DevSkiller TalentBoostのロゴDevSkiller TalentScoreのロゴDevSkillerのロゴタレントブーストのロゴタレントスコアのロゴ
スプリングフレームワーク
ミドル

依存性注入 テスト ミドルJava開発者

全体的な年功序列
ミドル
テスト期間
56分
評価
自動
テスト済みのスキル。

テストの概要

様々なタスクを組み合わせてテストを行います。 プログラミングタスクとチョイス問題。 すべて自動で評価されます。

タスクの種類

プログラミングタスク

Java|Spring|Dependency Injection - パーサーアプリケーションのメソッドの実装を完成させます。

レベル。 中型

テスト済みのスキル。 Java, Spring, Spring - ディペンデンシー・インジェクション

選択問題

API、Java、Spring、Spring - Dependency Injectionの知識を問う6択問題。

レベル。 中型

テスト済みのスキル。 API、Java、Spring、Spring - Dependency Injection

自動評価

多肢選択テストやプログラミングの課題を自動的に採点し、候補を評価します。 論理的な正しさ、時間効率、コード品質のためのコード。

リクルート向けオンラインMiddle Javaプログラミングテスト

通常、技術系の採用担当者は、テストのチェックや候補者との面接を行うために、社内の開発者の協力を必要とします。しかし、これは非常に時間がかかり、ほとんどの場合、IT部門に不必要な負担をかけます。このMiddle Java Developerテストを試して、採用プロセス全体をより速く、より簡単にしましょう。

当社のテストを候補者に送信し、ダッシュボードに表示されるスキルセットのレポートとともに結果を待つことができます。あなたはもう、開発チームの時間と労力に頼る必要はなく、すべてを自分で行うことができます。

弊社のMiddle Javaプログラミング試験を利用する利点の1つは、RealLifeTesting™を利用していることです。これは、テストを受けている間に、受験者が仕事で行うであろう作業が与えられるということです。  

Middle Java Developerのスキルを審査するためのデザイン

もしあなたが3年から5年の経験を持つ開発者をチェックしたいのであれば、私たちのMiddle Java Developersのテストを利用すればいいでしょう。もちろん、このレベルの上級者になるために必要な経験年数は、複数の要素に依存するため、暫定的に扱う必要があります。

Middle Javaプログラミングテストの助けを借りて、以下の募集の候補者を確認することができます。  

  • ミドルJava開発者
  • ミドルJavaプログラマ
  • ミドルJavaソフトウェアエンジニア
  • ミドルJavaソフトウェアプログラマー
  • ミドルJavaソフトウェア開発者 
  • ミドルバックエンドJava開発者

すべての技術系採用担当者が優れたJavaプログラミングテストを必要とする理由

プログラミングJavaテストは、開発者との面接の代わりにはなりませんが、事前選考をより効率的にすることができます。つまり、オンサイト・インタビューに招待される候補者の数を減らすことができるのです。まず、テストを候補者に送付し、あとは結果を待つだけです。候補者がDevskiller Middle Javaプログラミングテストを終了した後、候補者のスキルに関する完全なレポートを受け取ることができ、その結果に基づいて、現場での面接を進めるかどうかの判断を下すことができます。

DevskillerのJavaプログラミングテストを利用するメリット

Devskillerでは、様々な方法で開発者をテストする可能性を提供しています。私たちは、実務経験の第1日目を模倣するのに役立つテストプラットフォームを作成しました。そのため、候補者は、通常の仕事環境にできるだけ近い方法で、真の問題解決能力を披露する機会を得ることができます。 

お客様に愛されるポイント   

  • 候補者にとっても、IT企業の採用担当者にとっても、使い勝手が良い。
  • 私たちは素晴らしいカスタマーサービスを提供します。
  • テスト招待状を送るプロセスは簡単で、採用担当者側の努力はほとんど必要ありません。
  • 言語、フレームワーク、ライブラリの知識を検証します。
  • 実践的な知識を重視したテストを実施