Scalaコーディングの面接質問

DevskillerのScalaオンラインコーディングテストと面接問題は、様々な職種のScala開発者のスキルを確認するために、当社の専門家によって開発されました。弊社のScalaオンラインテストは、技術審査やオンライン面接に最適です。

DevSkiller Scala online tests are powered by RealLifeTestingtmand methodology which allows you to select developers with the highest skills.

カバーしている技術

プログラミング言語。 スカラ

ツールを構築します。 SBT

アッカ
シニア
テストされたスキル
持続時間
102 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 スカラ, 関数型プログラミング

プログラミングタスク - レベル: ハード

Scala|Akka Streams|IoTデータストリーミング - IoTセンサからのデータストリームのための時間ベースのアグリゲータを定義します。

スカラ
ジュニア
テストされたスキル
持続時間
66 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 スカラ

プログラミングタスク - レベル。簡単

Scala|Spark|ML Logs Transformer - ログの変換パイプラインの実装を完了します。

スカラ
ジュニア
テストされたスキル
持続時間
96 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 スカラ

プログラミングタスク - レベル。簡単

Scala | ScalaCalc - math library - Extend the functionality of the geometry module by implementing polygon operations.

スカラ
ジュニア
テストされたスキル
持続時間
88 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 スカラ, アッカ, スカラアクターズ

プログラミングタスク - レベル。中程度

Scala|ヘッダパーサ|簡単なScalaパーサを用意します。

アッカ
ミドル
テストされたスキル
持続時間
76 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 スカラ, アッカ, スカラアクターズ

プログラミングタスク - レベル。中程度

Scala|Akka|TCP ストリームメッセージ - TCP ストリームメッセージのクライアントハンドラを実装し、TCP ストリームメッセージを処理して結果を送信者と databaseSaverActor に返す。

Scala開発者をスクリーニングするための適切なScalaオンラインテスト

弊社のScalaのコーディングテストや面接の質問におすすめのロール

  • Scala開発者
  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • フルスタック開発者
  • ウェブ開発者
  • シニア scala 開発者
  • ジュニア scala 開発者

Scalaコーディングの面接質問の仕組み

DevSkiller Scala coding interview questions are powered by the RealLifeTestingtmand methodology. Our tests not only assess your candidates’ general knowledge but also their coding abilities in real-world situations. Analyze applicants’ development coding know-how, analytical ability, and programming efficiency.

主な特徴

  • 一般的な知識だけでなく、候補者のコーディングスキルを見極める
  • 世界中どこでも自分の都合に合わせて開催できる遠隔テスト
  • リアルライフテストtmand methodology creates a better user experience where candidates can use their own IDE, clone to GIT, run unit tests and access Stack Overlow/Github/Google for research
  • テストの正確性を保証する厳格な盗作防止ツール
  • 技術者ではない採用担当者が理解しやすい結果が自動的に生成される
  • ジュニア、ミドル、シニアの開発者のためのScalaコーディングの面接質問

Scala開発者に求めるもの

Scalaは、関数型プログラミングと強力な静的型システムをサポートする汎用プログラミング言語です。Scalaの設計は2001年にMartin Oderskyによって開始されました。Scalaの主な利点は、関数型であり、オブジェクト指向であり、あらゆるプログラミングスタイルに対応できることです。

経験豊富なScala開発者は、パターンマッチングシステムとScalaのユニークなケースクラスに関する幅広い知識を持っていなければなりません。これに加えて、熟練したScala開発者は、Scalaの主なオブジェクト指向パターンであるシングルトン、値オブジェクトパターン、遅延初期化を理解していなければなりません。

Scalaのコーディング面接の質問でカバーされているスキル

  • アッカ
  • スカラアクターズ
  • パターンマッチング
  • ビッグデータ
  • 活用法
  • ケースクラス
  • スカラテスト
  • スペック2
  • オブジェクト指向パターン

あなたが見ているものが好きだけど、もっと探していますか?

独自のコードベースを使って応募者をテストしたいですか?簡単です!Devskillerでは、オンラインタスクウィザードを使って、特定のニーズに合わせたカスタムテストを作成することができます。Devskillerでは、オンラインタスクウィザードを使って、お客様のニーズに合わせたカスタムテストを作成することができます。独自のテストをいつでも世界中の応募者に配信できます。

Want proof that our Scala coding interview questions work?

You might feel that our Scala coding interview questions sound like just what your company needs, but it is understandable to be a little apprehensive when it comes to investing your company’s finances. Take a look at what some of our clients have said about us in the past:

Victoria Cyczewska – Talent Acquisition Specialist at Stepstone Services

“We now have a tool which allows us to not only collaborate to create tests assessing technical skills we need to grow, but also to communicate internally and externally (with candidates). What is more, our technical recruitment process is now more structured. As an example, we use our technical screening results as a conversation starter during technical interviews.”

さぶぱっぷ - ベリデーでの人材獲得リード

"技術的な拒絶反応が減ったのは素晴らしいことです。DevSkillerの導入後、現時点で25%の改善が見られました。このプラットフォームは、候補者のプログラミングスキルを評価し、IT専門家の問題解決能力に論理的なアプローチを提供するのに本当に役立っています。DevSkillerのおかげで、私たちは立ち上がりの間に多くの時間を節約することができ、テストで好成績を収めた質の高い候補者を招待することができ、最終的には選考基準を改善することができました。"

パトリチャ・キルヤンスカ - Spartezでの人材獲得のスペシャリスト

"メンテナンス性の高い社内ソリューションをDevSkillerに置き換えました。私たちのプロセスは同じように見えますが、製品の方がパフォーマンスが向上しています。結果も評価しやすくなっています。

よくある質問

How are DevSkiller Scala coding interview questions evaluated?

Our DevSkiller Scala coding interview questions have been designed from start to finish, to be as automated and simple to use as possible, in order to take the pressure off recruiters. Our aim is to simplify the recruitment of developers and to quicken up the whole recruitment process.

With our Scala coding interview questions, once a candidate has completed their test, or the allocated time has elapsed, then the DevSkiller platform automatically gets to work on evaluating the results. Once the results are in, an automated report is produced on how well the candidate did, designed so that even the most non-technical recruiter will easily be able to understand.

Candidates are evaluated on their coding skills if they have made any errors and the quality of the code itself. They will also be assessed on whether the solutions they have provided would run (an essential factor in all software development). Robust plagiarism features are also implemented to ensure that results are verified and have not been plagiarized from previous tests.

How do candidates take Scala coding interview questions?

Our Scala coding interview questions are accessed remotely, from anywhere in the world. This is a great time-saver when it comes to recruitment testing as it means the candidate can take the test at their earliest convenience, with no waiting around.

When taking a test, candidates can use their favorite IDE and clone the project to GIT afterward. If they prefer, DevSkiller has our own state of the art in-browser IDE, which candidates can use to complete their Scala test. Recruiters can observe candidates taking tests in real-time if they like. During the assessment, candidates have the option to run unit tests to ensure their solutions are working in the required way, much like they would in their real development work.

DevSkillerを使うにはプログラマーである必要がありますか?

No. We have our own Scala programming experts who have designed our tests to be able to challenge expert developers, while still being simple and easy to use for recruiters who don’t necessarily know much about Scala themselves. This means you don’t have to be an expert to be able to find one for your business.

Our Scala coding interview questions are automated when it comes to evaluation and when generating progress reports for recruiters.

What’s the test duration?

All our Scala coding interview questions come ready-prepared with default settings. However, if you decide to alter the default settings, then the duration of each Scala test can be easily adjusted. For greater control, recruiters can even attach specific time-limits to each question within a test, if they desire.

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。