ジャワ
ジュニア

エンティティのマッピングと検証 テスト ジュニアJava開発者|JPA, Hibernate

全体的な年功序列
ジュニア
テスト期間
110分
評価
自動
テスト済みのスキル。

テストの概要

様々なタスクを組み合わせてテストを行います。 プログラミングタスクとチョイス問題。 すべて自動で評価されます。

タスクの種類

プログラミングタスク

Java|JPA/Hibernate|エンティティのマッピングと検証 - com.devskiller.modelパッケージのクラスをJPA/Hibernateエンティティにして、Bean Validation APIの検証を行います。

レベル。 易しい

テスト済みのスキル。 Hibernate、Java、JPA

選択問題

Java、JPAの知識を問う3択問題

レベル。 中型

テスト済みのスキル。 Java、JPA

選択問題

Javaの知識を評価する3択問題

レベル。 易しい

テスト済みのスキル。 ジャワ

自動評価

多肢選択テストやプログラミングの課題を自動的に採点し、候補を評価します。 論理的な正しさ、時間効率、コード品質のためのコード。

Junior Java Developerのテストとインタビューの質問

このJunior Javaプログラミングテストは、優秀なJunior Java Developer候補者のスキルを見つけ出し、確認するための重要なツールです。このJavaスキルテストを受けた後は、どの候補者を次の直接面接に招待すべきかを正確に確認することができます。

これは、DevskillerのRealLifeTestingTM手法によるものです。JavaオンラインテストやJavaインタビューの質問は、ジュニアJavaデベロッパーが入社初日に行う実際のタスクを反映していることが基本となっています。抽象的な概念を超えて、初日からビジネスロジックとコーディングスキルを適用する能力の正確なサンプルを提供しています。

ジュニアJava開発者の役割に最適

このオンラインJavaプログラミングテストは、1年から2年の経験を持つJunior Java DeveloperのJava開発者スキルをテストするのに最適です。もちろん、開発者のスキルセットを理解するためには、単に業界での開発者の経験に頼るだけでは十分ではありません。そのため、Junior Java Developerの候補者にオンラインJavaプログラミングテストを与えて、彼らのJavaスキルをチェックすることが不可欠なのです。

このJunior Javaオンラインテストは、以下の職種の候補者を選別するのに役立ちます。

  • ジュニアJava開発者
  • ジュニアJavaプログラマ
  • ジュニアJavaソフトウェアエンジニア
  • ジュニアJavaソフトウェアプログラマー
  • ジュニアJavaソフトウェア開発者
  • ジュニアバックエンドJava開発者

Javaのスキルを評価するためにDevskiller Junior Javaオンラインテストを利用すべき理由

当社のJavaオンラインテストは、すでに様々な業種の多くの企業で、Java開発者のJavaスキルをテストするために使用されています。すでにこれらの企業では、不必要な面接を65%削減することで、採用までの時間を60%短縮しています。Devskillerのスクリーニング方法は、ジュニアJava開発者のスキルを評価する最適な方法であることが何度も証明されています。

技術系の採用担当者が、優れたJavaオンラインテストを必要とする理由 

RealLifeTestingTMの手法を用いたこのJunior Javaオンラインテストは、他のJavaプログラミングテストや基本的なJava面接問題よりも一歩進んで、Junior Java開発者が持つスキルの核心に迫るものです。

Devskillerのお客様は、IT採用プロセスが以下のように改善されます。  

  • Junior Java Developerの採用にかかる時間が60%短縮されました。
  • 65%の不要な面接に別れを告げる
  • より早く、より正確に候補者をスクリーニング
DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ