2023年技術分野の雇用・人事統計76件

公開されました。 最終更新日
76 HR統計

2022年10月末までの求人数は1030万人と、過去最高だった2021年の1100万人を下回るものの、雇用市場は 屹度.伝統を守るために、2023年の最も関連性の高い雇用と仕事の統計データをまとめ、最新の傾向を浮き彫りにしました。

Deloitte, The World Economic Forum, LinkedIn, PwC, Fortune, Gartner, Salesforce, Forbes, McKinsey, TalentLMS, and Society for Human Resources Managementが数値解析に協力している。

景気後退局面でのこのような求人数の多さは、労働市場の逼迫がしばらく続く可能性を示唆している。したがって、2023年の課題は、新たな職務を創出することではなく、質の高い候補者を十分に確保し、その職務を満たすことである。

パンデミックは、あらゆる産業のあらゆる側面に新たな課題をもたらしました。労働市場は在宅勤務にシフトし、その結果は今も続いています。 アメリカ人の58% は、少なくとも週に1日は自宅で仕事をする機会があると報告しています。

推定 1億4,400万人の雇用 は、COVID-19に続いて世界的に失われましたが、依然として候補者市場であることに変わりはありません。候補者の経験に基づく行動はパズルの一部ですが、最高の組織は、従業員の現状を測定、評価し、改善するものなのです。

優秀な人材と適切な候補者を惹きつけたいのであれば、採用戦略はこれらの最新のリクルート市場調査結果を考慮する必要があります。

スキル不足

  1. スキル不足により、2030年までに世界で8500万人の雇用が失われ、その結果、年間約$8.5兆円の未実現収益が生じると言われています。(コーンフェリー)
  1. ハイテクセクターの雇用者の70%がスキル不足を予測し、24%が採用に大きな影響を及ぼすと考えています。(ロバート・ウォルターズ)
  1. 2030年には、ロシアとアメリカは最大600万人、中国はその2倍のスキル不足に陥る可能性があると言われています。(ロバート・ウォルターズ)
  1. EU企業の65%以上が、適切なスキルを持つ労働者の確保が困難であると報告しています。(ECヨーロッパ)
  1. 2021年上半期の技術系求人広告数は176,818件で、2019年の124,775件から増加し、流行前の水準を42%上回った。(テックネイション)
  1. 2020年には12.3%であった技術系欠員が、現在では英国の全広告欠員のうち13%を占めています。(テックネイション)
  1. 採用担当者は、新入社員候補に最も求められるスキルとしてデータリテラシーを挙げていますが、データリテラシースキルの取り組みを実施している教育機関はわずか48%にとどまっています。(フォレスター)
  1. G20の14カ国はデジタルスキルギャップにより$11.5兆円の累積GDP成長を逃す可能性(ランド/セールスフォース)
  1. 米国は、この分野のスキル不足により、2030年までに$162.5億円の損失を被ることが予想されます。(コーンフェリー)
  1. 46%の従業員が、2024年までに自分の現在のスキルセットが無意味になると考えています。(ディグリード)
  1. 86%の企業経営者と人事幹部が、人材の混乱に直面するために雇用主ブランディングを最優先事項として呼びかけました。(ユニバーサム)
  1. L&D担当者の64%が、スキルギャップを埋めるために現在の労働力を再教育することが今の優先事項であると回答しています。(LinkedIn)

画像クレジット LinkedIn

人材不足

  1. 企業経営者の73%が、今後3年間は人材不足が続くと予想しています。(デロイト)
  1. 企業経営者の70%が、職務経験だけを考慮するのではなく、スキル調達に工夫を凝らしていると回答しています。(デロイト)
  1. 採用担当者の63%が人材不足が最大の問題であると回答しています。(LinkedIn)
  1. 技術系社員の72%が、今後12ヶ月の間に仕事を辞めるか、他の仕事の機会を探ることを検討しています。(タレントLMS)

画像クレジット タレントLMS

  1. 不満足な採用プロセスを経験した候補者の80%が、その経験をオープンに人に話すことを明らかにし、その1/3が積極的に話すと回答しています。(LinkedIn)
  1. 55%以上の労働者が、キャリアを通じて雇用モデルを変更したことがある、または変更する可能性があると回答しています。(デロイト)
  1. 2022年3月以降、45%以上のロシア人コーダーがヨーロッパに移動しています。10%以上がグルジアに、9%がトルコに、6%がアルメニアに、そして22%以上がその他の国へ移動しているのです。(ハーバーキャリア)
  1. フォーチュン1000社のCEOのうち73%が、大辞職によってもたらされた仕事不足が今後12ヶ月の間にビジネスを混乱させると予想しています。(フォーチュン)
  1. 2030年までに、英国はIT人材の不足により、テクノロジー、メディア、テレコミュニケーション分野の潜在的な収益の9%近くを実現できないと予想されています。(コーンフェリー)
  1. 人材マネジメントの専門家の51%は、世界の教育制度はスキル不足の問題に何も対処していないと回答しています。(しゃかいしゅぎしゃ)
  1. 人事担当者の37%が、人手不足に直面するための最重要戦略として、社内でのキャリア流動性を高めると回答。(ユニバーサム)

画像クレジット しゃかいしゅぎしゃ

デジタル技術

  1. 1130万人(英国人口の21%)が基本的なデジタル技術を持たず、8%がデジタル技術を持たず、25-34歳の9%が雇用に必要なデジタル技術を持っていないと考えています。(英国政府)
  1. 87%の企業がデジタルトランスフォーメーションによって業界が破壊されると考えているが、それに備えているのは44%のみである。(デロイト)
  1. 2018年に求人票の一部として記載されたスキルの3分の1は、2022年には陳腐化している。(ガートナー)
  1. 69%の雇用主が、データサイエンスのスキルを持つ従業員を、そうでない従業員よりも好むと回答しています。(ピーワイシー)
  1. 技術系社員の91%は、現在の雇用主からもっとトレーニングを受けたいと考えている。(タレントLMS)
  1. デジタルスキルトレーニングを受けた従業員の70%が「仕事への意欲が高まった」と回答し、60%が「仕事を続けられる可能性が高まった」と回答しています。(セールスフォース)
  1. デジタルスキルを最も心配する雇用主の55%は、重要なスキルの欠如がイノベーションを妨げていると述べています。(ピーワイシー)
  1. 91%の企業が何らかのデジタル施策に取り組んでおり、87%のシニアビジネスリーダーがデジタル化を優先事項として回答しています。(ガートナー)
  1. 今後5年間で、世界の労働力は約1億4,900万人のテクノロジー関連の仕事を吸収することができると言われています。(マイクロソフト)
  1. 技術職の3人に2人が、転職市場で競争力を維持するために最も必要なスキルとして、機械学習とAIを選択。(タレントLMS)

      画像クレジット タレントLMS

  1. 将来、10ある仕事のうち9つはデジタル技術が必要になると言われていますが、現在、16歳から43歳のヨーロッパ人の44%は基本的なデジタル技術さえ身につけていないのです。(欧州委員会)
  1. デジタルな仕事のスキルの半減期はほぼ5年で、5年ごとにそのスキルの価値は以前の半分程度になることを意味します。(世界経済フォーラム)
  1. COVID-19を理由に52%の企業が投資の削減や延期を計画している一方で、デジタルトランスフォーメーションにおいてその削減を行うのは9%に過ぎません。(ピーワイシー)

ラーニング&ディベロップメント

  1. 75%以上の社員が、正式なセッションよりも、一日を通しての小さな瞬間に学びたいと考えています。(セールスフォース)
  1. 入社したばかりの新卒者を対象とした特別な研修を行っている人事担当者は46%に過ぎない。(タレントLMS)
  1. 人事担当者の72%は、L&D予算が多ければ、メンタルヘルスとウェルビーイングのトレーニングに投資すると考えている。(タレントLMS)
  1. 調査した社員の60%が、勤務時間中に学習や能力開発の機会を見つけるのは難しいと回答しています(セールスフォース)
  1. 人事担当者の77%が、今後12ヶ月以内にライフスキルに注目する可能性が高い。(タレントLMS)
  1. 70% の従業員が、学習と開発への投資を増やすことで、より幸せに、より生産的になれると回答しています。(セールスフォース)
  1. 94%の従業員が、良い学習機会を提供してくれるなら、現在の雇用者に長く勤めたいと認めている。(LinkedIn)
  1. 社内流動性が高い企業では、社員が2倍近く長く在籍しています。流動性の高い企業の平均在籍期間は5.4年であるのに対し、流動性の低い職場環境では2.9年となっています。(LinkedIn)
  1. 2人に1人が、職場の研修以外でも自主的に学習機会を求めている。(タレントLMS)
  1. L&D担当者がLinkedInで学習する時間は、アクティブな学習者よりも23%少なく、人事担当者よりも35%少なくなっています。(LinkedIn)
  1. L&D 専門家の 87% は、組織が変化に適応するための支援に、多少なりとも関与していた。(LinkedIn)
  1. 81%の従業員が、L&Dを定期的に提供するのは雇用主の責任であり、機会があれば求めるのは従業員ではないと回答しています。(タレントLMS)

  画像クレジット タレントLMS

アップスキルリングとリスキル

  1. 新技術の導入が進む中、2025年までに全従業員の50%が再教育を必要とする。(世界経済フォーラム)
  1. パンデミック前より25%多い労働者が職業を変える必要があると推定される。(マッキンゼー)
  1. アップスキリングは、2030年までに世界のGDPを$6兆円以上押し上げ、530万人の新規雇用を創出し、劇的なインパクトを与えるでしょう。(世界経済フォーラム)
  1. 退職した従業員のうち、77%の人が、キャリア開発の機会がなかったことを「退職の決め手」としています。(しゃかいしゅぎしゃ)
  1. 87%の社員が自社にスキルギャップを感じている(マッキンゼー)
  1. 求職者は、トレーニングとフレキシビリティのために、給与の最大12%を犠牲にすることを望んでいます。(ピーワイシー)
  1. 71%の労働者が、すでに自分の職務の範囲外の仕事をいくつか行っている。(デロイト)
  1. 80%の従業員が、正式なトレーニングよりも業務で学んだ方が情報をよりよく保持できると感じています。(セールスフォース)
  1. 採用担当者の28%が、従業員の能力開発を阻害する要因として、教育技術力の不足を挙げている(セールスフォース)

画像クレジット セールスフォース

  1. 65%の労働者が、新しい仕事の候補を評価する際に、雇用主が提供するスキルアップが非常に重要であると考えている。(ギャラップ)
  1. 採用担当者の59%が、AIの台頭は自社が必要とするスキルの種類に実質的または変革的な影響を及ぼすと回答。(セールスフォース)
  1. 最近アップスキリングプログラムに参加したアメリカ人労働者は、参加しなかった労働者に比べて平均8.6%(~$8,000円/年)の給与増となりました。(ギャラップ)
  1. 94%の労働者は、会社が自分のキャリアに投資してくれるなら、会社に留まるだろう。(LinkedIn)
  1. 42%の組織が、現在の従業員のスキルアップと再スキルアップのための新たな取り組みを期待しています。(コンピュティア)

スキルベースモデル

  1. スキルベース組織は、非スキルベース組織に比べて、52% より革新的で、49% より効率的で、98% よりハイパフォーマーを保持する傾向がある。(デロイト)
  1. 85%の企業経営者が、市場の変化に適応するために、組織はより俊敏な仕事の組織化方法を作るべきであると述べている。(デロイト)
  1. IT人材の市場が逼迫する中、79%の企業が格差是正のための取り組みを進めています。(CIO Dive)

画像クレジット デロイト

  1. 81%の企業経営者が、仕事は機能の境界を越えて行われるようになってきていると回答しています。(デロイト)
  1. スキルベースの採用慣行に従う企業は、交差する男女平等が10%増加するごとに、2%の収益増加を経験しています。(アクセンチュア)
  1. また、学位を持たない労働者は、学位を持つ労働者よりも34%長く職に留まる傾向がある(LinkedIn)
  2. 組織で従業員のスキルや能力を最大限に活用していると強く思う経営者は、14%に過ぎない。(デロイト)
  1. 米国では、「要件」に触れずに「責任」に言及した求人情報の方が、閲覧1件あたりの応募数が14%多い。(LinkedIn)
  1. 経営者、労働者を問わず、約75%が、スキルに応じた給与とスキルの価値に関する透明化は好ましいことであると回答しています。(デロイト)
  1. 77%の企業幹部が、従業員が適切なスキルを身につけて雇用されるようになることを組織が支援すべきであると考えています。しかし、仕事の世界の変化に対応するための新しいスキルの習得に十分な投資をしていると強く思っているのは、わずか5%に過ぎません。(デロイト)
  1. IT関連の求人情報のうち、学位取得を条件とするものは43%に過ぎません。(ハーバード・ビジネス・レビュー)
  1. 2017年から2019年にかけて、雇用主はミドルスキルの職種で46%、ハイスキルの職種で31%の学位要件を引き下げた。(ハーバード・ビジネス・レビュー)
  1. アメリカの労働者の48%は、技能訓練の機会を与えられたら新しい仕事に転職すると考えている。(ギャラップ)
  1. 労働者の59%、経営者の39%が、自分の組織は、発揮されたスキルや可能性よりも、職務経験や学歴を重視すると考えている。(デロイト)

画像クレジット ギャラップ

キーテイクアウツ

ギグ・エコノミーの普及により、労働者のスキルアップと再スキルアップのための絶え間ない戦いが、雇用者に障害を与えている。

組織は、将来的な計画を立てるために、雇用と採用の戦略を監査し、再評価し始めています。候補者体験の測定はもちろんのこと、より革新的な組織は、人材のトレーニングと開発の価値を認識しつつあります。

その結果、組織は、仕事よりもスキルを中心に据えた、仕事と労働力に関するまったく新しい運営モデルへと移行しています。採用の意思決定を職種よりもスキルに基づいて行うことで、組織は拡張性、管理性、そしてより公平性の高い運営方法を維持することができるのです。

2023年に向けて、考える材料になる。

Photo by Lukas at Pexels]

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ