ジャワ
ジュニア

ブッククラブミーティングサービス テスト ジュニアJava開発者

全体的な年功序列
ジュニア
テスト期間
29分
評価
自動
テスト済みのスキル。

テストの概要

様々なタスクを組み合わせてテストを行います。 プログラミングタスクとチョイス問題。 すべて自動で評価されます。

タスクの種類

プログラミングタスク

Java|ブッククラブ・ミーティング・サービス - ブッククラブ・ミーティング・サービスの不具合を修正しました。

レベル。 易しい

テスト済みのスキル。 ジャワ

選択問題

Javaの知識を問う選択式の問題

レベル。 中型

テスト済みのスキル。 ジャワ

選択問題

Javaの知識を問う5択問題

レベル。 易しい

テスト済みのスキル。 ジャワ

自動評価

多肢選択テストやプログラミングの課題を自動的に採点し、候補を評価します。 論理的な正しさ、時間効率、コード品質のためのコード。

技術系採用担当者向けオンラインジュニアJavaプログラミングテスト

プログラミング・テストは、候補者がどのような知識を持っているかを発見することができる、開発者を選別するための強力なツールです。Devskiller社のJunior Javaプログラミングテストは、様々なフレームワークやライブラリの知識を持った優秀な開発者を探している場合に最適な選択肢です。

このJavaプログラミングテストは、技術力の評価を迅速に行うことができるため、技術系の採用担当者が優秀な人材を見つけて採用するのに役立ちます。ジュニアJavaプログラミング・テストは、技術系候補者のスクリーニングに最適なツールとなります。通常は仕事に追われている開発者を巻き込むことなく、迅速かつ効果的に実施することができます。

DevskillerのテストはRealLifeTesting™の手法を採用しているため、候補者が実際の職場環境でパフォーマンスを発揮する様子を見ることができます。 

Junior Java Developerの候補者を選別するためのデザイン

当社のJunior Java Developerテストを利用すれば、約1~2年の経験を持つ開発者のスキルセットを確認することができます。もちろん、この上級レベルに達するために必要な経験年数は、複数の要素に依存するため、暫定的な扱いとなります。

このJunior Javaプログラミングテストは、以下の職種の候補者を評価するために使用できます。

  • ジュニアJava開発者
  • ジュニアJavaプログラマ
  • ジュニアJavaソフトウェアエンジニア
  • ジュニアJavaソフトウェアプログラマー
  • ジュニアJavaソフトウェア開発者 
  • ジュニアバックエンドJava開発者

技術審査と面接のためのJavaオンラインテスト

Junior Java Developerテストには様々な用途がありますが、その中でも重要なのは、技術審査とオンライン面接です。ある開発者があなたの組織で何ができるのか、あるいはできないのかを理解するためには、その開発者の言語、フレームワーク、ライブラリの上達度を把握する必要があります。当社のテストは、Javaのスペシャリストによって開発されているため、採用活動の初期段階で開発者を巻き込む必要はありません。効率的な技術審査プラットフォームがあれば、社内の開発者が候補者にかける時間を制限し、ボトルネックを作らないようにすることができます。

Devskiller Javaプログラミングテストの利点

あなたの会社で募集しているポジションに優秀な開発者を獲得するには、他の人が先にオファーを出してしまう可能性があるため、迅速に対応する必要があります。弊社のJunior Java programming testを利用すれば、テストの招待状をメールで送信し、結果がダッシュボードに表示されるのを待つだけです。これは、候補者のスキルをチェックするための、迅速で安全かつ簡単な方法であり、通常よりもはるかに早く意思決定を行うことができます。

Devskillerが使いやすい理由はここにあります。   

  • さまざまな職種のための定義済みテストライブラリを活用 - コーディングに精通していなくてもうまく利用できます。
  • 候補者の結果に関する詳細なレポートを得ることができ、結果を匿名化して採用プロセスから無意識のバイアスを取り除くことも可能です。
  • LiveSkiller™で候補者のスキルを確認する 
DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ