How to test coding and programming skills – a review of the best methods

公開されました。 最終更新日
プログラミングのスキルを評価する方法 - ベストな方法のレビュー ブログ

ソフトウェア開発者を募集するための費用がかかることを知っていましたか? $60kと高いことがあります。?莫大な採用予算を持っていない限り、スキルが確認されていない従業員を雇うことはできませんし、期待しても仕方がありません。実際には、プログラミングスキルの評価方法を知っていることが重要です。 フロントエンドでもバックエンドでもフルスタックでもIT人材の採用プロセスを成功させるためには、「IT人材の採用を成功させるための基本的な考え方」が必要です。

技術系の雇用主はどのようにして前もって能力をテストすることができるのでしょうか?プログラマーの履歴書を見るよりも複雑です。

次の記事では、プログラミングスキルの評価方法を別の評価方法を使って復習したり カスタムeラーニング開発特に、最適なセットアップ、すなわち、ワークサンプルのコーディングテストに続いて、人事と技術の面接を行うことに焦点を当てています。私たちのアドバイスに従うことで、パフォーマンスの低い候補者や過剰な候補者、あるいは単に会社に合わない人を採用するリスクを最小限に抑えることができます。

見てみましょう。

プログラミングスキルを評価する方法 - 方法とヒント

まずは、求職者が応募書類に同封する可能性のある添付書類を見てみましょう。

ポートフォリオ

候補者の過去のプロジェクトや現在のプロジェクトを、新しい役割で解決しなければならない問題のプリズムを通して見てみてください。

彼らは過去にあなたのプロジェクトと似たようなことに取り組んだことがありますか?あるいは、扱った課題に対してユニークなアプローチを見せてくれるかもしれません。これらの質問に対する答えを知ることで、候補者がどのような人物であるか、第一印象が良く分かるはずです。

ギットハブ

考えてみてください。 ギットハブ 候補者のポートフォリオの延長線上にあるようなものです。あなたは彼らのプロフィールの以下の詳細を見てみましょう。

  • リポジトリの数 - これで、彼らが貢献したオープンソースプロジェクトの数の概要を知ることができます。
  • 投稿数の推移 - を見れば、GitHub上での活動状況がわかります (これは候補者の能力を物語っているかもしれません)。具体的には、どれだけのコミット/プルリクエスト/課題をオープンにしたかをチェックしてください。How to assess programming skills - The number of contributions
  • フォロワー数 - これは、開発者コミュニティでの彼らのランクを明らかにします。
  • 彼らがGitHubに参加したとき - 候補者の履歴書に記載されているソフトウェア開発経験がチェックアウトされているかどうかをダブルチェックする簡単な方法です。

これらのことを念頭に置いて、GitHub の制限についても知っておくことが重要です。

オープンソースのプロジェクトでは、誰がそのプロジェクトのほとんどの作業をしたのか、完成までにどれくらいの時間がかかったのかが必ずしも明確ではありません。また、候補者が他の人とどのように協力したのかを確認することもできません。結局のところ、GitHub は便利なツールではありますが、確実なスキル評価方法ではありません。

スタックオーバーフロー

スタックオーバーフロー は、開発者が利用しているサイトで、お互いのプログラミングに関する質問を共有し、学び、回答し合う場です。Stack Overflowのアカウントを見ることで、候補者の知識レベルを確認することができます。しかし、彼らがアクティブなユーザーであれば、彼らのコミュニケーションスタイルも見ることができます。回答の中には、知識だけでなく、技術的な概念を説明するためのチームスピリットやノウハウを持っているかどうかが分かるものもあるかもしれません。

How to assess programming skills-Stack Overflowアルゴリズムのプログラミングテスト(推奨されません

アルゴリズムプログラミングテストは、選んだ言語やフレームワークの中で、自分の専門性のレベルを評価するための一般的な方法です。しかし、以下のことを強くお勧めします。 候補者の力量チェックに頼らず.なぜでしょうか?なぜなら、それらは文脈を欠いており、せいぜいソフトウェア開発に隣接したスキルをテストすることができるからです。

How to assess programming skills - General programming testsここに素晴らしい例えがあります - アルゴリズムは英語の単語やフレーズのようなものです。候補者に一般的なプログラミング 入社前試験 とは、コンテンツライターに英文法や語彙の知識をチェックするテストを与えるようなものです。彼らはその人が多くの単語を知っていることを教えてくれますが、その人が素晴らしい記事を書けるかどうかを明らかにすることはできません。

では、候補者の実際のソフトウェア開発能力をテストするにはどうすればいいのでしょうか? 作業サンプルのコーディングテストを実行することでこれは私たちがDevSkillerで専門としていることです。

ワークサンプルのコーディングテスト

ワークサンプル コーディングテスト は、プログラミングのスキルを評価する方法を知りたい場合に最適な方法です。 これらは、新しい開発者を待ち受ける現実のタスクを反映しています。.一般的なプログラミングテストとは異なります。 インタビューコーディングチャレンジ実際の問題を解くことに重点を置いているため、トリビアの問題には答えられません。

アイオワ大学の研究によると、ワークサンプルテストも偶然にも さいていよそく 候補者の将来のパフォーマンスの

では、どうやって動くのか?

これらのコーディングテストでは、開発プロジェクトや デブオプスタスク システムを構成します。開発者には、ライブラリ、フレームワーク、GitHub、Stack Overflowなど、開発者が普段使っているのと同じタイプの環境へのアクセスが提供されます。これにより、開発者は、もし彼らがあなたのために働いた場合の「初日」がどのようなものになるのか、こっそりと覗き見ることができます。

作業サンプルテストでは、候補者には制限時間が与えられますが、これは、通常、開発者が同様のソリューションを提供することを期待する時間を反映しています。

しかし、テストを開始する前に要件を知らされていることに注意してください。そうすることで、彼らはあなたのソフトウェア開発環境に慣れることができます。

課題が完了すると、各候補者は単純な「合格」や「不合格」の結果ではなく、評点を受け取ります。これは、採用担当者がすべての応募者のスコアを素早く比較し、誰に応募するかを決めることができることを意味します。

また、候補者に迅速にフィードバックを提供することができます。 瞬く間に!

他にも、ワークサンプルのコーディングテストを採用プロセスに取り入れるべき理由をいくつかご紹介します。

  • 彼らは客観的な. Each applicant works on the same task. Also, the test takes place before any interviews. This is important because unconscious bias is still a huge problem in recruitment. Work sample coding helps ensure that skilled candidates aren’t being turned down due to personal, subjective motives.
  • Candidates aren’t being watched. Some candidates might be stressed and underperform if their first coding test were to take place during an interview. Work sample coding tests let the candidate complete their first programming assignment without being observed.
  • They are automated. With a solution like デブスキラー, your tech interviewers don’t need to check the tests manually, and can quickly filter out applicants with the highest scores.
  • They save your HR & IT teams’ time. The goal of these developer tests is to prescreen your candidates at the early stages of recruitment. As a result, you’ll be able to proceed with interviews with the very best candidates only. This means that the risk of engaging your HR team, CTO, or other senior developers in failed recruitment is minimized. Check out how CodeValue cut their recruitment process by 50% with DevSkiller!

How to assess programming skills- Work sample coding testsInterviews and testing programming skills

Once you’ve prequalified your candidates with a work sample coding test, you should conduct two types of interviews – a soft skills/cultural fit interview with HR, and a technical interview with the hiring manager, CTO, tech lead or team leader.

A cultural fit interview should verify if the candidate seems like someone others would enjoy working with. Most importantly, it should check how the candidates are likely to approach any conflicts or disagreements within the software team.

As for the goals of a technical interview, it should check:

  • If the candidate can write high-quality code that matches your company’s requirements (this is – at least partially – already verified in the work sample coding test)
  • How the candidate approaches challenges and how creative they are with technical solutions
  • Whether they’re a ‘team player’ and can collaborate with others smoothly.

To supplement the results from coding tests online, many technical interviews also include a live coding session.

おすすめの読み物。 How to give a technical interview: 7 tech interview tips

Live coding

The goal of live coding is not to scrutinize each line of code that the candidate delivers. After all, mistakes happen even to the best of us – not to mention candidates who might be stressed during the live session.

It should be about how the candidate takes on the challenge they’re being given and what questions they ask to understand what the end software does. It also lets recruiters see if the candidate checks the code validity before finishing the task.

All of these elements reveal your candidate’s communication skills, behavioral patterns, and let you see how they strategize for the work they’re assigned.

おすすめの読み物。 オンラインコーディングの面接とリモートでCodePairする方法

How to assess programming skills- Live codingHow to assess programming skills: summary

Finding a skilled software developer can be a complex and costly task. If you hire some who is under- or overqualified for the position, you’re not just risking a high employee attrition rate. You’re also burning significant financial resources on failed recruitment. Luckily for IT employers who want to know how to assess programming skills, there are many ways they can verify their candidates’ programming skills

The most effective assessment method is running ワークサンプルコーディングテスト that let you check your candidates’ problem-solving skills – not just their knowledge of a language or framework.

By emulating the real-life experience of working for your company, these tests let you see how well a candidate fits your ideal employee’s profile. As a result, you’ll be able to focus your recruitment on interviewing the most promising potential hires, and you’ll be able to stay clear of the 10 most common don’ts of hiring programmers.

With DevSkiller, you can personalize and automate your work sample coding tests. If this sounds interesting, reach out and let’s discuss how we can help!

Image Credit: Photo by Kevin Ku に於いて アンスプラッシュ

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

[Ebook] (英語)
[Ebook] (英語)
DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ