Pythonの面接問題とテスト

DevSkillerのPythonコーディングの面接問題とテストは、実際のコーディング課題に基づいています。つまり、候補者が仕事で直面するであろうタスクを提供し、その結果を利用して、候補者が成功する可能性がどの程度あるかを確認することができます。

Pythonは、汎用性と生産性の高さから多くの開発者に支持されている、汎用的に使用される解釈型の高レベルプログラミング言語です。

私たちのPythonコーディングの面接問題とテストは、あなたがPython開発者のオープンポジションの候補者をスクリーニングするのに役立つ確実な方法です。Pythonのスキルを効率的に評価することができ、無意識のバイアスの影響を一切受けません。

試験が終わると、読みやすい受験者レポートが送られてくるので、点数で受験者の結果を比較したり、もう少し詳しく掘り下げてみたりすることができます。

カバーしている技術

プログラミング言語。 パイソン

Pythonのフレームワークとライブラリ。 Django、Pandas、NumPy、Flask

ツールを構築します。 セットアップツール

パイソン
ミドル
テストされたスキル
持続時間
120 分以内
評価
自動
テストの概要

選択問題

知識評価 パイソン

プログラミングタスク - レベル。中程度

Python|車両販売レポート - 車両販売データウェアハウスに基づいてレポートを作成するアプリケーションを実装します。

Pythonの面接問題とテスト

DevSkillerのPythonの面接問題とテストは、採用担当者が適切なPython開発者を見つけることを支援するために特別に設計されています。従来の面接だけでは、開発者を正確にスクリーニングし、スキルを評価することは難しいため、当社のPythonオンラインテストは、独自のPythonコーディングチャレンジと面接問題を通して、応募者の能力を正確にスクリーニングするように構成されています。

DevSkiller の Python オンラインテストは通常のアルゴリズムテストとは異なり、RealLifeTesting™ の手法を採用しています。この方法論は、実世界のシナリオを再現し、制御されたテスト環境の中で克服すべきタスクや課題をPython開発者に提示するという点でユニークです。これは、採用の最初のスクリーニング段階から候補者のスキルセットを正確にテストすることが可能であり、時間とコストを節約することができることを意味します。

Pythonの面接質問におすすめの役割

  • ジュニアPython開発者
  • Pythonのミドル開発者
  • シニアPython開発者
  • データアナリスト
  • ソフトウェアエンジニア
  • ウェブ開発者
  • ソフトウェア開発者
  • シニアソフトウェアエンジニア

どのようにDevSkiller Pythonのインタビューの質問とオンラインテスト

弊社のPythonオンラインテストの原動力となっているのはRealLifeTesting™の方法論で、採用担当者はPythonを使って候補者のスキルを正確に評価することができます。これにより、採用担当者は候補者の批判的思考の評価、時間管理能力のテスト、Pythonコードのテストをより簡単に行うことができます。

DevSkiller Pythonコーディングチャレンジの大きな時間短縮の特徴の1つは、テストがリモートでアクセスできることです。これは、受験者が最も都合の良い時間にテストを受けることができることを意味します。 テストが提出されると、DevSkillerは結果の評価を開始し、技術的ではないレポートが作成されて採用担当者に送られます。

主な特徴

  • Pythonコーディングの課題は、開発者の学力だけではなく、Pythonのコードをテストします。
  • リモートテストで時間とコストを節約
  • RealLifeTesting™の方法論は、受験者が自分のIDEを使用したり、GITにクローンを作成したり、ユニットテストを実行したり、Stack Overflow/Github/Googleにアクセスして研究をしたりすることができる、より優れたユーザー体験を提供します。
  • テスト結果の信頼性を確保するための盗作防止ツールの導入
  • Pythonのオンラインテストをリアルタイムで観察
  • 技術者でない採用担当者にもわかる自動化された結果
  • 初心者・中堅・上級者向けのPythonチャレンジ

Pythonコーディングチャレンジでカバーしているスキル

  • データ分析
  • パンダ
  • パイソン
  • ジャンゴ
  • Django REST フレームワーク
  • パイソン3.x
  • コンピュータビジョン
  • 機械学習
  • ピートーチ
  • クラッド
  • Pythonを使ったデータ分析
  • データサイエンス
  • 次元モデリング
  • シービーブイ
  • モデルフォーム
  • Python 3.7
  • フラスコ
  • シーエスエス
  • 日付
  • 約束事
  • ナムパイ
  • ウェブ開発
  • パイソン
  • 正規表現
  • アルゴリズム
  • ストリーミングデータ
  • ユニットテスト
  • データ抽出
  • オーシーアール
  • ピーディーエフしょり
  • ウェブスクレイピング
  • Django 1.10
  • WCAG2.

Python開発者に求めるもの

DevSkillerのPythonコーディングの課題を採用プロセスに導入することで、手続きは確実に早くなりますが、適切な候補者を採用するためには、Python開発者に何を求めるべきかを知る必要があります。

Pythonには様々な用途があり、Python開発者は再利用可能な品質のコードを作成することが求められることが多いため、コーディングに熟練している必要があります。Pythonの開発者は、バックエンドコンポーネントの開発を含むサーバーサイドのWebアプリケーションのロジックを書きます。つまり、Python開発者は、品質の高いアプリケーションを設計して実装し、それらのアプリケーションを他のサードパーティのウェブサービスと接続し、フロントエンド開発者の作業をPythonで統合してサポートする方法も知っておく必要があるということです。

Pythonに関しては、Webフレームワークも重要です。正しいPythonの候補者は、主なWebフレームワーク、オブジェクトリレーショナルマッパー、マルチプロセスアーキテクチャ、RESTful APIの知識を持っている必要があります。

最後に、Python開発者候補者がシステム管理、スクリプト、データストレージソリューションの実装、Javaのような他のプログラミング言語の知識などのスキルを持っていることを示している場合も有益です。

Python のコーディングチャレンジをもっと知りたいですか?

DevSkiller の Python コーディングチャレンジからさらに多くのものを得たいのであれば、Python のオンラインテストをカスタマイズしてみてはいかがでしょうか?私たちの Python テストは、テストを可能な限り迅速かつ簡単に開始できるようにデフォルトの設定で準備されています。しかし、もしあなたに技術的な知識を持っている人がいれば、これらのデフォルト設定をあなたのニーズに合わせて簡単に適応させることができます。つまり、Pythonオンラインテストのために割り当てられた時間を設定したり、難易度を変更したり、各問題の制限時間を設定したりすることができます。また、必要に応じて受験者をリアルタイムで監視することで、テストを受けているときに受験者を観察することもできます。DevSkillerのPythonコーディングチャレンジは、新しい開発者を簡単に探すことができます。

Pythonの面接の質問が機能していることを証明したいですか?

DevSkiller Pythonのコーディングチャレンジは、Python開発者をスクリーニングするための効果的かつ効率的な方法ですが、私たちの言葉を鵜呑みにせず、クライアントの声を読んでみてください。

マイケル・ガーウィグ エイダヘルスのエンジニアリングマネージャー

"DevSkillerのおかげで、すでに適合する可能性の高い応募者のための貴重な現場時間を節約できました。以前は技術的なタスクで応募者と一緒に過ごしていた時間が、候補者1人あたり3時間短縮されました。"

マグダレーナRogóż - コディラの副マーケティングマネージャー

"DevSkillerを使ってテストの採点をすることで、2倍の費用対効果が得られる一方で、生徒にはより良いテストを提供し、将来の採用試験に向けての準備をさせています。"

パトリチャ・キルヤンスカ - Spartezでの人材獲得のスペシャリスト

"メンテナンス性の高い社内ソリューションをDevSkillerに置き換えました。私たちのプロセスは同じように見えますが、製品の方がパフォーマンスが向上しています。結果も評価しやすくなっています。

よくある質問

RealLifeTestingTMとは?

RealLifeTestingTMは、すべてのDevSkiller Pythonコーディングチャレンジの背後にある方法論です。この方法論は、開発者が日常業務で遭遇する可能性の高いシナリオに似たシナリオをシミュレートすることで開発者をテストするのが良いというシンプルな考えに基づいています。そして、彼らに提示された課題に対して彼らがどのように反応するかに基づいて彼らを評価することができます。このユニークな方法により、採用担当者は、どの候補者がその職務で成功するために必要なスキルを持っているかを明確に把握することができます。成功した候補者は、Pythonの明確な知識を示し、問題に遭遇したときに最も効率的な解決策を提示するために必要な批判的思考スキルを持っている人です。

DevSkiller Pythonのコーディング課題を設定するにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

DevSkillerは非常に簡単に設定でき、できるだけ簡単に始められるように設計されています。弊社のPythonコーディングチャレンジはデフォルト設定で用意されていますので、設定に問題がなければ、最短5分で候補者のテストを開始することができます。Devskillerの豊富な定義済みPythonコーディングチャレンジのライブラリは、アカウントが設定されるとすぐに候補者のテストを開始できることを意味します。

DevSkiller Pythonのオンラインテストについて、受験生はどのように考えていますか?

テストを受けた開発者候補者からのフィードバックは、圧倒的にポジティブなものです。

これまで多くの候補者が、開発者が日常業務で実際に使用しているスキルをテストしないアルゴリズムテストを受けることで、開発者を後回しにしてきたようです。DevSkillerのPythonコーディングチャレンジは、これを一新し、開発者候補者がコーディングやソフトウェア開発のスキルを発揮する機会を提供しています。

開発者はまた、DevSkiller のテストでは、ユニットテストのような通常のコーディングツールや慣習を使用し、個人的な IDE から GIT へのクローンを作成している点も気に入っています。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ