ジャワ
ミドル

書籍推薦サービス テスト ミドルJava開発者

全体的な年功序列
ミドル
テスト期間
三十七分
評価
自動
テスト済みのスキル。

テストの概要

様々なタスクを組み合わせてテストを行います。 プログラミングタスクとチョイス問題。 すべて自動で評価されます。

タスクの種類

プログラミングタスク

Java|Book Suggestions Service - BookSuggestionServiceクラスのすべてのメソッドを、言及された要件を満たすように実装します。

レベル。 中型

テスト済みのスキル。 ジャワ

選択問題

APIやJavaの知識を問う6択問題

レベル。 中型

テスト済みのスキル。 API, Java

自動評価

多肢選択テストやプログラミングの課題を自動的に採点し、候補を評価します。 論理的な正しさ、時間効率、コード品質のためのコード。

完璧なオンラインMiddle Java Developerテスト

ネットで開発者向けの面接での振る舞い方のヒントを調べてみると、「自信を持て」とアドバイスされているのがわかります。しかし、候補者の自信が自動的にJavaの専門家であることにつながるわけではありません。面接に候補者を招待する前に、Middle Java Developerのオンラインテストで候補者をテストするようにしましょう。そうすれば、不要な面接の回数を減らし、結果として多くの時間を節約することができます。 

私たちのテストは、候補者がこのポジションに必要なスキルを持っているかどうかを検証し、コードの品質をチェックします。 

Java開発者のスキルセットを審査するためのデザイン

このMiddle Java Developer試験は、3年以上の実務経験を持つJava開発者を対象に、当社の主題専門家チームが作成したものです。もちろん、そのような実務経験のない受験者でも、前職や学習の速さによっては解くことができます。  

このMiddle Javaプログラミングテストは、以下の職種の候補者をスクリーニングするのに役立ちます。

  • ミドルJava開発者
  • ミドルJavaプログラマ
  • ミドルJavaソフトウェアエンジニア
  • ミドルJavaソフトウェアプログラマー
  • ミドルJavaソフトウェア開発者 
  • ミドルバックエンドJava開発者

中級Java開発者向けのインタビュー質問とテスト

開発者を採用する際には、理想的な候補者が持っていなければならないスキルセットを非常に正確に把握しなければなりません。悪い開発者を雇うと高くつきますが、技術審査プラットフォームを使うことで誤採用のリスクを下げることができます。  

Devskillerテストのメリットとは

このMiddle Java Developerのテストは、2つの異なるタイプのタスクから構成されています。1つ目のタイプは選択問題で、受験者は正しい答えを選ばなければなりません。2つ目のタイプは、受験者がコードを書くことになっているプログラミングタスクです。当社のテストでは、コードの品質と機能を自動的に検証しますので、プログラミングのスキルがなくても結果を理解することができます。

私たちのテストが理想的な選択である理由   

  • RealLifeTesting™方法論は、スキル評価を仕事の1日目のようにします。
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース 
  • 完全にカスタマイズ可能なテストとタスク
DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ