テクニカルリクルーティングでコーディングテストを使う3つの方法 [tech.coへのゲスト投稿]

9月 20, 2016

Measuring coding skills is an essential step in technical recruiting. This way you can verify candidate’s programming skills and evaluate whether the developer is the right one for a job. The most common way to do it is to invite candidate to take coding test. However, be cautious in choosing the right ones. You don’t want to ask candidate algorithmic questions or verify whether they memorized book knowledge as it doesn’t bring much value for your IT team. What you are looking for is a developer that is good at coding, a real problem solver who can show their programming skills in action.

Coding tests are fast becoming an essential part of the IT recruitment process. The right programming tests can have a great influence on finding and hiring top tech talents. Check out our article 開発者募集でコーディングテストを使用する3つの方法 Tech.coに掲載されました。コーディングテストの使い方について、私たちの考えや経験を共有しています。

  1. ITスクリーニング候補者のためのツールとしてのコーディングテスト
  2. 技術面接のサポートツールとしてのコーディングテスト
  3. 積極的な候補者の経験を構築する方法としてのコーディングテスト

読んでみてくださいクリックするだけで 此処.

シェアポスト

メルマガよりも

インボックスにある有益な情報を受信して、技術者採用の詳細を確認してください。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。