DevSkiller社とVidCruiter社が提携し、オンラインでの採用活動を簡素化

公開されました。 最終更新日
VidCruiterとDevskillerのパートナーシップ

DevskillerはVidCruiterと提携しました。

Devskiller社は、カナダのオンライン採用会社VidCruiter社と提携し、技術者採用の限界を超えようとしています。

DevSkiller TalentScoreはすでに強力なツールであり、実際にこの種の市場で最も強力なツールの一つです。TalentScoreは、採用担当者に開発者を自動的にスクリーニングする機能を提供し、数を減らして優秀な候補者だけを選び出すことができます。私たちの現実的な コーディング テスト は、開発者の実際の業務を反映しており、評価は自動的に行われます。TalentScoreは、あらゆるテクノロジー企業の採用プロセスに革命を起こすことができる貴重なツールです。

しかし、VidCruiterでは、それ以上のものを提供することができます。

「我々の顧客が使用し、信頼することができる重要な雇用前のスクリーニングソリューションを提供する、志を同じくする企業と提携できることは素晴らしいことです」と述べています。

JF Poirier, Head of Partnerships at VidCruiter

VidCruiterとは?

VidCruiterは10年以上にわたり、世界中の候補者を採用したい企業にビデオインタビュー技術を提供することに特化してきました。録音済みのビデオインタビューや、企業がすでに実施している採用プロセスに適合するようにカスタマイズされた技術を提供しています。また、どのようなデバイスでも、どのような言語でも利用可能なソフトウェアを提供しています。

VidCruiterのミッションは

 "お客様が、最も効率的で費用対効果の高い方法で、最高品質の人材を提供するカスタマイズされた採用プロセスを構築するお手伝いをすること"

DevSkiller社とVidCruiter社の提携について

DevSkillerとVidCruiterのパートナーシップは、我々のクライアントに大きな利益をもたらし、採用を希望する候補者にとっては、より迅速で合理的な候補者体験となります。

次の戦力となる人材を採用したいと考えている採用担当者にとって、両社のコラボレーションは様々なメリットをもたらします。

例えば、ビデオインタビューを行うVidCruiter社のクライアントは、VidCruiter社のプラットフォームから直接DevSkillerのコーディングテストにアクセスできるようになります。また、候補者のデータをVidCruiterからDevSkillerに自動的に送信し、プロファイルの作成に役立てることができるようになりました。

その他の特典として、以下のものがあります。

  • TalentScoreのテスト結果と評価は、VidCruiterにシームレスにフィードバックされます。
  • 開発者の評価は、ビデオ(録画またはライブ)を使って監督することができます。

「我々は、DevSkiller社と提携し、我々の提供するサービスのギャップを埋め、我々の共通の顧客に、より強固な雇用前テストのオプションを提供できることを嬉しく思います。彼らのサービスは、採用パイプラインの流れを妨げることなく、専門的なコーディング評価を通じてVidCruiterユーザーに価値をもたらします。"

JF Poirier, Head of Partnerships at VidCruiter

なぜ、このように盛り上がっているのか?

DevSkillerでは、企業にとっても候補者にとっても優れた採用プロセスを実施することの重要性を理解している、志を同じくする企業と一緒に仕事ができるのは、いつも素晴らしいことです。

このパートナーシップの目的は、企業が採用プロセスを改善するために利用できる範囲を拡大することです。技術的な評価と候補者のビデオモニタリングを組み合わせることで、私たちのツールを利用する採用担当者に、候補者のスキルをこれまで以上に明確に示すことができるようになると期待しています。

VidCruiterが自由に使えるツールには以下のものがあります。

  • 使いやすい録音済みのビデオインタビューシステム
  • インタビューを録画できるライブビデオインタビューシステム
  • オートメーション・スケジューリング・システム
  • 自動リファレンスチェックソフト

これらの素晴らしい資産を、DevSkiller TalentScoreの自動スクリーニングと候補者評価の既存のツールと組み合わせることができるということは、採用担当者は候補者を自動的にスクリーニングし、優秀な候補者をオンライン(事前録画またはライブ)で面接し、そのスキルをテストすることができるということです。すべてはオフィスを離れることなく。

"DevSkiller社では、企業と候補者双方にとっての採用の重要性を理解している動画採用パートナーを得られたことを嬉しく思っています。また、時代の流れに乗り遅れないようにしたいと考えているお客様にとっても、非常に大きなメリットをもたらしてくれる企業です。"

Todor Papic, Head of Partnerships at DevSkiller

採用担当者にとっては、これまで以上に仕事がしやすくなります。採用担当者が信頼できるツールを使って採用プロセスが自動化されればされるほど、適切な候補者を迅速に絞り込むことができます。

 候補者自身にとっても、採用段階での待ち時間が少なくなります。候補者の体験は、迅速に、組織的に、効率的に行われます。しかも、その多くは自宅で行うことができます。候補者は、たとえライブの面接であっても、もはや家を出る必要はありません。

概要

DevSkillerやVidCruiterのような企業が共に技術者採用の限界を押し広げることで、技術者採用担当者の仕事は容易になります。候補者の体験は向上し、技術系企業は適切な人材を見つけるための時間と費用をこれまで以上に節約できるようになるでしょう。

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ