技術面接の究極のガイド

技術面接は、IT職の候補者を評価するために使用されます。技術面接の目的は、職務内容に指定された要件に照らし合わせて候補者の技術的能力を評価することです。技術面接は、ポジションに特化した質問やタスクに基づいて行われることが多いです。候補者のコーディングスキル、問題への取り組み方、コミュニケーションの取り方などについての洞察を雇用主に提供します。ここでは、ベストプラクティス、技術面接のヒント、技術面接の実施方法など、技術面接について知っておくべきことをすべてご紹介します。

技術面接のやり方は?

採用担当者にとって、技術的な面接は、一般的に必要とされる技術的なスキルを持っていないために、それをクリアするのは難しいものです。このため、採用担当者は通常、技術担当者と協力して技術面接を行います。最も一般的な方法では、人事がソフトスキルをカバーし、技術担当者が技術面接を担当します。

知っておくべきこと

技術面接のコツ

候補者との時間を最大限に活用するのはあなた次第です。候補者に素晴らしい面接を経験させ、その間に候補者のスキルを十分に理解してもらうためには、いくつかのテクニックがあります。ルール#1は、質の高い候補者に集中できるように、技術面接の前にすべての不適格な候補者をスクリーニングすることです。

知っておくべきこと

技術面接コーディングの課題

技術面接のコーディング課題は、見込みのある仕事で行われる仕事をできるだけ忠実に反映させる必要があります。これは、仕事のサンプル課題を使用することによって最も簡単に達成することができます。 理論的な知識よりも実践的なスキルに焦点を当てることには多くの利点がありますが、その中でも特に高い予測妥当性が挙げられます。

知っておくべきこと

ホワイトボードインタビューの代替案

かなり長い間、技術的なインタビューは、一般的にホワイトボードインタビューと呼ばれるトリビアスタイルのインタビューのために、激しい議論の対象となっています。このタイプの面接の問題点は、暗記に重点を置いており、実際のコーディングスキルには焦点を当てていないことです。これらの欠点は、候補者の仕事の能力を予測する方法としての有用性を制限しています。

知っておくべきこと

BONUS VIDEO]トップテック人材を採用するための7つのステップ式

右のソフトウェア開発者を雇うことは非常に重要です。適切な人材を確保するためには多額の投資が必要で、もし間違った場合、最悪の場合は50万ドル近くの損失を被る可能性があります。しかし、それはそんなに難しいことではありません。このビデオでは、私たちの実績のある 7ステップ式 適切な技術者を雇用するために

Watch video

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。