フレームワークとライブラリを使ったソフトウェアの作成:技術系リクルーターが知っておくべきこと

公開されました。 最終更新日
フレームワーク対ライブラリ

技術系の採用担当者としては、特定のプログラミング言語の名前だけを知っているだけではもはや十分ではありません - ソフトウェアがどのように作られているかの基本を理解する必要があります。

本番用のソフトウェアを作成する際には、2つの重要な要素を考慮する必要があります。1つ目は、アプリケーションの開発がより複雑になってきていること。2 つ目は、プログラマは常により効果的で効率的な仕事をしようとしていることです。その結果、プログラマーのすべてのチームは、ソフトウェアフレームワークかソフトウェアライブラリ(または複数のライブラリ)のいずれかを使用してアプリケーションを構築するか(またはしないか)を決定しなければなりません。 

同じ理由で、募集しているポストに関連するライブラリやフレームワークを把握しておく必要があります。そうすれば、そのポジションに最も適した開発者を探し出すことができるでしょう。それだけでなく、当たり前のことですが 採用担当者が調査をしていない場合、ほぼすべての候補者に.を完全に理解することができます。 プログラミング言語のフレームワークやライブラリが一緒に働くことで、あなたは本当に傑出した リクルーター 候補者との会話に自信が持てるようになります。

フレームワークとライブラリの技術的な違いは?

下の図にあるように、フレームワークとライブラリの技術的な違いは、ソフトウェアを作成する過程(およびソフトウェアが実際に実行されるとき)において、特定の重要なアクションを誰がコントロールするかという問題です。

ソフトウェア開発者がライブラリの機能を利用する場合、開発者が主導権を握っています。言い換えれば、開発者のコードが一連のイベントを完全にコントロールしているということです。しかし、フレームワークでは、制御の方向性が逆になります(これを以下に示します)。 コントロールの反転)のように、フレームワークが開発者をコントロールします。この場合、フレームワークが開発者のコードをコントロールします。ある意味では、フレームワークは、いわゆるハリウッドの原則である「Don't call Us, We'll call You」と同じように機能します。

フレームワーク対ライブラリソースは ファトスモリナ

では、フレームワークとライブラリとは一体何なのでしょうか?特に、この2つのコンセプトの違いは何でしょうか?

フレームワークやライブラリの目的は何ですか?

ご存知のように、プログラマーが書いたアプリケーションのコードは、作業中のアプリケーションの進化や発展に合わせて常に変化しています。しかし、フレームワークやライブラリは、アプリケーションを構成する基本的な構成要素であり、変化することはありません。ライブラリもフレームワークも、開発者が繰り返し行う作業を防ぐために開発されたものです。また、ゼロから実装しなくても、ある機能を提供することができます。

コーディングにおけるライブラリとは?

ライブラリとは基本的に、開発者がアクセス(「呼び出し」)できる機能の集合体です。最近では、ライブラリはいわゆる「クラス」にまとめられています。このようなライブラリの全体的な考え方は、特定のドメインで特定の目的のために再利用可能なコードを含んでいるということです。このようにして、ライブラリは一連の一般的な機能性を提供することで、特定のタスクを簡素化します。このようにして、ライブラリは、ソフトウェアプログラムにプラグインして使用することができる。例えば、ほとんどのプログラミング言語では、文字列のフォーマットや実行時に発生する可能性のある例外の記録などの機能のためのライブラリを提供しています。適切なライブラリを使用することで、開発者が書くべきコードの量を減らすことができます。また、よく知られているライブラリは、ドキュメントが充実しており、十分にテストされています。したがって、多くの場合、開発者は自分でコードを書き、テストし、文書化する時間と手間をかけるよりも、ライブラリを使用する方が良いのです。

プログラミングにおけるフレームワークとは?

フレームワークとは、ソフトウェアの実装を組織的に行うためのアーキテクチャと言えます。このようなフレームワークは、あらかじめ定義された抽象的なデザインを具現化したものであり、ライブラリの場合よりも多くの組み込み動作と結合しています。フレームワークでは、すべての制御フローがすでに用意されており、開発者が独自のコードを配置できる定義済みのフックが多数用意されています。結果として、フレームワークは骨格を定義し、特定のアプリケーションの開発者は、その骨格を埋めるために独自の機能を定義します。言い換えれば、フレームワークとは、開発者がアプリケーションを構築するのに役立つパターンやライブラリの集合体であると考えることができます。しかし一方で、フレームワークはアプリケーションのアーキテクチャを決定するものでもあります。例えば、全体の構造、クラスへの分割、クラスの重要な責任、オブジェクトのコラボレーション方法などが定義されます。

フレームワークとライブラリの使い分けはどのような場合に適していますか?

現実のあらゆる問題と同様に、この問題は複雑で、すべてのケースに明確に答えることは困難です。例えば、若手の開発者が多いチームでは、フレームワークを利用した方が良いかもしれません。フレームワークは、一定の構造と特定の基準を強制し、チームがどのようにソフトウェアを構築すべきかを指示します。一方、経験豊富なチームが、ありふれたアプリケーションではなく、ニッチな機能を持つアプリケーションに取り組んでいる場合は、フレームワークではなく、ライブラリを使用した方が、より柔軟にコントロールできるかもしれません。もっと極端なケースでは、特定の開発チームにとって、フレームワークもライブラリも使わずに、完全にゼロからソフトウェアを構築する方が良い場合もあるでしょう。

特定のフレームワークやライブラリを知る必要がある候補者を審査する際の注意点

ここでは、プログラミング言語やフレームワーク、ソフトウェアライブラリが実際にどのように使われているかについてのミニFAQを紹介します。また、候補者を選考する際に注意すべき点をいくつか挙げていますので、参考にしてください。

  • Q: プログラマーは、ライブラリやフレームワークを使わずに、自分で書いたコードだけでアプリケーションを作ることができますか?

A: はい、できますが、時間がかかります。

  • Q: プログラマーは、フレームワークを使ったアプリケーションに加えて、独自のコードを使ってアプリケーションを作ることができますか?

A: はい、そうです。

  • Q: プログラマーは、1つのライブラリ(または複数のライブラリ)と独自のコードのいずれかを使用してアプリケーションをコーディングすることができますか?

A: はい、そうです。

  • Q: プログラマーは自分でライブラリを作ることができますか?

A: はい、ほとんどのプログラマーは、自分の仕事の中でこのようなことをしています。これは、プログラマーが嫌う重複を避けるための最良の方法の一つです。開発者は、特に有用であることがわかったライブラリをコミュニティに公開することがあります。採用担当者は、候補者にそのようなオープンソースへの貢献をしたことがあるかどうかを尋ねてみるとよいでしょう。

  • Q: プログラマーは、フレームワーク+1つのライブラリ(または複数のライブラリ)+自分のコードを使ってアプリケーションを作ることができますか?

A: はい、そうです。もし、開発者のチームがすでにフレームワークや関連するライブラリに精通していて、そのフレームワークが新しいソフトウェアを動作させるドメインに適している場合、このアプローチが最も効率的で効果的なものとなるでしょう。つまり、採用の際には、あなたのチームが現在使用しているフレームワークやライブラリに精通している開発者を探すことになります。

  • Q:図書館が陳腐化することはあるのでしょうか?

A: はい。しかし、重要な機能を提供している有名なライブラリでは、このようなことは起こりにくいでしょう。

  • Q:フレームワークが陳腐化することはあるのでしょうか?

A: はい、これはフレームワークを使用することの潜在的な欠点のひとつです。フレームワークには流行り廃りがあり、たとえ長い間人気のあるフレームワークであっても、あるメジャーバージョンから別のメジャーバージョンへと劇的に変化することがあります。もちろん、人気のあるフレームワークの制作者やメンテナは、そのような変更を制限しようとしていますが、実際には起こり得ます。少なくとも、自分のチームで使用しているフレームワークの大きな変更点を把握しておくようにしましょう。

  • Q: プログラマーは自分でフレームワークを作ることができるのですか?

A: はい。プログラマーのチームが新しいタイプのソフトウェアを作り終えた後、彼らの経験に基づいて、同じタイプのソフトウェアをより効果的かつ効率的に作ることができるようなフレームワークを作ることがよくあります。そのような経験があるかどうかを履歴書で確認するとよいでしょう。

結論

繰り返しになりますが、技術系の採用担当者としては、プログラミング言語だけではなく、フレームワークやライブラリの観点から候補者をスクリーニングすることが非常に重要です。

プログラミング言語、ソフトウェア・フレームワーク、ライブラリに関する専門用語は、混乱を招くことがありますので、ご注意ください。もし疑問があれば、この目的のために特別に用意した用語集をご覧になることをお勧めします。 https://devskiller.com/glossary-it-terms-tech-recruiters/.

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ