採用の専門家10人が予測する人事の2019年の重要なトレンド

公開されました。 最終更新日
採用の専門家10人が予測する人事の2019年の重要なトレンド

2019年はここに来て、採用に影響を与えるであろうHRの主要な採用トレンドを見てみましょう。最も重要なものを把握するために、ライアン・リアリー、ショーン・フェイヒー、リタ・メンデス、トーマス・アイモンド・ダル、シンシア・コーエン=トルジュマン、ドロタ・ピオトロウスカ、ジョナタン・ルガーン、ルーク・マッギン、トム・ウィンターを含む採用の主要な専門家に連絡を取ってみました。

専門家の方に以下の質問をしました。

"2019年に影響を与える人事の重要なトレンドとは?"

これ以上は言わずに、彼らが信じていることは以下の通りです。 

2019年の人事のトレンド:専門家による予測

クレイグ・フィッシャー, CMO + Employer Branding Leader @.  - 基調講演+GM@TalentNet 採用・人事イベント

2019年は、仕事と労働者を構成するものを、さまざまな角度から考えていきます。

仕事と責任に対するタスクと達成感

2019 trends in HR Craig Fisherアクティビティでやるべきことを明確にする。タスクは何ですか?結果は何か?それを完成させるためにはどんなスキルが必要か?例えば、数枚のウェブページを制作するために、専任のデザイナーを雇う必要はありませんが、デザインに長けた人の献身的な作業が必要であり、プログラミングに長けた人の時間が必要になります。フルタイムの社員や契約社員は必要ないかもしれません。その代わりに、外部の柔軟な人材、現在の従業員、新しい従業員候補など、利用可能な人材が仕事のポートフォリオの一部としてタスクを所有することができます。

ライアン・リアリー, CMO @毎日の採用活動

Ryan Leary trends in HRブロックチェーンのスキルの検証と洞察。ビジョンです。2019年(およびそれ以降)、採用の意思決定においては、職歴ではなくスキルが優勢になります。テクノロジーによって、採用企業は誰を採用するのか、候補者は何をどのように経験をアピールするのか、責任を問われるようになります。
スキルギャップは、ここ数年ですでに生じている以上に強調されることになるでしょう。今はまだ存在しない仕事のためのスキルが求められるようになるでしょう。そのためには、テクノロジーを駆使してスキルの検証を行い、まだ生まれていない仕事に対応できるようにすることが必要になると思います。

ショーン・フェイヒー, CEO @VidCruiter

Sean Fahey 2019 trends in HR私は、2019年には2つの大きな採用トレンドが顕著になると考えています。それは、完全なペーパーレス採用ソリューションの需要と、テキストメッセージ採用の人気の高まりです。

私が日々、採用担当者と話をしていて感じるのは、より多くのデジタル化、自動化、そして完全なペーパーレスのワークフローの必要性です。私の経験では、デジタルシステムは、管理職や幹部職を満たそうとする組織から最も多く求められます。採用担当者は近年、さまざまなデジタル採用のトレンドを取り入れていますが、2019年には、ペーパーレス化を実現するデジタル対面式面接への関心が高まると予測しています。このタイプのシステムでは、採用担当者はどのデバイスでも候補者のメモを取ったり、評価をしたりすることができるので、すべての面接で紙を使う必要がなくなります。

また、テキストメッセージによる採用活動は、特に肉体労働を目的とした従業員を雇用する組織で、近年ますます人気が高まっています。テキストは人と連絡を取るための現代的な優れた方法であり、採用担当者は何年も前からこの技術を活用してきました。2019年には、その技術はさらに進化し、より高度で自動化された機能を開発していくでしょう。特に、多くの採用システムがモバイル化されているので、その点でも注目されています。2019年には、多くの企業がこの高度なテキストメッセージ採用システムを、候補者に連絡を取り、採用するための好ましい方法として使い始めたとしても、私はショックを受けません。

リタ・メンデス, @のRecruit LeadNmbrs BV

Rita Mendes 2019 trends in HR

2019年、採用の最大のトレンドの一つは、キャンディデートジャーニーをより包括的に見る方法に焦点を当てることです。

ここ数年、ピープルアナリティクス、パーソナライゼーション、エンプロイヤーブランディングといったトピックが採用分野を豊かにしています。また、「採用」に至る前の人事プロセスも、急速かつ魅力的なペースで発展しています。

さらに、マーケティング、セールス、プロダクトデザインなどの分野にも採用を広げています。CRM、EVP、ユーザー・エクスペリエンス、ユーザー・ペルソナなどの概念が一般的になりつつあります。その結果、候補者を選考の段階(面接、評価など)でしか見ない考え方から、候補者を、紹介やキャリアページなどで企業と接触した最初の瞬間から経験を積んでいる人と見なすようになってきています。

今日、ブランドを宣伝し、タレントコミュニティを育成する方法が、明日の採用を決定づけることになります。そのため、採用選考プロセスを人間味あふれるものにするために行っている努力が、大きな影響を与えることになります。つまり、ブランドとのファーストコンタクト、タレントコミュニティ、選考プロセスを包括する候補者の旅を描くことに投資する必要があるのです。

そのためには、プロセス、人材、ツール、そして各ステップのゴールを考慮して、ジャーニーをデザインする必要があります。候補者が同じ会社とコミュニケーションをとっていると感じられるように、まとまりのある候補者体験を作ることが重要になります。

Thomas Eymond-Daru, Partner- Head of Alliances @キュービクス

Thomas Eymond-Daru 2019 trends in HR

ジョシュ・バーシンの言葉を借りれば、世界は変化しており、人事はホットシートに座っています。 新しいテクノロジーの台頭、新世代の台頭、社会的流動性への期待、人材不足、グローバル化、デジタル化など、多くのトレンドが今日の世界を形成していますが、これらはVUCA(Volatile Uncertain Complex and Ambiguous)の世界につながっています。 タレントアセスメントの専門家である私は、採用に関しては3つのトレンドが影響を与えると考えています。 1つ目は、もちろんデータです。採用担当者は、より多くの幅広いデータにアクセスできるようになり、採用の意思決定において、より質の高い予測が可能になります。 2つ目は、求職者へのパワーシフトです。雇用主は、採用プロセスをより魅力的なものにすること(魅力的かつ真正な方法でブランドをアピールすること、透明性は新たなセクシーさです!)と、より洞察に満ちたものにすること(イエスかノーかだけではなく、強みや成長の必要性について洞察を与え、キャリアガイダンスのヒントを与え、本当に気にかけていることを示すこと)を重視する必要があります。 最後のトレンドは、採用プロセスの一環として測定しているコンピテンシーが将来的にも有効であることを確認することです。 これらのコンピテンシーは、世界が変化するのと同様に変化しており、採用は、将来のビジネス上の課題に労働力を合わせるための重要なプロセスである。

この3つのトレンドに対応するためには、アナリティクスに投資することをお勧めします。 特に心理測定の分野では、すでにあるデータを使って、採用プロセスを改善できることがたくさんあります。 自社のツールが本当に役に立っていることを証明するために、プロバイダーに挑戦してみてください。 プロセスをより魅力的にするために、最新のトレンド(ゲーミフィケーション、ビデオインタビュー、バーチャルリアリティなど)の恩恵を受けるようにしましょう。 そして最後になりますが、採用に使われているコンピテンシーセットをもう一度見直してみてください。 そのコンピテンシーセットは将来性がありますか? 新しい世界で活躍するために必要なものを測定していますか? もしそうでなければ、更新することを検討すべきです。

Cynthia Cohen-Tordjman, 採用担当者 @株式会社マンナリーノシステムアンドソフトウェア

Cynthia Cohen Tordjman 2019 trends in HR好調な雇用率にデメリットがあるとは誰が考えたでしょうか。カナダの失業率は過去最低の5.8%となっており、企業も採用担当者も、優秀な人材を獲得するためにこれまで以上に努力する必要があります。

私の考えでは、そのための最良の方法の一つは、忘れがたいポジティブな候補者の体験を作ることです。このことの重要性は、ますます高まっています。採用プロセスを経験した個人は、継続的にサポートされていると感じ、感謝されるべきです。このようなアプローチは、間接的に御社へのエンゲージメントや興味を高めることにつながると確信しています。

ここでは、ポジティブな候補者体験に貢献する方法をご紹介します。

  1. 連絡先 - 採用プロセスを通じて最新情報を提供し、必要に応じて質問やフォローアップに対応します。
  2. 透明性 - 仕事内容や企業文化についての詳細や洞察を提供する。
  3. 仕事の経験 - プログラマーにとって、テストツールは、仕事で想定されるプログラミングの課題を模倣するのに役立ちます。
  4. ヒューマンタッチ - プロセスにいる人たちをお客様のように扱ってください。将来的にどのような出会いがあるかわかりません。

たとえその人が今の仕事に適していなかったとしても、その人のポジティブな経験は印象に残ります。 もしかしたら、その人を採用することになるかもしれません。

ジョナタン・ルガーン, CEO @リンゴンベリーの人材獲得, グループリーダー @Zenuity

Jonatan Rugarn trends in HR 2019- モバイルアプリ開発者(AndroidおよびiOS)のニーズは今後も継続すると思う
- かなり低いレベルからのスタートではあるが、VR/ARコンピタンスの採用に対する関心が高まっている
- 機械学習は現在のトレンドであり、2019年もその傾向は続くでしょう。
- また、特にテストオートメーションやCI/CDパイプラインのためのPython開発者の採用も継続的に必要だと考えています。
- アジャイルな働き方の能力とコラボレーションのスキルが引き続き重要になる
- デジタル化の進展に伴い、テック分野が成長。5Gとテレコムはイネーブラー
- 自動車産業、宇宙、防衛、通信などの変革により、SW開発で多くの雇用が創出される

Dorota Piotrowska, Head of People @ネットグル, CIPD Lev.7, Certified Diversity Professional

Dorota Piotrowska trends in HRThe trends that I believe will be the most seminal are increasing expectations of flexible workplace including remote work, and digitalization of collaboration and communication. The process of embracing digital nomadism in IT sector is gradually taken for granted by candidates, and companies that do not provide the tools, have no processes in place and no culture fostering such possibility, may face challenges in attracting and retaining top IT talent.
The so-called Culture 4.0 based on trust, ownership, transparency, the partnership will become one of the prerequisites of healthy future-oriented companies. Digital tools such as Slack, G-suite, Trello, Jira, and others, will, on the other hand, enable collaboration and communication in remote friendly, paperless workplaces. This is precisely how we’re building our Netguru organization culture, where 30% of people work mostly or only remotely and another 30% work half remotely, half from the office, to be able to create a modern workplace environment.

Luke McGinn, Head of Growth / Technical Recruitment @SelfKey & Founder @Amicus Elit

Luke McGinn 2019 trends in HRWe will likely see many companies reduce spending budgets and explore new and more cost-effective solutions. The big-name platforms and tools that prove to be only as useful/productive as the controller or user-operator are overpriced, and thus losing wider appeal.

Smaller outfits, like DevSkiller, that deliver more value, data, intelligence, and information will be on the rise, in growth-adoption, while service platforms like LinkedIn Recruiter will see a small-to-significant decrease in user-license sales; due to high-cost and under-performing departments.

While increased ‘intelligence’ and ‘automation’ are always valid ballot entries, they’re both obvious and common [answers]. In 2019, we should see these trends grow of course, but in what way(s) will they emerge; at companies, in tools, and for improvement of hiring and recruitment process; and thereby gain new utility and value for everyday adoption? This is truly the question.

    • For Intelligence; IMO we will start to see recruiters assume more responsibilities and ownership of the recruitment and interview full-lifecycle; resulting in the development of new skills, and fewer specializations within the hr/recruitment departments (like tech-sourcers, scheduling/coordination personnel, recruiting leads, client leads, etc.) at many large mid-size tech-companies.

    • Automation of process(es), workflow(s), and remedial task(s); researching and developing new process-management and full-lifecycle tools and resources will, in turn, raise knowledge and awareness. At Amicus Elit, we are doing this through fulfilling successful recent use-cases. For one use-case, I took on the role of sole 360° tech-recruiter at a tech startup; as employee number 5. In six months, we scaled from 5 to 32 FTEs across various technical teams and functions. And so I believe 2019 holds revelations に於いて realizations of old truths that are understated in the hiring and recruitment industrythat is to say; sometimes less is more.

These changes in 2019 and later future could result in:

  • Evolution and adoption of 360°/full-lifecycle as a norm.
  • A rise in need/demand for a ‘growth architecture’ specialist to design and implement unique models and solutions (infrastructure/process related) for companies who need to grow fast. This is proving to be a tried-and-tested approach to increasing individual and team productivity/performance/knowledge while at the same time diminishing department overhead and massive expense budgets (funding the more popular and widely recognized products and vendor solutions (in current use in company recruitment and hiring departments).

トム・ウィンター, CRO @デブスキラー

2019 trends in HR from Tom WinterIn 2019, recruiters will focus on creating a positive candidate experience, maximizing personalization, and building a strong company culture. While the U.S. unemployment is at its lowest in almost 18 years, attracting potential candidates has become harder than ever. Recruiters must devote more time to personalization and creating a positive candidate experience because most candidates are currently employed and don’t need to change jobs. When people change jobs, they do so mostly for better company culture. For that reason, strong company culture is a top priority.

This cannot be achieved without automating some most mundane tasks. Thanks to recruitment automation tools, HR professionals will be able to devote more time to creating valuable, highly targeted communication. They can also be more present where the human side of HR is most valuable, i.e. in the interview room.

Conclusion: 2019 trends in HR

While 2019 is bound some changes to the way we hire, most of these changes are a part of a bigger picture. I really hope you find these useful.

To help you make data-driven opinions, we’ve also put together a list of  70+ Human Resources statistics to guide your tech hiring in 2019.

Many thanks to all our experts! Here’s to a year of full talent pipelines and successful hires!

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ