ジャワ
ジュニア

レースコーディネーター テスト ジュニアJava開発者

全体的な年功序列
ジュニア
テスト期間
四十八分
評価
自動
テスト済みのスキル。

テストの概要

様々なタスクを組み合わせてテストを行います。 プログラミングタスクとチョイス問題。 すべて自動で評価されます。

タスクの種類

プログラミングタスク

Java|Race Coordinator - Legクラスにメソッドを実装し、javadocとユニットテストに従ってRaceクラスにメソッドを実装します。

レベル。 易しい

テスト済みのスキル。 ジャワ

選択問題

CleanCodeとJavaの知識を評価する6つの選択問題

レベル。 易しい

テスト済みのスキル。 CleanCode, Java

自動評価

多肢選択テストやプログラミングの課題を自動的に採点し、候補を評価します。 論理的な正しさ、時間効率、コード品質のためのコード。

技術系採用担当者向けオンラインジュニアJavaプログラミングテスト

当社のジュニアJavaプログラミングテストは、技術系人材獲得の目標達成に大いに役立ちます。採用活動では、候補者のスキル、個人的な特性、文化的な適合性など、さまざまな角度から候補者を見ます。候補者のプログラミングの知識を確認することは、技術者の採用プロセスの中で重要な要素であり、早い段階で実施する必要があります。しかし、履歴書だけで優秀な開発者を見落とさないようにすることは非常に重要です。疑わしい場合は、テストへの招待状を送り、彼らがうまく実行できるかどうかを検証すればいいのです。 

Devskillerテストがあれば、ソーシングのための時間を確保することができます。しかも、回答は自動的にチェックされるので、さらに時間の節約になります。テストを選び、招待状を送り、結果が出るのを待つだけでいいのです。Devskiller Junior Java programming testは、弊社のJavaスペシャリストによって開発されていますので、すべての結果が信頼できるものであることをご安心ください。

RealLifeTesting™の方法論を用いて、私たちのテストは、優れた予測有効性を持つワークサンプルに基づいて、潜在的な従業員を検証します。 

Junior Java Developerのスキル審査に尽力

このJunior Java Developerテストは、1~2年程度の経験を持つ開発者のスキルをチェックするのに使えます。もちろん、このレベルの上級者になるために必要な経験年数は、複数の要素に依存するため、暫定的に扱う必要があります。

ジュニアJavaプログラミングテストは、以下の職種の開発者を選別したい場合に有効です。

  • ジュニアJava開発者
  • ジュニアJavaプログラマ
  • ジュニアJavaソフトウェアエンジニア
  • ジュニアJavaソフトウェアプログラマー
  • ジュニアJavaソフトウェア開発者 
  • ジュニアバックエンドJava開発者

技術職採用のためのジュニアJavaプログラミングテスト

Javaは、複数のフレームワークやライブラリを持つ最も人気のあるプログラミング言語の一つです。私たちのJunior Javaプログラミングテストを使用すると、その知識を徹底的に確認することができます。 

Devskiller Javaプログラミングテストの資産

当社のJunior Javaプログラミングテストは、さまざまなタイプのタスクを使って候補者のスキルセットをチェックするのに役立つツールです。RealLifeTesting™を搭載したこのテストでは、候補者が実際の職場環境でパフォーマンスを発揮できるかどうかがわかります。候補者が引き抜かれないように、採用プロセスの初期段階でスクリーニングを行うことをお勧めします。

なぜDevskillerが役に立つのかを確認する。   

  • ご質問があれば、いつでもご相談に応じます。
  • すぐに使えるタスクを利用したり、独自のタスクを追加することができます。
  • サードパーティサービスとの連携
[Ebook] (英語)
[Ebook] (英語)
DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ