人材育成のエースになる方法【テックのトップベネフィット&戦略

公開されました。 最終更新日
人材育成

によると LinkedInの職場学習動向レポート。 94%の従業員が、専門能力開発に投資している企業に長く在籍すると答えています。このことは、適切な人材育成戦略の重要性を示していますが、それを軽視することはビジネスに重大な影響を与えます。

次の記事では、「タレント・ディベロップメントとは何か」と「自社に適用できる従業員育成戦略とは何か」という2つの疑問に触れていきます。また、人材育成計画に関連する主なメリットについてもお伝えします。それでは始めましょう。

人材育成とは何か-定義

人材開発とは、従業員のソフトスキルとハードスキルを開発し、その潜在能力を最大限に活用することに焦点を当てた人事活動の大部分を占めています。これは、従業員のキャリアプランに沿ったスキル開発の道筋を提供し、従業員のモチベーションを高めることを目的としています。

人材育成はどの業界においても重要ですが、技術系人材の競争が激化する中で、ITスペシャリストを採用する企業にとっては特に重要になってきています。つまり、技術系の従業員が会社に興味を持ち、投資し続けるためには、彼らに成長のための適切な機会を提供しなければなりません。

適切に設計された人材開発戦略は、次のセクションで説明するように、複数の利点をもたらします。

人材育成計画のメリット

職場での人材育成は多くのメリットと結びついていますが、最も一般的なものを見てみましょう。

従業員の定着率を高める

現在の従業員を維持するためには、新しい従業員を雇うよりもはるかに費用対効果の高い方法です。 グラスドアによると 米国の平均的な企業は、新入社員を入社させるために$4000、つまり24日間の人材探しに費やしています。従業員を定期的に失うことは、生産性や財務上の損失によってビジネスを不安定にするだけでなく、組織の悪評を生むことにもなりかねません。その結果、今後の採用活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

人材育成計画のメリット

ソースは グラスドア

チームのパフォーマンスと生産性の向上

によると アメリカ心理学協会モチベーションは人材育成のための重要なレバーである」と述べています。第一に、適切な人材育成計画を実施することで、従業員は自分のキャリアの方向性を知ることができ、最高のパフォーマンスを発揮するためのモチベーションを高めることができます。第二に、チームとのコミュニケーションに透明性を優先させれば、従業員は自分の仕事が会社の目標にどのように貢献しているかを知ることができます。その結果、従業員は組織における自分の役割をよりよく理解し、チームの一員としての自覚を持つようになります。

スキルギャップの解消

チームの現在のスキル・インベントリに細心の注意を払うことで、不足しているスキルのために新たに従業員を雇用する必要があるのか、それとも現在の従業員がトレーニングを通じて新たなスキルを習得することをサポートする必要があるのかを判断することができるようになります。この記事で詳しく説明しているように、TalentBoostのようなスキルギャップ分析ツールを使用することで、チームのコンピテンシーマップを作成することができます。

TalentBoost - 人材開発ツール

ソースは タレントブースト

さらに、人材のギャップを埋めることは、ビジネスにとっても多くの節約につながります。人材育成のROIは非常に印象的なものです。 CIO満たされていない欠員は、米国内だけでも$211億の損失を企業にもたらします。

採用コストの削減(そして人事チームの時間を節約する

最後になりましたが、スキルギャップを埋めることは、採用コストを下げることにもつながります。例えば、通常の開発者がシニアスペシャリストになるのを支援することで、社内でスキルギャップを埋めることができることがわかれば、外部から人材を調達して採用するためのコストをすべて削減することができます。その結果、人事部門は他の取り組みに時間と労力を割くことができるようになります。

ここまでトップの人材開発のメリットについて説明してきましたが、次はあなたのビジネスのために実施できる戦略を見てみましょう。

技術系人材育成戦略を構築するための8つのステップ

戦略1:リーダーシップと人材育成-経営陣を乗せる

リーダーシップと人材育成は密接に絡み合っています。によって説明されているように マイケル・ページ上司は常に観察されているので、リーダーはまた、ロールモデルとして機能します。自分ではやらないようなことを従業員に要求する上司は、すぐに信頼を失います。従業員のエンゲージメントと開発プログラムを長続きさせるためには、マネージャー、チームリーダー、さらにはCスイートの幹部全員が同じページにいる必要があります。それは人事チームだけの努力ではありません。

戦略2:組織の目標を設定する

人材育成に関しては、戦略と組織の目標がリンクしていることが非常に重要です。経営陣とトップレベルの幹部は、今後数年間でビジネスがどのような状況になりたいかを話し合う必要があります。組織のミッションを考えた上で、現在使用している技術スタックに目を向けてください。

TalentBoostのようなツールを使用することで、組織で利用可能なスキルを簡単にマッピングし、開発が必要なスキルを見つけることができます。そうすれば、不足しているスキルをすぐに拾い上げ、人材開発計画に組み込んでくれる開発者をビジネスの中で見つけることができます。

戦略3:実施する スキルギャップ分析 自分の現在のスキルレベルを把握し、どのスキルを採用すべきかを理解します。

人材育成戦略を成功させるためには、自社にどのようなスキルがあり、どのようなスキルが不足しているのかを詳細に把握しておく必要があります。不足しているスキルの中から、社内で開発するのか、社外で取得するのかを決める必要があります。

そのため、人材育成計画をスタートさせるには、TalentBoostのような人材管理システムを利用することを強くお勧めします。まず、スキルギャップ監査を実施し、チームにどのようなスキルがあり、どのようなスキルが不足しているのかを確認します。以下のようなスキル分析手法を組み合わせることをお勧めします。 ワークサンプルコーディングテスト チームリーダーや特定の従業員との対面インタビューで

例えば、あなたの会社でReact Nativeを使い始めたいと思っているのであれば、ある程度の知識を持っていると宣言している開発者に、React Nativeの作業サンプルテストを受けてもらうことができます。また、面接で彼らのソフトスキルを評価することもできます(例えば、学習意欲、積極性、リーダーシップスキルなど)。これらすべてのことから、現在のチームメンバーがどのような人なのかを把握することができます。

戦略4:内部でスキルの格差を埋められるかどうかを確認する

徹底したスキルギャップ分析を行った後は、社員単位、チーム単位でスキルを見ることができるようになります。

スキルギャップ分析

ソースは タレントブースト

前の例に戻って、React Native開発者の場合、現在のiOSとAndroid開発者のうち3人がReact Nativeの専門知識が中程度のレベルであることがわかれば、採用を完全に省略できるかもしれません。その代わりに、現在の従業員のスキルアップを目的としたキャリア開発パスを定義する必要があります。

TalentBoost(写真上)のようなタレントマネジメントソリューションは、現在リストアップされている組織のスキルをもとに、習得しやすいスキルを提案する機能を提供しています。これを利用することで、採用ニーズをより明確にし、採用プロセスをより効率的かつ費用対効果の高いものにすることができます。

戦略5:キャリアパスの開発

キャリアパスは長期的かつ複雑な取り組みであり、一回の研修会を開催しただけで解決できるものではありません。チームの素早いスキルアップを確実にするためには、新たに習得した知識を実際に使用する方法を提供する必要があります。

可能な限り、新しいスキルを適用するよう従業員に奨励しましょう。現実の運用プロジェクトで実施する機会を提供できない場合は、ハッカソンやトレーニングセッションなどの社内イベントをいつでも開催することができます。

このような活動は、技術チームを統合するための方法としても機能します。

ステップストーンサービスのハッカソン

ソースは ステップストーンサービスFacebook

従業員のキャリアパスの進展を監視する際には、そのプロセスについて話し合うための定期的なミーティングの予定を立てるようにしましょう。これは、従業員の能力開発計画に対するフィードバックを集める絶好の機会となりますし、何かメリットを感じたことはないかと聞いてみるのも良いでしょう。

また、DevSkillerのようなツールを使うことをお勧めします。 タレントスコア 例えば、研修やその他のスキル開発プログラムを完了した後など、一定期間後に従業員のスキルを再評価することができます。

戦略6:チームに不足しているスキルを採用する

もう一度、スキル分析の結果(戦略3で述べた)に戻ってみましょう。ある技術を学ぶのに必要なスキルやモチベーションを持っている社員がいないことがわかれば、次のステップは明らかです。つまり、組織外の人材を探す必要があるということです。

良いニュースは、あなたが本当に必要としていない従業員を獲得するために時間を無駄にすることはありません。あなたの会社に隠れた才能がないことを確認したように、それぞれの新しい雇用者は、チームに素晴らしい仲間を加えることになるでしょう。

間違いなく、役割によっては、その役割に付随する技術スタックや責任のために、他のものよりも埋めるのが簡単なものもあります。現在流行している技術はありますか?あるいは、市場で開発者の間で大きな関心を集めているコーディング言語はありますか?

例として、2020年には8年連続でJavaScriptが最もよく使われているプログラミング言語としての地位を維持している。それと同時に、開発者は次のように述べています。 Rustが一番好きでPythonで一番開発したいJavaScriptではありません。

2020年 Stack Overflow開発者アンケート

ソースは スタックオーバーフロー

戦略7:チームの積極性を促す

従業員の間でオープンになるような企業文化を作りましょう。そのための一つの方法として、この記事でも述べたように、透明性が組織のDNAに組み込まれていることを確認することが挙げられます。例えば、次のようなことが挙げられます。 バッファ は、従業員の給与や年収の情報を公開しているだけでなく、従業員一人一人の内訳に応じた株式の計算式も公開しています。

人材育成

ソースは バッファ

すべての企業が社内情報を開示することを同じように快く思っているわけではありませんが、Bufferは、リーダーシップがどのようにしてチーム内のオープンさと積極性を奨励しているかを示す好例となっています。最終的には、チームメンバーがビジネス関連の取り組みを発表したり、共有したりすることを快く感じられるようにする必要があります。

例えば、ある従業員が画期的な新進気鋭のテクノロジーを発見した場合、チームミーティングや人事部や直属の上司との評価会議でその話を持ち出すことができるはずです。このような洞察は、経営陣やCスイートと組織のミッションや計画について話し合う際に、非常に貴重なものとなるでしょう。

才能開発を前面に押し出した組織は、技術コミュニティの間でも良いPRを受けることができ、従業員のブランディング努力を後押しすることを覚えておいてください。

戦略8:タレントマネジメントプログラムを常に評価する

最後になりましたが、あなたの会社は「生物」であることを忘れてはいけません。つまり、あなたがチームのために作成したスキルインベントリは常に変化しています。時間が経つにつれ、人々は新しいことを学び、研修に参加し、昇進し、そして最も重要なことは、古い従業員が去り、新しい従業員が加わることです。

変更点を把握し、設定したタレント関連の目標に向けてタレント開発の取り組みを確実に進めていきましょう。TalentBoostを使用すると、どのように簡単に変化を確認することができるかをご紹介します。

TalentBoostのスクリーンショット

ソースはタレントブースト

概要

職場での人材育成は、すべての組織の優先事項リストに含まれているべきです。効果的な人材育成は、従業員の定着率を向上させ、チームのパフォーマンスを向上させるだけでなく、採用ギャップの解消にも役立ちます。戦略が組織の目標とリンクしていることを確認し、経営陣の理解を得て、タレントマネジメントの取り組みを継続的に評価することは、効果的な人材育成に必要なステップにすぎません。

人材開発戦略を把握するための非常に効果的な方法の1つは、従業員のスキルとキャリアパスを監視するための適切なツールを使用することです。TalentBoostなどのソリューションを使用することで、コンピテンシーマップを作成したり、様々な技術に関するチームの習熟度をモニターしたり、従業員のキャリアの進捗状況を確認したりすることができます。

人材育成プログラムを作成し、従業員のスキルアップを図る方法についての詳細をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

画像クレジット ペクセル

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ