自然環境でのコーディングテストで大目玉を打つ【事例

記入例 8月 26, 2015 #!31月、18 5月 2020 05:15:13 +0200p1331#31月、18 5月 2020 05:15:13 +0200p-5ヨーロッパ/ワルシャワ3131ヨーロッパ/ワルシャワx31 18am31am-31月、18 5月 2020 05:15:13 +0200p5ヨーロッパ/ワルシャワ3131ヨーロッパ/ワルシャワx312020月、18 5月 2020 05:15:13 +0200155155am月曜日=588#!31月、18 5月 2020 05:15:13 +0200p5ヨーロッパ/ワルシャワ3131ヨーロッパ/ワルシャワx312020月、18 5月 2020 05:15:13 +0200155155am月曜日=588#!31月、18 5月 2020 05:15:13 +0200p5ヨーロッパ/ワルシャワ3131ヨーロッパ/ワルシャワx312020月月、18 5月 2020 05:15:13 +0200pEurope/Warsaw5#5月18日、202#!31月、18 5月 2020 05:15:13 +0200p1331#/31月、18 5月 2020 05:15:13 +0200p-5Europe/Warsaw3131Europe/Warsawx31#!31月、18 5月 2020 05:15:13 +0200pEurope/Warsaw5# コーディングテスト, テクニカルインタビュー

After publishing a post concerning most common don’ts of hiring programmers we received some questions regarding programming tasks and the way we should verify coding 技能.

From my long-term work experience I’ve got a lot of consulting practice on 勧誘 process of programmers in some of the biggest IT companies based mostly in central-eastern Europe.

技術面接については、これまでにもたくさん書いてきました。をチェックしてみてください。 技術面接の究極のガイド.

開発者へのインタビューの課題

When I started interviewing developers there was no time for active programming and コーディングテスト. We had a lot of candidates, so we had to stick to one hour limit for every issue – soft and technical assessment as well as financial negotiations. Finally we were hiring around 5% of initial candidates. After trial period about 90% of them continued working. It was quite good conversion rate.

かなり...

But after calculating costs that were caused by inappropriate hiring decisions we realized we were wasting a lot of money. Salary, HR, office, notebooks, 年長者 developers time for kick-start, etc. Expenses additional to salary were on average almost doubling final cost.

There were three major reasons for not hiring developers after trial period:

  1. チーム内での活動ができなかったとのこと。
  2. 彼らは理論的な知識しか持っていませんでした。
  3. 彼らは予想以上に遅くまで働いていました。

それらのデメリットを全て知ることができなかったのは、面接の際にアクティブコーディングテストをサボっていたからです。本当に速くてスマートなコーディングができるかどうかを確認せずにソフトウェア開発者を雇うのは、エンジンが動くかどうかを確認せずに車を買うのと似ています。

では、たった60分でこれらの弱点をすべてチェックするにはどうすればいいのでしょうか?

答えは 簡明 – we couldn’t! We had to extend interviewing process by at least two hours. But prior to doing that we were forced to limit the number of candidates at first. We decided to make 15 minutes phone screening by asking 10-15 technical questions as well as getting to know their salary expectations. On that basis we’re inviting candidate again or not. Screening process allowed us to reduce number of next necessary meetings by almost 40%, which was worse result than we expected, but good enough for extending the time of every single interview.

候補者一人一人がチームと波長が合っているかどうか、日常的に使用しているプログラミング言語が使えるかどうかを検証するための解決策を模索してきました。プログラマーの仕事で必要とされるコーディングスキルとは別に、特にコミュニケーション能力に影響する考え方を重視しています。

ペアプログラミングは解決策になるのか?

ペアプログラミングをしよう!ということになりました。かっこいい~、両方の長所が出てきますね。受験生のうち70%くらいは想定通りでした。結果的には、1時間のコーディングセッションで、持っている知識を実際に使ってみたり、素早く情報を得る能力を使ってみたりと、私たちの厳しい特定の環境でどのように行動するかを見るには十分な時間でした。 加工時には会社の目標を達成するために妥協を余儀なくされるチームワーカーとしても、柔軟性を持っています。

Simultaneously, it also allowed us to see how they use tools, but first of all – how they can use SOLID principles in practice etc. But what with the other 30%? In fact these were people who can’t 目論見 in pairs at all. It was totally unnatural for them. Is it a big problem? When you realize that in practice you spent 5-10% of the time on pair programming you have to think through if you  can live with such 従業員  at the position you are filling 🙂

コーディングスキルをチェックするには?始めた仕事を続けさせればいいんだよしかし、一人で。面接官に見守られずにコードの一行一行にコメントをつけられずに

また、開発者にとっての自然な状態を再現することも重要です。もし候補者が自分のノートブックを使うことについて質問されたら、答えは常に「ご自由にどうぞ」であるべきです。"自由に使ってください。気持ちよくコーディングするために必要なことは何でもやってください」と答えてください。自然な環境は、ペアプログラミングや個人面接でのコーディングスキルを確認するためのあらゆるテストで絶対に必要なものである。