CTOの役割と責任

公開されました。 最終更新日
CTOの役割と責任 ブログ

テクノロジーは現代のビジネスの原動力です。しかし、最高技術責任者はCレベル経営陣の中でも最も定義されていない役職の一つであり、以下の点を確認することが重要です。 CTOの役割と責任.

経験豊富なCTOは、多くの場合、組織内のテクノロジーのオラクルです。彼らは会社に進歩的なアイデアをもたらし、先進的な技術ソリューションを発見します。

完璧なスペシャリストを採用するためには、採用担当者はCTOの役割と責任を十分に理解する必要があります。

CTOとは何か?

CTOの役割と責任は、様々な要因に左右されるため、Cレベルの役割の中でも最も曖昧なものの一つと考えられます。CTOの役割と責任は、スタートアップの地域、ビジネスプロセスのスタイル、社内外の労働者の数など、多くの要因によって異なります。

学術出版社テイラーアンドフランシス 最高技術責任者の役割を次のように定義します。:

企業またはその他の組織において、組織内の科学技術的な問題に焦点を当てた職業に就いている幹部レベルの地位。.”

これは完全に健全な定義ですが、CTOの役割と責任の世界を少し深く掘り下げてみましょう。

CTOは通常、組織の技術的ニーズと研究開発(R&D)の責任者です。最高技術責任者として知られることもあります。 短期的・長期的なニーズを検討 組織の。そして、組織の目標達成を支援するための投資を認可します。

CTOは通常、会社の最高経営責任者(CEO)に直属します。

CTOの役割と責任画像クレジット シャッターストック

CTOの仕事とは?

最高技術責任者の主な任務は、革新的な技術的アプローチを用いて、企業が財務およびマーケティングの目標を達成できるようにすることです。これによって、私が意味するのは CTOは既存の技術や新技術の知識をブレンドします。 ビジネスに最適な未来のソリューションを提供するために

その会社が新しく設立された会社なのか、それとも設立された会社なのかは、CTOが何を担当するかの重要な要素となります。CTOの役割と責任には統一された基準がないことを覚えておいてください。

彼らは主に2つの目的のために雇われる可能性があります - 内部の業務プロセスの世話をするため、または革新的な製品を開発するために。

CTOの役割と責任とは画像クレジット 中型

CTOの責任

一般的に、CTOの役割は、カバーしてきたポジションや業界で何を求められているかなど、企業自体によって異なります。私たちは、あなたがCTOとして使用できるカスタマイズ可能なリストをまとめました。 職務記述書.

  • 策定 技術を社内でどのように活用していくかのビジョン
  • 概要 研究開発のための会社の目標とスケジュール
  • 開発 事業目標との整合性を図るための会社の戦略の技術的側面
  • 確実に 技術資源が企業の短期的・長期的なニーズを満たしていること
  • 検証 すべての技術的慣行は、規制基準とコンプライアンスに準拠しています。
  • 識別 競争上の優位性をもたらす革新的な技術を導入し
  • 管理 大規模チーム、ビッグデータ、製品ライフサイクル
  • ヘルプ 部門が技術を有効に活用し、チームメンバーのメンターとして活躍する
  • 監督 機能性と効率性を確保するためのシステムインフラ
  • ビルド 品質保証とデータ保護プロセス
  • モニター 技術的パフォーマンスを評価するためのKPIとIT予算
  • 大文字化 ステークホルダーからのフィードバックをもとに、必要な改善・調整をアドバイスする
  • 伝える パートナーや投資家への技術戦略
  • 維持 消費者に焦点を当てた展望を持ち、ITプロジェクトを市場に提供することに集中的に取り組んでいます。
  • 作る 技術的要求に応じた経営判断

CTOに必要なスキル

すべての最高技術責任者が同じスキルを持っているわけではありません。役職の経験不足は避けられないこともあります。私たちは、以下のようなことをまとめました。 気をつけるべきトップスキル のためにCTOの役割を担っています。

技術領域の知識 - 技術分野では、これまでの経験と業界の強い知識が不可欠です。CTOはその道の途中で学べることもありますが、技術分野ではもう少し複雑です。常に最新のトレンドを把握しているCTOは、良い賭けとなるでしょう。

ストラテジー 効果的なCTOは、通常、経験を活かし、デジタル戦略を考案することで成功への道筋を見通すことができます。

製品管理 技術の世界では、技術と製品はしばしば手を取り合うことになります。トップCTOは、製品のライフサイクルを理解し、新製品をどのように構築し、既存の製品をどのように維持していくかを理解しなければなりません。

ビジネス技術に精通している ビジネスに精通したセンスを持ったCTOは、エンドユーザーの要件をサポートする上で常に有利に働きます。多くの企業にとって、これはCTOの役割であるCRMとERPの導入と、技術的な問題で国際的なチームをサポートすることをカプセル化することができます。

ピープル&ネゴシエーションスキルとメンタリング 部署が効果的に運営されるためには、CTOは社員の強みと弱みを知り人々を鼓舞する能力と、自分のビジョンが現実的であることを説得する能力は、どちらにも長所があります。優れたCTOは、尊敬に値する人物でなければなりません。

エンジニアリング CTOは何らかの技術的なバックグラウンドを持っているはずです。CTOはソフトウェアやプラットフォームの制作に時間を割いているのでしょうか?企業によっては、技術的な側面が役割の大部分を占めている場合もあります。時間が経つにつれて、この役割は減少し、時にはCTOがコーディングを全く必要としないこともあります。

データセキュリティとコンプライアンス CTOには組織データの最適化と管理が求められる?他の業界では、通常、セキュリティやコンプライアンスの方がはるかに優先度が高い。企業のリスクや基準を理解することは、痛みを伴うこともありますが、非常に価値のある知識です。

CTOに必要なスキルと責任画像クレジット クレバーロード

企業の成長に伴い、CTOの役割と責任はどのように変化するのか

ご存知のように、CTO の役割と責任は柔軟でなければなりません。 一つの会社で働いていても ビジネスが大きくなればなるほど、実用的なテック関連のタスクを実行するCTOと従業員の間には管理レベルの差が出てきます。

小さなスタートアップのCTOがうまく機能すれば、会社は急成長する可能性があり、CTOの役割も大きく変わってきます。

企業のライフサイクルのステージに応じてCTOの役割が変化する中で、CTOの責任がどのように変化するのかを簡単に説明します。

プレシードステージ

ビジネスのアイデアが開花したとき、CTOは実用的なエンジニアとして、ビジネスプランの技術的な実現可能性を検証します。CTOは(この段階では)共同創業者であることもあり、しばしば第三者の助けを借りずにデジタル製品のアーキテクチャを構築する準備をしなければなりません。

データセキュリティ、QA管理、配備の問題も彼らの責任になります。

スタートアップ

企業の創業時には、CTOは人材獲得とそのオンボーディング、トレーニング、管理に大きく関わっています。経験豊富な人事部門を持たないこの時期に人材を見極めるには、この分野の専門知識が不可欠です。

ここでの責任は、技術スタックの提案、予算の提案、デジタル製品の改善などが含まれます。ここでの役割は、本格的な開発者ではなく、技術的なビジョン、人事スペシャリスト、チームリーダーへと進化していきます。

成長期

ビジネスのライフサイクルが統合されている場合、CTOの職務は、プロセスと進捗状況を評価しながら、複数の開発チームを監督することになります。ソフトウェア製品の一般的なビジョンの管理はCTOのコアドライバーであり、コーディングやQAのようなタスクはチームの他のメンバーが担当するようになりました。

CTOは常に技術の新しい動向に気を配り、プロダクトアーキテクトとシステム管理者をリードしています。

拡張ステージ

この時点では、CTOはハンズオンタスクの実行から数段離れた上級管理職です。彼らは公の場における技術部門の顔であり、会議やその他の専門的なイベントで会社を代表しています。

大規模または複数の部署を担当し、最先端の技術を調査・導入した経験をお持ちの方。

企業の成長に伴い、CTOの役割と責任はどのように変化するのか画像クレジット ケシャブインフォテック

CTOの4つの顔

世界的なクラウドサービス企業であるアクセスアルトのレポートによると 四種 チーフテクノロジーオフィサーのそれは顔の違いを理解し、あなたの必要性が テクニカル 或いは 運用上 自然の中でのことです。

インフラストラクチャ司令官

多くの企業では、CTOは組織内のITインフラを管理するように指示されています。ここでは、その役割には次のようなものがあります。

  • 企業のデータ、セキュリティ、保守、ネットワークの統括
  • 事業の技術戦略の実施と事業全体の技術ロードマップの管理

確立された企業は、多くの場合、CTOのこのブランチを探していますが、非常にめったに新興企業はありません。

技術のビジョナリー

多くのテック企業、特にスタートアップの世界では、テクノロジーが社内でどのように使われるかを概念化するために、CTOの役割を利用しています。ここでは、その役割には次のようなものがあります。

  • 企業が目標を達成できるようにするための技術戦略の設定
  • 企業の成功を牽引する現在と未来の技術を求めて

この方は、創業時からのお付き合いの可能性が高いです。

カスタマーチャンピオン

CTOが顧客と事業そのものをつなぐパイプ役として活動している企業があります。ここでは、その役割には以下のようなものがあります。

  • 顧客との関係を担当し、ターゲット市場を理解し、それに応じてITプロジェクトの実施に影響を与えます。
  • UIとUXで顧客に卓越した技術を提供するためにテクノロジーを推進

カスタマーチャンピオンは、ソフトウェアに焦点を当てたテック企業の中では一般的です。

ビッグシンカー

ビッグシンカーは、ビジネスの中でテクノロジーがどのように使われているかの境界線を広げることを目的としたCTOです。彼らは野心的で大胆なことが多いです。ここでは、その役割には次のようなものがあります。

  • 企業戦略の策定、技術の活用、技術インフラ全体の牽引役を担う
  • ビジネスモデルの構築、新技術への貢献、ターゲット市場の分析

このポジションでは、ビッグシンカーは、できるだけ野心的に考えることを自由に支持されています。

どんなCTOをお探しですか?

CTOの役割には様々な顔がありますが、最終的には自社にどのようなCTOが必要なのかを見極めるのがあなたの仕事です。業界や組織の規模、ビジネスの時代によって、企業のニーズは大きく異なりますが、一般的には以下のようになります。 最高技術責任者の2つの機能に:

テクニカルリーダー は、プログラミング、クラウド型の構成、設計などの関連分野に深い専門知識を持つ熟練したプロフェッショナルです。彼らは自分でコードを書き、他の開発者が書いたコードをチェックします。この種のCTOは、テック系スタートアップに多い。

どのようなCTOを求めていますか?CTOの役割画像クレジット クレバーロード

運営管理者 はエンジニアチームの監督を担当しています。ここでいうCTOとは、プログラミングに強いハイレベルな開発者のことです。しかし、純粋に開発に関連した仕事は彼らの主な責任ではありません。オペレーショナルCTOは、コーディングよりも技術戦略の策定とエンジニアリングの管理に重点を置いています。この種のCTOは一般的に、より確立された企業と関連しています。

最後の言葉

書かれているように、CTOの役割と責任は数行では明確にはなりません。

このジレンマは、CTOは技術的な実行、運用管理、経営陣の代表者の中間に位置するポジションであるということです。非常に優秀なCTOは、これらすべてをある程度経験しています。

テクノロジー系スタートアップ企業と世界的に安定したソフトウェア企業の成功のためには、最高技術責任者(CTO)の役割が不可欠です。CTOは、技術関連のすべての課題をリードし、企業のソフトウェア製品の課題を解決するために、関連するすべてのプロセスをコントロールします。

すべての企業が CTO を必要としているわけではありませんが、少なくともこの役割は、製品やサービスの戦略と企業のテクノロジー戦略の間の調整を行うことができます。少し調べてみると、現代のCTOの多くが元開発者やプロジェクトマネージャーであることがわかります。

画像クレジット:オースティン・ディステル に於いて アンスプラッシュ

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ