DevSkiller TalentBoostのロゴDevSkiller TalentScoreのロゴDevSkillerのロゴタレントブーストのロゴタレントスコアのロゴ
ジャバ
ミドル

並行性と反射 テスト ミドルJava開発者

全体的な年功序列
ミドル
テスト期間
60分
評価
自動
テスト済みのスキル。

テストの概要

様々なタスクを組み合わせてテストを行います。 プログラミングタスクとチョイス問題。 すべて自動で評価されます。

タスクの種類

プログラミングタスク

Java|Reflections Method Listing - MethodListHelper.listMethodsメソッドを実装します。このプロジェクトでは、クラスで宣言されたメソッドを記述するためにJava Reflection APIを使用していることを言及します。

レベル。 中型

テスト済みのスキル。 Java, Java Reflection API

選択問題

APIやJavaの知識を問う6択問題

レベル。 中型

テスト済みのスキル。 API, Java

自動評価

多肢選択テストやプログラミングの課題を自動的に採点し、候補を評価します。 論理的な正しさ、時間効率、コード品質のためのコード。

Java Middle Developerポジションのオンラインテスト

Java開発者の専門性レベルを見極める方法はたくさんあります。最もポピュラーなのは、GitHub上の彼らのリポジトリをチェックしたり、Stack OverflowやLinkedInのプロフィールを調べたりすることだ。しかし、そこに書かれていることを鵜呑みにしていいのでしょうか? 

Javaのスキルを評価するにはもっと良い方法があります。それはワークサンプルテストです。なぜか?ワークサンプルテストは高い予測有効性を持っているので、候補者が成功する可能性があるかどうかを知ることができます。当社のTest for Middle Java Developerを使えば、プロセスの初期段階で開発チームを巻き込むことなく、技術的なスキルをスクリーニングすることができます。招待状を送り、結果がダッシュボードに表示されるのを待つだけです。  

Java開発者のスキルを審査するためのデザイン

このテストは、Middle Java Developerポジションの候補者のスキルを評価するために作成されました。通常、約3年から5年の経験を持つJava開発者のスクリーニングに使用されます。当社のテストは、RealLifeTesting™の方法論を採用しているため、候補者に1日目の仕事の経験を提供します。 

当社のMiddle Javaプログラミングテストは、以下の職種の候補者のスクリーニングに使用できます。

  • ミドルJava開発者
  • ミドルJavaプログラマ
  • ミドルJavaソフトウェアエンジニア
  • ミドルJavaソフトウェアプログラマー
  • ミドルJavaソフトウェア開発者 
  • ミドルバックエンドJava開発者

中級Java開発者向けのインタビュー質問とオンラインテスト

募集しているポジションに最適な人材を見つけるためには、当該ポジションに必要な要素をすべて網羅したテストを選択する必要があります。仕事では、開発者は単にJavaを使うだけではなく、様々なフレームワークやライブラリと組み合わせて使います。熟練した開発者は、この事実を認識し、コードを書くときに必要なすべてのツールを使用する方法を知っている必要があります。 

Devskillerのメリット

Middle Java Developerのテストを提供しているシステムは、仕事のさまざまな側面に焦点を当てているようなものがたくさんあります。私たちのテストは、実践的な方法でスキルの組み合わせを評価します。つまり、採用された場合の実際の仕事を模倣します。それは、ワークサンプルテストの予測有効性が高いと信じているからです。  

Devskillerについてのお客様の声

  • 最高の顧客サービス
  • 候補者、技術担当者、人事担当者にとって使いやすい。
  • 迅速かつ効率的な結果