていないことを確認するのに役立ちます。 スキルギャップ あなたのチームで

タレントマネジメントとタレント戦略の定義がわかったところで、タレントマネジメントのトップアクティビティをご紹介しましょう。

タレントマネジメント - ステップ・バイ・ステップ・ガイド

以下では、タレントマネジメントのフレームワークを構築する際に従うべき推奨ステップを紹介します。

組織の目標を理解する

従業員エンゲージメントやキャリア開発プログラムに取り組む前に、組織の目的を認識することが絶対に必要です。言うまでもなく、タレントマネジメント戦略は、ビジネスの長期目標を反映し、サポートする必要があります。そこで、経営幹部やチームリーダーとのミーティングを予定し、数年後に組織がどのような姿になっていたいのか、全員で合意しましょう。

例えば、あなたの会社が機械学習のマーケットリーダーになりたいのであれば、あなたのチームが必要なスキルセットを持っていることを確認する必要があります。つまり、すべての人材開発、採用、キャリアパスの活動にそれに応じた優先順位をつける必要があるのです。

C-suiteから社内の賛同を得る

簡単に言えば、社員はリーダーシップを尊敬しています。直属の上司やCレベルのエグゼクティブがタレントマネジメントに関心を持っていることがわかれば、彼ら自身もモチベーションを高めることができます。

ソースは アンスプラッシュ

逆に言えば、キャリア開発の取り組みから離れているリーダーほど、人事チームの人材開発の取り組みを妨げるものはありません。そもそも、なぜあなたがキャリア開発に時間とリソースを費やすのかを理解する必要があります。

ITスキルインベントリーの作成

会社の目標が明確になったところで、チームの現在のスキルセットを確認しましょう。ビジネスと従業員のキャリア目標をサポートするキャリアパスを作成するために、チームと従業員のレベルでスキル監査を行います。このプロセスを最大限に活用するには、次のようなコンピテンシー管理ツールを使用することをお勧めします。 タレントブースト.

ソースTalentBoost

ここでは、スキルインベントリを作成するために必要な2つのステップをご紹介します。

ステップ1:ITチームのメンバーとの1:1ミーティングを行う

ミーティングでは、従業員に長期的なキャリア目標について尋ねます。また、自分のソフトスキルを評価してもらい(例えば、自分が「リーダーシップを発揮できる人材」かどうかを感じ取ってもらう)、キャリアパス開発のアイデアについて話し合ってもらいます。各社員についての洞察を書き留めておきましょう。

ステップ2:ワークサンプルのコーディングテストの実施

ワークサンプルのコーディングテストは、社員の技術スキルを客観的に評価するのに最適な方法です。のようなソリューションを使用します。 タレントスコアTalentScoreは、自動採点機能を備えており、チームの現在のコンピテンシーを公平に評価することができます。例えば、1対1のミーティングでiOS開発者の一人がReact Nativeの中級程度の知識を持っていることを明かしたとしても、TalentScoreのテストではそれが本当かどうかを検証することができます。

ソースTalentBoost

スキルギャップを埋める方法を決める

スキルインベントリの結果をもとに、スキルギャップをどのように埋めるかを決定します。学習能力が高く、新しいコンピテンシーをすぐに身につけられそうな社員を見つけた場合は、トレーニングを受けることを決定することができます。しかし、必要なスキルを身につけられる可能性があるからといって、その人が適切な考え方や意欲を持っているとは限りません。

だからこそ、社員と将来のキャリアプランについて定期的に話し合うことが大切です。

また、適切な人材がいないために社内でスキルギャップを埋められない場合や、育成に時間がかかりすぎると考えられる場合は、外部に人材を求めることもできます。どちらを選択するにしても、両方の選択肢を検討する必要があります。スキルギャップを可能な限り社内で埋めることで、トレーニングや採用にかかる時間とコストを大幅に削減することができます。特に、間違った採用決定をした場合のコストは非常に高く、次のような状況になる可能性があります。 最大で$32,000.

トレーニングを評価する

既存のスキルギャップを埋めるために一部の従業員に研修を実施することを決めた場合、研修評価を行うことをお勧めします。研修が期待通りの結果をもたらしたかどうか、従業員は必要なスキルを身につけたかどうかを確認します。ここでも、スキル評価テストを使って検証することができます。

例えば、Pythonの開発者がRubyを習得するためにトレーニングを受けたとします。トレーニングを受けた後、彼らのノウハウがどのように変化したかをTalentScoreで評価することができます。彼らの能力の差は大きいのか、それともほとんど気にならないのか。また、同じコースを受講した他の社員とスコアを比較することで、研修の効果についてより客観的な意見を得ることができます。

さて、タレントマネジメント戦略のテンプレートに盛り込むべき主な項目について説明しましたが、ここでいくつかの大手企業からインスピレーションを得てみましょう。

タレントマネジメント戦略の例

米国カリフォルニア州の大学

カリフォルニア大学は、世界有数の公立研究大学システムで、10のキャンパスには2,000人以上の学生が在籍しています。 273,000人の学生 と約23,000人の教員がいます。彼らはタレントマネジメント戦略の素晴らしい例です。

彼らのあらゆる部分が タレントマネジメントフレームワーク は、福利厚生プログラムと戦略、報酬プログラムと戦略、従業員の維持など、ミッションと戦略的テーマが割り当てられています。本学のタレントマネジメント戦略は、報酬を組織の成果を上げるための競争力のあるツールとして活用するなど、組織の目標を全面的にサポートしています。

中国のダノン

ダノンは、バルセロナで創業し、パリに本社を置く世界有数の食品会社です。その中国支社では、Bo Leと呼ばれるタレントマネジメントプログラムを導入しました。そのおかげで、彼らは人事構造を変え、潜在的な雇用のために中国の若い市民を惹きつけ、育て、維持するという一貫性を保つことができました。


ソースは ダノン中国

このプログラムの主な目的は、人材プールに潜在する候補者の数を増やすことでした。この取り組みは非常に効果的でした。それは、ブランドを

  • 優秀な人材を集め、現在の従業員を維持する。
  • 継続的かつ協力的な人材の流れを可能にするプロセスを導入した。
  • このプログラムを他のアジア市場でも展開できるようにする。

ロウズホテル

ロウズホテルは、アメリカの高級ホスピタリティ企業で、アメリカとカナダに28のホテルを所有・運営しています。


ソースは ロウズホテル

Loewsは、人材開発戦略に関して非常に透明性が高い。チーム全体が同じ目標に到達することに集中しており、成功させるために、従業員のパフォーマンスや開発といった様々なモジュールに従っている。従業員満足度で5位から2位になったことからも、そのアプローチは功を奏していると言えるでしょう。

概要

組織の長期的なビジネス目標をサポートするためには、タレントマネジメント戦略を導入することが絶対に必要です。タレントマネジメント戦略を導入することで、スタッフのリテンションを高め、従業員の満足度やエンゲージメント率を向上させ、採用コストを最適化し、個人に合わせたキャリアパスを作成することができます。

しかし、人材開発戦略が効果的であることを確認したいのであれば、チーム内のスキルギャップを特定し、それを埋める必要があります。ここで、DevSkillerのTalentBoostとTalentScoreが、統合的な人材管理ソリューションとして活躍します。

TalentScoreを使用して、チームの技術スキルを客観的かつ自動的に評価します。次に、その結果をもとにTalentBoostでコンピテンシーマップを作成します。その結果、現在のチームがどのような能力を持っているのか、どのスキルをすぐに身につけることができるのか、どのコンピテンシーを外部から採用する必要があるのかを俯瞰的に把握することができます。

面白いと思いませんか?連絡を取るか デモのリクエスト!

画像クレジット ペクセル

シェアポスト

カクパー・ゴドルフスキ より多くの記事をチェックする Kacper

メルマガよりも

インボックスにある有益な情報を受信して、技術者採用の詳細を確認してください。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。