DevSkiller TalentBoostのロゴDevSkiller TalentScoreのロゴDevSkillerのロゴタレントブーストのロゴタレントスコアのロゴ
ジャワ
シニア

受注処理 テスト シニアJava開発者

全体的な年功序列
シニア
テスト期間
62分
評価
自動

テストの概要

様々なタスクを組み合わせてテストを行います。 プログラミングタスクとチョイス問題。 すべて自動で評価されます。

タスクの種類

プログラミングタスク

Java 8|Streams API - 受注処理 - 受注データの処理を担当するアプリケーションに2つのメソッドを実装する。

レベル。 ハード

テスト済みのスキル。 Java, Java 8, Java Stream API

選択問題

Javaの知識を評価する6択問題

レベル。 ハード

テスト済みのスキル。 ジャワ

自動評価

多肢選択テストやプログラミングの課題を自動的に採点し、候補を評価します。 論理的な正しさ、時間効率、コード品質のためのコード。

技能審査・オンライン面接のJavaオンラインテスト

IT製品を利用するニーズは年々高まっており、ほとんどすべての企業が成長を実現するために開発者を必要としています。ビジネスの目的を達成するためには、最高の開発者を雇う必要があります。

弊社のSenior Java Developerのテストを利用すれば、最も責任のあるポジションであるSenior Developerの候補者を選別することができます。もし、あなたがしっかりとした経歴を持つ候補者を探しているのであれば、早急に行動しなければなりません。他の企業もシニア開発者を探しており、あなたと同じように彼らを必要としていることを忘れないでください。 

このSenior Java Developerテストは、RealLifeTesting™の手法を用いており、実際の労働環境下で受験者の能力を検証することができます。

シニアJavaデベロッパーのスキル評価専用

このSenior Java Developer試験は、通常5年以上の経験を持つプロの開発者のみが合格できる試験です。  

このSenior Javaプログラミングテストは、以下の職種の開発者のスクリーニングに使用します。

  • シニアJava開発者
  • シニアJavaプログラマー
  • シニアJavaソフトウェア・エンジニア
  • シニアJavaソフトウェアプログラマ
  • シニアJavaソフトウェア開発者 
  • シニアバックエンドJavaデベロッパー

高度なJavaのインタビュー質問とテスト

先輩開発者を探すときの注意点は「スピード感」です。優秀な開発者を探している人事担当者はたくさんいます。競合他社よりも早く、候補者に本気であることを示す必要があります。

Devskiller Javaプログラミングテスト資産

ほとんどの企業では、技術者の採用プロセスには、人事チームと開発チームの少なくとも2つの部門が関わっています。私たちが提供するSenior Java Developerのテストを利用すれば、採用プロセスのかなり後の段階で開発者を巻き込むことができます。これにより、開発者に、採用できない候補者の面接を依頼することなく、自分の仕事に集中してもらうことができます。 

AI Benchmarking Engine」や動画ツール「LiveSkiller」など、候補者が成功しそうかどうかを判断するのに役立つ機能を多数用意しています。

まだよくわからない?こちらをご覧ください。   

  • すべてのDevskillerテストは、各分野の専門家によって作成されています。
  • プログラミング言語、フレームワーク、ライブラリなどの知識を評価します。
  • プラットフォーム上で開発者のスクリーニングやインタビューを行うことができます。