2020年に向けた100の強力な採用&求人統計

公開されました。 最終更新日
雇用統計

2019年が終わり、今年の人事・採用動向の虫眼鏡はすでにヒートアップし始めています。数字をふるいにかけるのに役立つように、2020年に向けて100以上の強力な雇用・求人統計をまとめました。この数字は、The Bureau of Labor Statistics, iCIMS, LinkedIn, Glassdoor, Deloitte, Jobvite, CareerBuilder, SilkRoad, Pew Research Center, Forbes, CNBC, PayScale, Society for Human Resources Managementなどによって集計されています。

ここ数年で分かったことは、アメリカではパラダイムがシフトしており、最近では 候補市場.現在では、求人の数が求人を埋める人の数を上回っています。これはノックオン効果をもたらし、雇用の風景を完全に変えてしまいます。求職者のためのこれらの心強い数字にかかわらず。 スキル不足が残っています。

新年度の戦略を練る際には、候補者と雇用主の双方にとって、考慮すべき点がたくさんあります。特に2020年は、多くの人が ぶんかファーストディケイド 雇用者のために。 

トップレベルの人材や適切な候補者を獲得したいのであれば、採用戦略はこれらの最新の採用市場調査結果を考慮に入れる必要があります。

タレント不足の求人統計

  1. 専門職のHR回答者の83%は、過去12ヶ月間に適切な候補者を採用するのに苦労したことがある。(しゃかいしゅぎしゃ)
  2. このうち、3分の1以上が全体的に応募者の質の低下を報告し、45%は特定のポジションの質の低下を報告しています。(しゃかいしゅぎしゃ) 雇用統計イメージ 信用 しゃかいしゅぎしゃ
  3. 人事担当者の75%は、応募者の中にスキル不足があると考えています。(しゃかいしゅぎしゃ)
  4. 51%の回答者のうち、教育制度は人材不足の問題に対処するためにほとんど何もしていないと答えている。(しゃかいしゅぎしゃ)
  5. テックタレント不足については、2020年までに140万人のコンピュータサイエンスの求人があり、必要なスキルを持ったコンピュータサイエンスの新卒者は40万人しかいないと言われています。(ホワイトハウス)
  6. 埋めるのが難しい企業の役割としては、データ分析、セキュリティ、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ITアーキテクチャなどが挙げられます。(モンスター)
  7. Korn Ferryの調査によると、APAC地域の労働力スキル不足は2030年までに4,700万人と推定され、未実現生産額は$4.238兆円と目を見張るほどの規模となっています。(コーンフェリー)
  8. 不足しているソフトスキルのトップは、問題解決力、批判的思考、革新性、創造性(37%)、複雑さや曖昧さに対処する能力(32%)、コミュニケーション(31%)です。(しゃかいしゅぎしゃ
    雇用統計イメージ
    信用 しゃかいしゅぎしゃ

求人検索統計

  1. 2019年の求職活動期間の平均は22.1週間であったことがわかります。(BLS)
  2. 36%の人事担当者は、応募者のフォローアップに最適な時期は、履歴書を提出してから1~2週間後だと答えています。(会計)
    雇用統計イメージソース。 会計
  3. 採用者が応募に回答するまでにどのくらいの時間がかかりますか?44%は応募してから2週間以内に返事が返ってきますが、37%は1週間以内、4%は1日以内にしか返ってきません。(嗟乎)
  4. 2019年には非技術職を埋めるのに55日、技術職を埋めるのに66日かかりました(2016年にはそれぞれ45日、55日だったのが増えました)。(アイシーアイエムエス) 雇用統計イメージソース。 アイシーアイエムエス

雇用統計

  1. 1つの求人あたりの応募者数はどれくらいあるのか、あなたは尋ねますか?そうですね...2018年の1件あたりの平均応募者数はわずか29人と過去最低でした(2017年の36人、2016年の52人からの減少)。(ジョブバイト)
  2. 1週間の求人応募数はどうでしょうか?まあ、保守的に見積もっても 求人数730万件 アメリカでは1ヶ月に1人、年間8,700万人になりますで割ると 営業企業数 米国では、590万人、そしてそれは年間のビジネスあたりの求人数が約15件です。これに1件あたりの応募者数を掛け合わせると118人になります。 フォーブスこれを1年の週数である52で割ると、1ビジネスあたり1週間あたり約34件の申請があることになります。(DevSkiller)
  3. 前述したように 昨年度世界的な人材不足は12年ぶりの高水準にある。(マンパワーグループ)
  4. 回答者の50%以上が、過去2年間に組織内でスキル不足が悪化した、または大幅に悪化したと感じている。(しゃかいしゅぎしゃ)
  5. スキル不足の改善を報告する回答者は10%未満。(しゃかいしゅぎしゃ)

履歴書の統計

  1. リクルーターは履歴書をスキャンするのに平均6秒かかります。(ザ・ラダーズ) 雇用統計イメージソース。  ザ・ラダーズ
  2. 推定77%の採用担当者は、文法的なミスや誤字脱字を理由に履歴書を即座に不採用にしています。(モトリーフール)
  3. 75%の採用者が履歴書で嘘をつかれています。(キャリアビルダー)
  4. 84%の応募者のうち、採用担当者名の記載を忘れていたことが不採用の理由の第一位です。(キャリアビルダー)
  5. プロ意識のないメールアドレスは、雇用者の35%の大きな問題です。(モトリーフール)

就職面接の統計 

  1. アメリカのIT部門の内定を得るまでの平均面接回数(採用までの面接回数)は15回です(実行可能) イメージソース。 実行可能雇用統計
  2. 大卒新入社員の面接から内定までの平均日数は24.5日です。(バランス キャリア)
  3. 2018年の面接から内定までの平均換金率は19%でした。(ジョブバイト)

ソース統計

  1. 従業員の紹介は依然として56%で採用につながるトップソースであり、Indeedの次は17%である。(シルクロード) 雇用統計イメージソース。 シルクロード
  2. Indeedは66%での採用に使用するトッププラットフォームで、LinkedIn(24%)とGlassdoor(6%)が続いています。(シルクロード)
  3. 2018年、1人の採用に必要な求人掲示板サイトへの訪問者数は177人で、2016年の526人から減少しています。(ジョブバイト)
  4. 組織のキャリアサイトは、採用につながる効果が求人掲示板の2倍。(ジョブバイト)
  5. フォーチュン500社のうち98%以上が応募者採用ソフトを使用しています。(中型)
  6. 企業の82%は、何らかの形で採用前評価試験を実施しています。(しゃかいしゅぎしゃ)
  7. 人事担当者の78%が、リクルートとHCMソフトウェアが採用プロセスを改善したと回答技術的なアドバイス)

ダイバーシティ統計

  1. 多様性のある企業は、多様性のない企業に比べて、従業員一人当たりのキャッシュフローが2.3倍になっています。(出典。 デロイト)
  2. 経営が多様な企業の方が19%の収益が高い。(出典。 BCG)
  3. 多様なチームは90%の方が革新的である可能性が高い。. (バックオフィス・プロ)
  4. 白人はアフリカ系の人よりも50%のコールバックを多く受けていた。(株式会社EBI)
  5. 男女が対等なチームは、41%の収入が多くなります。(フォーブス)
  6. バイリンガル社員は同業他社と比べて最大10~15%の高収入を得ることができます。(ユーロロンドン)

候補者の経験統計

  1. ネガティブな求職体験をした求職者の69%は、二度と応募しないか、ほとんど応募しない。(才能)
  2. 雇用されているアメリカ人の3分の2以上が、応募、面接、オファーのプロセスが、仕事を受けるかどうかの決定を左右すると考えていることに同意している。(アイシーアイエムエス)
  3. 求職者の約63%は、応募後にほとんどの企業からのコミュニケーションに不満を持っている。(才能)
  4. 7-in-10人近くの人が、典型的なプロセスの一部としてGoogleを使用して、オープンジョブを検索し、潜在的な雇用者を調査しています。(アイシーアイエムエス) 雇用統計イメージソース。 アイシーアイエムエス
  5. 59%の受験者のうち、Webサイトの問題やバグが原因でオンライン出願を断念した人がいます。(アイシーアイエムエス)
  6. LinkedInのランディングページで従業員の証言を使用している企業は18%のみです。(ビーマリー)

雇用成長統計

  1. 2019年11月の米国の失業率は前月の3.6%から3.5%に低下し、1969年以来の低水準となりました。(スタティスタ) これは、過去5年間の雇用率の見方です(貿易経済学) 雇用統計イメージソース。 貿易経済学
  2. 2019年の最初の3四半期を通して、テックセクターの雇用は約10万人増加しています。8月には11,000人以上の新規雇用を追加しました(コンピュティア 経由 チャネルパートナー)
  3. コンピュータ・情報技術職の雇用は2018年から2028年まで12%の成長が予測されています。(BLS)
  4. これらの新しい技術職は、2017年の20万人から約54万6,200人の新規雇用を増加させると予測されています。(BLS)
  5. Web開発者の雇用は2018年から2028年まで13%の成長が見込まれており、全職種の平均よりもはるかに速いペースで成長すると予測されています。(BLS)

雇用者のブランディング統計

  1. 従業員は雇用者と比較して3倍の信頼できる情報源である可能性が高い。(LinkedIn)
  2. 最も効果的な人材ブランディングツールには、企業のウェブサイト(68%)、オンラインのプロフェッショナルネットワーク、ソーシャルメディアなどがあります。(LinkedIn)
  3. 39%の女性は、応募を決める前に自社ブランドを「とても重要」と考えていますが、男性の33%も同様です。(グラスドア) 雇用統計イメージソース。 グラスドール
  4. 求職者の半数以上が企業のネガティブなレビューを読んで応募を断念しています(55%) 一方で企業のオンライン上の評判をチェックしている雇用主は45%に過ぎません。(キャリアアーク)

タレントのエンゲージメント統計

  1. 92%の従業員は、共感を示すことが従業員の定着を促進するための重要な方法であると考えている。 (デロイト)
  2. 従業員は、会社で同じメッセージを共有したときと比較して、ソーシャルメディアで共有されたメッセージで561%より多くのエンゲージメントを取得します。(社会性)
  3. 70%の企業は従業員にウェルネスプログラムを提供しています。(オプタム)
  4. 健康文化を認識している企業は14%のみ。(オプタム) 雇用統計イメージソース。 ビジネスワイヤ

給与統計 

  1. アメリカの求職者の57%は全体的に、福利厚生や特典を仕事を受ける上での一番の要因と考えている。(グラスドア)
  2. 同じ調査では、約80%の従業員が昇給よりも福利厚生の充実を好むという結果が出ています。(グラスドア)
  3. これは、別の研究で、実際に給料カットを受けた従業員のうち、より幸せな仕事の設定のために58%を報告していることからも裏付けられている。(アトミックリサーチ)

トップスキルの求人統計

  1. 2019年と2020年にタレントデベロッパーが注力すべき最優先事項はスキルギャップへの対応であり、2番目の優先事項である学習者エンゲージメントは依然として重要かつ不変の課題であることに変わりはありません。(LinkedIn)  雇用統計イメージソース。 LinkedIn
  2. 周り シニアリーダーの57% 今日ではハードスキルよりもソフトスキルの方が重要だと言われています。(LinkedIn)
  3. 雇用者が最も求めているソフトスキルのリストのトップには創造性があります。次に雇用主が最も求めているソフトスキルは 説得力、協調性、適応力、時間管理です(LinkedIn)
  4. 2019年に最も需要のあった一般的なハードスキルは、分析推論、ピープルマネジメント、セールスリーダーシップ、翻訳、人工知能、クラウドコンピューティングでした。(LinkedIn)
  5. 2020年に雇用者が求めるテック分野のハードスキルのトップは、Python、React(Web)、Angular、機械学習、Docker、Django、CompTIA、Amazon AWS、ディープラーニング、React Native(モバイル)となっています。(シーエヌビーシー)
  6. コミュニケーション能力と会話能力は、マーケティングデータサイエンティストの1つになりつつあり、非常に望ましいと考えられています。 求められる職業 Glassdoorがデータサイエンスをアメリカのトップジョブに指名したことで、テック業界では(グラスドア)

従業員満足度統計

  1. 仕事の満足度は68%に座り、2018年の61%から上昇しています。(ジョブバイト) 雇用統計イメージソース。 ジョブバイト
  2. 34%の従業員のうち、現在、職場で経験しているコミュニケーションに不満があるか、極端に不満がある。(ラガン)
  3. アメリカ人労働者の10人中9人は意味のある職に就いたら減給を受けるだろう(ベターアップ 経由 シーエヌビーシー)
  4. 最高の従業員満足度のドライバーは 従業員をつなぐ明確な使命を持った職場、感動と共感を与える質の高いシニアリーダー、そして労働者のための明確に定義された上向きのパスウェイを備えた職場です。(グラスドア)

コンピテンシーマッピング 統計

  1. 2026年までに最大140万人の労働者が再教育を必要とする。この中から 70%以上が 自分の職種が存在しなくなるために 影響を受けることになります(地球儀) 雇用統計イメージソース。 地球儀
  2. 人事管理者の86%は、学習・開発の問題を重要または非常に重要と評価している。(デロイト)
  3. 雇用主の73%が従業員の育成が重要だと答えたが、リーダーシップがこの実践を守っていると答えた従業員は49%にとどまった。(Randstad via しゃかいしゅぎしゃ)

労働力学習統計

  1. 昨年と同様に、#1の学習・開発の優先順位は、自動化の影響を受けた労働力を準備するためのソフトスキルの育成です。(LinkedIn)
  2. 社員の58%は、自分のペースで仕事をしたいと考えています。(LinkedIn)
  3. 従業員が職場の学習に参加していないと言う#1の理由は、時間がないからである。経営者は、従業員に学習のための時間を作ることが、人材育成のための#1の課題であることに同意しています。(LinkedIn)
    雇用統計イメージソース。 LinkedIn

人事のオンボーディング統計

  1. 55%の企業は、オンボーディングプログラムの効果を測定していないと答えています。(クロノス 経由 ビジネスワイヤ)
  2. 87%の企業では、オンボーディングプロセスの間にメンターやバディを配置することが非常に効果的であることがわかっています。を通じてHCI G2)
  3. 良いオンボーディング経験を持つ従業員は、企業への高いコミットメントを感じている可能性が18倍高くなります。(バンブーHR)

開発者採用統計

  1. 2020年には、米国でコンピュータ・プログラミング関連の仕事が100万人も埋まらないと予測されています。(技術共和国)
  2. 2017年のコンピュータサイエンスの卒業生は5万人に満たない。しかし アメリカでは50万人以上のオープン・コンピューティング・ポジションがあります(コード・オーガニ)
  3. トレーニングと教育は、技術者が重要だと思う福利厚生と現在持っている福利厚生の間の#1の格差です。(サイコロ) 雇用統計ソースは サイコロ

  4. 雇用統計
     イメージソース。 デブスキラー
  5. 候補者は、コーディングテストを受けるために平均2.27日待ちます。(デブスキラー)
  6. コーディングテストでは、ラトビアの開発者が最も高いスコア(54.65%)を獲得しており、オランダ(52.32%)、イタリア(52.26%)と続いています。(デブスキラー)
  7. 水曜日に送られたコーディングテストは、最速のレスポンスを得ることができます。(デブスキラー) 雇用統計イメージソース。 デブスキラー
  8. React、Spring、C#、MySQL、HTML、Pythonによるデータ解析、Laravelは、それぞれのテックスタックの中で最も人気のある技術です。(デブスキラー)
  9. アメリカでは、海外の開発者候補の4分の1を採用しています。(デブスキラー)
  10. 大学や大学では、毎年3万人弱のコンピュータサイエンス専攻の新卒者が出ています。今のペースだと オープンな仕事の役割に合わせるには 8年くらいかかるかもしれません(フルスケール)
  11. Techは全部門の中で最も平均離職率が高い(13.2%)。(LinkedIn)
  12. 技術系社員の平均勤続年数は3年程度と言われています。(BLS)
  13. 開発者の34.6%以上が1年未満で転職している(スタックオーバーフロー) 雇用統計イメージソース。 スタックオーバーフロー

人事動向統計

  1. ミレニアルズの代表 ワークフォースの50% 2025年までに労働力の75%を占めると予測されています。(ポリー) 雇用統計イメージソース。 ポリー
  2. 2019年に過去12ヶ月以内に、組織の56%が完全な人材市場調査を完了しています。(ペイスケール)
  3. 米国の従業員のうち、オンボーディング時に企業文化研修を受けているのは39%のみ。(タレントLMS)

雇用と雇用統計:重要なポイント

2020年は、先に述べたように「文化第一主義の10年」の年です。

成長する世界経済は熟練労働者の需要に追いつけず、財布の紐を握っている人たちは腰を上げて気づき始めている。

従業員の定着は、10年に向けて大きな焦点となるでしょう。

組織は、労働者に最適なワーク・ライフ・バランスを提供するために、さらに努力することが賢明でしょう。結局のところ、少なくとも技術分野では 雇い入れ費用 は、ますます手の届かないものになってきています。

完全に理解したいのであれば、この記事で紹介したリソースを強くお勧めします。あなたがリスト上で見たいと思う他の統計がありますか?下のコメント欄で教えてください

画像クレジット ペクセル

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ