DevSkillerのロゴタレントブーストのロゴタレントスコアのロゴ

Security online tests and coding interview questions 

Devskillerのオンラインセキュリティインタビューの質問とコーディングテストは、経験豊富な技術者チームによって開発されました。候補者をスクリーニングするために、以下のセキュリティスキルテストの中から1つを選択してください。当社のオンラインセキュリティの質問とコーディングテストは、候補者にソースコードへのアクセス権を与えることなく、候補者の能力を評価することで、完璧な候補者を見つけるのに役立ちます。

Devskillerのオンラインセキュリティコーディングテストと面接問題は、ジュニアとミドルポジションのために用意されています。

ジュニア
テストされたスキル
持続時間
70 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 セキュリティ, デブオプス, ドッカー

テストタスク - レベル。簡単

セキュリティ|SQLインジェクション|電子商取引のウェブサイトのメールリーク - ウェブアプリケーションのSQLインジェクションリークを見つける

ジュニア
テストされたスキル
持続時間
70 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 セキュリティ

DevOpsタスク - レベル。簡単

セキュリティ|SQLインジェクション|電子商取引のウェブサイトのメールリーク - ウェブアプリケーションのSQLインジェクションリークを見つける

ジャワ
ミドル
テストされたスキル
持続時間
55 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 ジャワ

プログラミングタスク - レベル。中程度

Java|Spring Security|Secure POST - 管理者が状態を変更するエンドポイントを呼び出すことだけを許可することで、エンタープライズアプリケーションを保護します。

春のセキュリティ
ミドル
テストされたスキル
持続時間
66 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 ジャワ, クリーンコード

プログラミングタスク - レベル。中程度

Spring Security - メソッドアノテーションを使って、記事作成者だけが自分の名前で記事を作成して読めるようにするセキュアなメソッド。

春のセキュリティ
ミドル
テストされたスキル
持続時間
66 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 ジャワ, クリーンコード

プログラミングタスク - レベル。中程度

Spring Security - 現在使用されているものと同じロケールの記事のみを返すようにするためのセキュアな ArticleService。

セキュリティエンジニアをスクリーニングするための正しいセキュリティコーディングテスト

当社のオンラインセキュリティコーディングテスト・面接問題のおすすめの役割

  • セキュリティアナリスト
  • セキュリティエンジニア
  • SOCアナリスト
  • セキュリティアーキテクト
  • ITセキュリティエンジニア
  • ジュニアセキュリティアナリスト
  • ミドルセキュリティアナリスト
  • シニアセキュリティアナリスト

オンライン・セキュリティ・コーディング・テストの仕組み

DevSkiller security online coding tests and interview questions are powered by the RealLifeTestintmand methodology. Our selection of security tests will assess applicants’ knowledge in penetration testing, DevOps. Java, CleanCode, and much more. Our online security tests and interview questions will not only test general knowledge but also coding skills, problem-solving ability, and time management.

主な特徴

  • テスト開発者のコーディング能力は学術的な知識だけではない
  • 世界中のどこからでも、いつでも応募者をリモートでテストすることができます。
  • リアルライフテストtmand methodology creates a better user experience where candidates are given real systems to find and fix vulnerabilities in
  • 正当かつ正確な検査結果を保証する厳格な盗作防止ルール
  • 自動的に生成される非テクニカルフレンドリーなレポート
  • セキュリティのオンラインコーディングテストとジュニアとミドルのための面接問題

セキュリティエンジニアに求めるもの

セキュリティエンジニアの第一の目標は、サイバー攻撃に備えることです。特に、有能なセキュリティエンジニアは、安全でない手順を修正したり、ソフトウェアやハードウェアの更新ポリシーを適用したり、様々なシステムやデータへのアクセス制御を設計したりすることができなければなりません。

また、ドメイン固有の問題も理解しておく必要があります。これには、ソーシャルエンジニアリング、フィッシング、バッファオーバーフロー、XSS、ゼロデイ、メタスプロイトなどが含まれます。最後に、セキュリティエンジニアは、侵入防御/防止システムやセキュリティ情報およびイベント管理システムを理解している必要があります。

独自のカスタムテストを構築してみませんか?

独自のコードベースを使ってカスタムテストを構築したいですか?問題ありません。Devskillerのオンラインタスクウィザードを使えば、特定のニーズに合わせて独自のセキュリティテストを作成することができます。便利で正確なコーディングテストを世界中の応募者に配信しましょう。

Want proof that our Security online tests work?

Knowing the best way to invest your business’s finances can be daunting, particularly if that investment is in something new like our screening tool. After all, DevSkiller security tests are different from conventional development testing. Rather than us convince you then, read what our customers have had to say:

リチャード・ウィリアムズ - ぷるとらのエンジニアリング担当副社長

"選考段階を自動化したおかげで、面接率を50%下げることができました。同時に、面接段階に進む候補者の質も格段に向上しました。DevSkillerは、当社の技術者採用プロセスに質の高い層を追加してくれました」と述べています。

ジュリアン・ゴーティス タレントアクイジションマネージャー(EMEA) at Criteo

"当社では、3つのリージョン(US/APAC/EMEA)を中心に15拠点でDevSkillerを利用しています。地域をまたいでTA(リクルーター)に7人のフリークエントユーザーがおり、技術採用マネージャーのユーザーは現在のニーズに応じてローテーションしています。30人以上のユーザーが、課題を確認したり、テストを作成したりするために一度はプラットフォームにログインしています。"

さぶぱっぷ - ベリデーでの人材獲得リード

"技術的な拒絶反応が減ったのは素晴らしいことです。DevSkillerの導入後、現時点で25%の改善が見られました。このプラットフォームは、候補者のプログラミングスキルを評価し、IT専門家の問題解決能力に論理的なアプローチを提供するのに本当に役立っています。DevSkillerのおかげで、私たちは立ち上がりの間に多くの時間を節約することができ、テストで好成績を収めた質の高い候補者を招待することができ、最終的には選考基準を改善することができました。"

よくある質問

RealLifeTestingとはtmand?

DevSkiller is leading the way when it comes to developer testing because we implement the RealLifeTestingtmand methodology into our Security online tests. RealLifeTestingtmand works by recreating a developer’s actual work environment through simulation, with test candidates then being presented with realistic challenges to overcome.

Security online test candidates are evaluated based on the accuracy of their coding, the speed of their responses, and their critical thinking skills. Rather than simply reciting algorithms and coding patterns, candidates will be expected to perform in the same manner as they would in the developer role itself. There can be no hiding away. The developer candidates that are most adept and who show the most understanding when it comes to Security, are those who will progress.

DevSkillerを使うにはプログラマーである必要がありますか?

No, you don’t need to be an expert in Security development yourself. We have our own experts who have designed our Security online tests, doing the hard work for you. Our aim is that company recruiters who aren’t experts can be confident in hiring the right people for the role, without needing to be well versed in Security development themselves.

Our DevSkiller Security tests accurately verify the technical skills of each candidate and present the recruiter with the results in an easy to understand, automated report. This will give you a detailed account of the strengths and weaknesses of each test subject, all while still in the initial screening stage.

受験生はどのように試験を受けるのですか?

DevSkiller Security tests can be accessed remotely. In a world becoming increasingly more dependent on remote working, in-house developer testing is slowly becoming a thing of the past.

Our Security tests are accessed online and can be taken from anywhere, at the convenience of the candidate. Tests are issued with time-limits to create a level playing field and even individual questions can be given set durations.

When working on the tests themselves, candidates can use their favorite IDE and then clone the project to GIT. Alternatively, if they prefer, they can use DevSkiller’s own state of the art in-browser IDE to complete the project. During the assessment, much like with their real development work, candidates can run unit tests to ensure their solutions are working.

試験期間は?

Test duration is flexible depending on you, the recruiter. Our Security online tests come set with default settings, which can be altered to suit your requirements if necessary. Recruiters can control the duration of the tests, set individual time-limits for certain questions within a test, and even make test invites active for only a certain amount of time if desired.