RealLifeTesting™の方法論

質の高い開発者を採用する上で最も困難なことの一つは、開発者のスキルを正確に確認することです。この業界では長年、開発者の評価をホワイトボードテストやアルゴリズムの知識に頼ってきました。さらに悪いことに、技術系の候補者は、このような時代遅れの審査方法を嫌っています。なぜなら、本当に重要なスキルをアピールできないからです。

それは、私たちが デブスキラー そして、その RealLifeTesting™(リアルライフ・テスティング の方法論を紹介します。

RealLifeTestingとは? 方法論?

RealLifeTesting™(リアルライフ・テスティング 方法論がすべてを支配する タレントスコア プログラミングタスクを評価します。私たちの方法論の核心は、コーディングスキルは、コーディングに焦点を当てたワークサンプルテストで評価されるべきだということです。このワークサンプルテストは、実際の作業を反映しており、精度の高い結果が得られます。

RealLifeTesting™(リアルライフ・テスティング の方法論は、3つの柱で構成されています。

  1. ホリスティック・テスト
  2. 実際の試験条件
  3. 技術システム全体を評価する

柱となるのは全体的なテスト。候補者がコードで何ができるかを確認する

RealLifeTesting™(リアルライフ・テスティング の方法論は、採用担当者が技術系候補者のスキルや経験を確認するために設計されています。このような理由から タレントスコア は、開発者にさまざまなタスクをテストし、コーディングスキルを総合的に評価します。この洞察力は、技術系の採用担当者にとって非常に貴重なものです。理論的、学術的な知識のみを評価する他のスクリーニングソリューションとは異なり、開発者のスキルを総合的に理解することができます。

タレントスコア プログラミング・タスクは、技術系の候補者がビジネス上の問題を解決するためにどのようにコーディングを使用できるかを示すために設計されています。このタスクでは、プロジェクト全体のアプリを作成したり、既存のアプリに機能を追加したりすることが求められます。これらのプロジェクトは、開発者が仕事の初日に遭遇するであろう実際の作業を再現するように作られています。

柱 2.リアルワールドテストの条件

DevSkillerでは、審査プロセス全体が、開発者にポジティブな体験を提供するべきだと考えています。このような考えに基づいて作られたのが、第二の柱である RealLifeTesting™(リアルライフ・テスティング の方法論に基づいています。実際のプロジェクトで開発者が取り組むのと同じテスト条件を作ります。

候補者は、独自のGitリポジトリをクローニングし、好きなツールを使ってローカルに解決することで、ネイティブな開発プロセスを反映させながら、私たちの課題に取り組むことができます。また、ワールドクラスのツールを使って問題を解決することもできます。 JetBrainsのIDE に埋め込まれています。 タレントスコア 候補者のプラットフォーム

第3の柱:テクノロジー・エコシステム全体を評価する

優れたJava開発者を採用するには、その人がJavaのエコシステムを完全に理解しているかどうかを確認することが不可欠です。つまり、技術候補者は、Java言語を理解しているだけでなく、様々なJavaフレームワーク、ライブラリ、ツールについても理解している必要があります。しかし、他の技術審査ソリューションでは、そのような洞察力に欠けてしまうことがよくあります。

DevSkillerでは、技術系候補者が単一のプログラミング言語に対する適性だけでなく、与えられた技術スタックに対する完全な知識を評価することを目指しています。つまり、プログラミング言語、フレームワーク、ライブラリ、ツールなどを評価し、スキルを検証します。なぜか?候補者があるプログラミング言語をよく理解しているからといって、必ずしも優れた開発者であるとは限らないからです。

進むべき道なのです!RealLifeTestingの詳細はこちら™ ベネフィット!

セキュリティ認証とコンプライアンス。お客様のデータの安全性を確認します。

DevSkillerのロゴ タレントブーストのロゴ タレントスコアのロゴ