候補者中心の採用手法。ジル・マクリ(Airbnb)の10の教訓

公開されました。 最終更新日

彼の中で 架空の手紙作家であり起業家でもあるブライアン・アダムスが、リクルート業界との波乱に満ちた関係について語ります。この痛烈な手紙は、光の速さで空きラックを埋めることの重要性と、そのプロセスに関わる候補者に対する敬意の欠如について焦点を当てています。ブライアン・アダムスの言葉をご紹介します。

"候補者を第一に考える "と常に言っていました。(...).あなたを完全に責めているわけではありません。あなたが仕事でものすごいプレッシャーを感じていることは知っています。離職率の高さを説明したり、急に増えた欠員を補充したりしなければならないことも知っています(...)。先週は、私が候補者に意味のあるフィードバックを電話でするべきだと提案しただけで、2日間も私を完全に無視していましたね - それはとても意味のあることだったでしょう。

悲しいことに、アダムスは 多くの採用担当者、そしてさらに多くの応募者の心を揺さぶります。.

解決方法は簡単です。

採用活動には大きく分けて2つのアプローチがあります。

  1. オープンポジションの充填(顧客重視
  2. 募集ポジションに適した人材を見つける(候補者中心主義

この2つのアプローチはよく似ていますが、採用方程式の異なる部分に重点を置くことで、大きな違いが生まれます。

この記事では、以下の点を確認しています。 候補者中心の採用を行うための方法と心得.

なぜ候補者を中心としたアプローチが未来なのか

採用担当者は、求人情報を得るために日々を過ごしていますが、面接する人たちは、自分とは全く異なる生活をしています。私たちが当たり前だと思っていることの多くを、彼らは知らなかったり、慣れていなかったりします。

一般的に求職者は、ジョブホッパーと思われることを恐れて、できるだけ転職をしないようにしています。そのため、面接会場ではストレスを感じやすく、条件面の相談でも躊躇してしまうのです。これは、あなたのような状況に慣れていないことと、自分の判断が正しいかどうかを確認したいからです。

どうすればもっと理解できるのでしょうか?

そもそも、なぜその人たちと会うことになったのかを考えてみてください。彼らが転職の可能性についてあなたに相談するのは、お金や上司への愛がないからではありません。A 2015年LinkedIn調査 10,000人以上の転職者に基づいて確立されたのが キャリアの機会 は、転職理由の第1位でした。

人が転職する理由

イメージソース。 LinkedIn

の知見を得ることができました。 MRINetworkの研究 また、72%の求職者は、転職理由の第一位である昇進の機会を求めていることがわかりました。

人が転職をする理由

イメージソース。 MRINetwork

人に親切にし、尊敬の念を持って接することは、組織にとってより良い人材を獲得することになるので、仕事上でも利益になることを知っておくと良いでしょう。

Mattersight社の調査(via Marketwired)は、面接時に形成された人脈の影響を明らかにしています。調査によると、80%の求職者が「純粋に面接時に形成された個人的なつながりに基づいて、ある仕事を他の仕事よりも選ぶと答えている」そうです。

これが意味するところは、通常の仕事では、以下のような人々に出会うということです。

  1. 新たな成長の機会を求めている。
  2. 丁寧に扱ってもらいたい。

候補者に丁寧な対応をすることは、ビジネスにおいてもう一つ重要な意味を持っています。それは、お金が絡んでいるということです。

候補者中心のアプローチ=お金

候補者中心の採用は、以下のような力を持つ貴重なツールと考えてください。 ドルをもたらす.

例?

ヴァージン・メディア は、悪い採用プロセスが同社の収益に及ぼす影響についての情報を公開しました。拒否された候補者調査」では、応募者のうち18%がヴァージン・メディアの顧客であり、全応募者のうち約6%が、悪い採用プロセスの結果、競合他社に乗り換え、合計440万ポンドの収益を失ったことが明らかになりました。

にも慣れておく必要があります。 キャリアビルダー調べ その結果、「雇用主の82%は、候補者が採用プロセスで悪い経験をしても、会社にはほとんど影響がないと考えている」ことがわかりました。というように、実際には事実からかけ離れています。

  • 58%の応募者は、応募した企業から返事をもらえなかった場合、その企業から購入する可能性が低くなる。
  • 69%の候補者は、面接時に悪い経験をした場合、その企業から購入する可能性が低くなる。

好ましい候補者の体験は、逆の効果をもたらします。

  • 69%の応募者は、採用過程で敬意を持って接してくれた企業から購入する可能性が高いと考えています。

候補者重視の姿勢が企業評価を高める

組織によっては、タレントアクイジションチームが、カスタマーサクセスチームよりも多くの人と通常の仕事で話すこともあります。残念ながら、その範囲の広さにもかかわらず、採用プロセスはまだ必要な注意を払われていません。

ホワイトハウスの消費者問題局によると(via ヘルプスカウトこれは採用の場合にも当てはまります。これは採用の場合にも当てはまります。特に衝撃的な話であったり、サービスの質が高いと一般的に言われている会社であったりすると、人々は自然と悪い採用経験の話が流行ることに興味を持ちます。

最近の例では、採用時の失敗談が炎上したことがあります。

ソーシャルメディアにおける人事の危機

ソースは The Sun

候補者中心主義は非常にシンプルな概念ですが、顧客中心の文化から候補者中心の文化へと移行するのは、なかなか難しいことです。もし、あなたが候補者中心の旅に出ようと考えているなら、ぜひ会ってもらいたい人がいます。

ジル・マクリにご挨拶

jill macri linkin

イメージソース。 LinkedIn

AirbnbのグローバルヘッドオブリクルーティングであるJill Macriは、候補者中心主義を熟知しています。彼女の有益な情報は Talent Connectプレゼンテーション彼女は、「わざと悪い候補者の体験をさせる人はいない」と言っています。悲しいことに、このようなことが起こらないわけではありません。

マクリ自身も、過去に悪い候補者体験を提供したことを認めています。

airbnb候補メール

イメージソース。 ユーチューブ

彼女は、この1通のメール(実際に採用したいと思っていた人からのもの)が、Airbnbでこの時点で人々が経験したことを要約していると述べています。Airbnbでは、候補者にタイムリーに返事をすることや、採用プロセスを効率的に管理することができませんでした。

それがうまくいかなかったので、彼らの採用プロセスは完全に取り壊され、一から作り直されました。

ここでは、Airbnbがどのように候補者中心の採用文化を設計したかから学べることを紹介します。

移行の仕方

  • 現在の候補者の旅をストーリー化する

候補者のストーリーボード

イメージソース。 LinkedInでのビジネスソリューション

絵コンテの目的は、「オファーかリジェクトのどちらかに至るまでの、一コマ一コマの旅全体」をマッピングすることです。

マクリは、カスタマー・エクスペリエンスのロードマップを持つことで、以下のことが可能になると主張しています。

  1. 電話や訪問面接、会社の発見など、職種や場所を問わず普遍的な瞬間を定義します。
  2. 新しい採用プロセスがスケーラブルであることを確認する(現時点ではペインポイントの話はせず、理想像に集中する)。
  3. 候補者の立場になって考えてみましょう。
  • 新入社員のインサイトを得る

候補者の期待に対する先入観は、候補者中心の採用の最大の敵の一つです。Airbnbの採用チームは、他の人の目を通して自分たちを見るために、ランチルームにブースを設け、最近採用した人たちに経験に関するフィードバックを求めました。

彼らは、緑と赤の付箋を使って、どの出来事が不快だったか、不快感を与えたか、どの出来事がポジティブに受け止められたかを確認しました。赤色の付箋が多く、緑色の付箋は主に「オファーがあった」と書かれていたことをマクリは告白している。

  • 教材の準備

FAQ(よくある質問)やテストなどの教材を、候補者が簡単にアクセスできるようにしておき、早期に期待感を持たせる。プロセスを通じて候補者と連絡を取り合い、候補者が必要とする情報を事前に提供できるよう最善を尽くしてください。

就職希望者向けリソース

イメージソース。 LinkedInでのビジネスソリューション

また、自社で働くために必要なスキルを無料で学べる学習センターを作り、応募者以外も利用できるようにするというアイデアもあります。プロフェッショナルの育成を促進すると、成長を達成しようとするモチベーションを自然に持ったプロフェッショナルが集まってきます。

  • ブランドボイスの分析

ブランドボイスについて少しお話しましょう。

A キャリアビルダー の調査では、候補者の40%が、過去5年間で応募プロセスが難しくなったと考えていることがわかりました。そのうち571人は、「プロセスが自動化されすぎていて、パーソナライズされていない」と感じています。

マクリは、候補者の立場に立つための素晴らしい方法として、話し方に関連することを挙げています。彼女と彼女のチームは、候補者が将来の雇用主から通常受け取るコミュニケーションの感触を得るために、いくつかの仕事に応募してみました。この方法で彼らは、Airbnbが他の企業とまったく同じ自動返信メッセージを使っていることを発見しました。

あなたはこの間違いを犯していませんか?によると キャリアビルダーまた、公開されている求人に応募して雇用主の採用プロセスを確認したと答えた雇用主は、わずか31%でした。もしあなたがその中に入っていないのであれば、今がその時だと思います。応募者追跡システムで作成されたメッセージを確認し、内容がいつもの声のトーンに合うように変更してみましょう。

  • 定期的なフォローアップと適切なケイデンス

速さ」は、人材獲得チームが共通して悩む最も重要な指標の1つです。リクルーターは仕事に追われ、連絡が遅すぎたり、まったく連絡が取れなかったりしますが、仕事が多すぎることは言い訳になりません。

  • 他者(とその時間)を尊重する

候補者中心主義の意識を伝えるには?人に敬意を持って接すること。仕事に適しているかどうかは関係なく、人は親切に扱われるべきです。

テクノロジーを活用し、以下のような方法で採用プロセスを短縮するよう最善を尽くします。 技能審査ソフト. キャリアビルダー調べ は、応募者の76%が、応募開始前に応募完了までにかかる時間を知りたいと考えていることを明らかにしました。応募者は、転職市場が変化していることを知っており、自分がその中心にいることも知っています。

ジル・マクリは、ある段階を過ぎた不合格者には、通常、クーポンを提供していることを認めています。これは、Airbnbが応募者に感謝の意を表すために用意したもので、これにより、不合格という恐ろしい話題が出てきます。

  • 敬意を持って、潔く人を拒絶する

キャリアアークの研究成果

イメージソース。 キャリアアーク

キャリアアークのレポート その結果、36%の雇用主が応募者に通知をしていないことを認め、72%の労働者が、プロセスの中で自分のステータスが通知されないことは雇用主に悪い印象を与えると考えていることがわかりました。

ジル・マクリは、Airbnbが応募者をメールで拒否し、フィードバックのために電話をかけるように案内していることを紹介しています。それは、人と話す前にニュースを消化する時間を与えるためです。

  • "Know "と "Feel "にフォーカスする

心と脳の葛藤

イメージソース。 We Are Change

マクリは、新しい採用モデルを構築するにあたり、Airbnbチームは候補者に各段階で何を知ってもらいたいか、何を感じてもらいたいかを重視したと述べています。これにより、心と理性の両方に訴えかけることができ、候補者は自信を持ち、同時に関心を持つことができます。

  • 会社に移行を理解してもらう

候補者を中心としたモデルへの適応は、小さなことにも表れている総力戦です。面接の習慣を改善するだけではなく、この変化は組織全体にさまざまなレベルで影響を及ぼします。

Jill Macri氏のコメント Airbnbは、「候補者の時間を尊重していることを示したい」と考えていました。候補者への歓迎の言葉を面接室のホワイトボードに書き込むという、さりげない、しかし強力な演出を行いました。これは、応募者にポジティブな驚きを感じてもらうための、素晴らしい(そして安い!)方法のひとつです。

また、オフィス内を案内するという方法もあります。

Airbnbのオフィススペース

イメージソース。 オフィースロビン

マクリは、Airbnbの文化は同社の最も強力な資産であるため、候補者が従業員がただ自分の仕事をしている姿を見れば、人材獲得チームは候補者に会社を売り込む必要がないと述べています。これは、まさにWin-Winの関係ですね。

  • フィードバックを集め続ける

あなたの仕事に終わりはなく、常に候補者にとってより良いプロセスになるよう努力しなければなりません。そのためには、継続的にアンケートを実施することが一つの方法です。マクリによると、Airbnbでは3つの段階で候補者のフィードバックを集めているそうです。

  1. 応募したが、面接を受けられなかった人。
  2. 面接を受けたが、採用されなかった候補者。
  3. 応募者は面接を受け、内定を得た。

マクリは、自分のチームの主な目的の1つは、採用プロセスで初めてブランドに出会った(ホストでもゲストでもなかった)人々がポジティブな体験をすることだと主張している。

結論

最後の名言は、マイクロソフトの採用担当として10年以上の経験を持つベテラン、エイミー・ミラーの言葉です。候補者中心主義とは、あなたが 組織のためになるなら、自分のことよりも候補者のことを第一に考える。.である。 ダイス・ウェビナーミラーは、「私は意図的にマイクロソフトの他の事業部のリクルーターと関係を持っています。候補者によく言うのは お話した内容に基づいて、XYZの他のリクルーターにお繋ぎする必要があります。”.

空いている棚を埋めたいという自分の利己的な欲求を方程式から外す」ように努力してください。その候補者によりフィットしそうな社内の他のリクルーターと協力しましょう。彼らは仕事をする人ですから、もし他のチームにいたほうが幸せになれるとわかっているなら、その知識を独り占めしないでください。組織はあなたに感謝することになるでしょう。

シェアポスト

技術者の採用についてはこちら

ラーニングハブに登録すると、有益な情報をメールで受け取ることができます。

シームレスにコーディングスキルを検証&開発

DevSkillerの製品をご覧ください。

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ